Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Wedding Ceremony at Rancho Palos Verdes

c0062603_1535850.jpgc0062603_1542265.jpg
9月半ばの土曜日、
こういうことがなければまずは足を踏み入れることがないであろう、
高級住宅地Rancho Palos Verdes(ランチョ・パロス・バーデス)に出かけた。
ここには主に大金持ちのアジア人が多く住んでいるという。
矢沢栄吉や渡辺謙の豪邸もあるらしいとのことだが、
お呼ばれにあずかったことはないので、真偽のほどは定かではない。
太平洋を見下ろす高台に建つ家々は、軽く5億円、6億円を越すのだという。


c0062603_155375.jpgc0062603_1552491.jpg
さて、こういうこととは、息子の友人の結婚式に参列したからである。
ガラス張りのチャペルで若い二人の結婚式は執り行われた。
花婿である息子の友人はアメリカ生まれの日系2世であるが、
花嫁はれっきとした日本人。
この日の結婚式のために、日本から彼女のご両親とおじいさまが訪米。
神父を前に誓いの言葉が、新郎は英語、新婦は日本語というのが、
実にほほえましくて、わかりやすかった。
一人娘を遠い海の向こうにお嫁にやってしまうご両親の思いに、思わず胸が熱くなる。


c0062603_15557100.jpgc0062603_1561944.jpg
無事に結婚式を終え、今度は会場を移して披露宴。
会場のホテルのシェフは日本人だということで、これこそまさに真の和洋折衷である。
これまでアメリカでの結婚式に参列したことはあるが、
今回はまるで日本にいるかのような結婚披露宴であった。
当然、新郎の友人はアメリカ人なわけで、
この日本式結婚披露宴には随分とまどったことだろう。
それでも、やはり彼らの選択は正しかったと思う。
結婚式、披露宴は、花嫁とその両親のためにあるものだと、この日も改めて思った。
日本式に思い出のシーンをスナップ写真が綴り、
最後には両親への手紙と花束贈呈でクライマックスへ。


c0062603_1564556.jpgc0062603_1571369.jpg
アメリカでは、通常この結婚式に関する費用は
すべて新婦側が負担するのだそうだ。
そして新郎サイドは新居にかかる費用を全額負担するのだという。
今も、基本的にはこのスタイルがとられているようだが、
どうも日本のように全額親が負担するということは、そう多くはないようだ。
そのため式の後のパーティを家でやる場合も珍しくない。
その場合、もちろん式次第などというものはなくて、
飲んでおしゃべりしてダンスを踊ってというものである。
結婚を家と家の結びつきと考える日本と、人と人との結びつきと考えるアメリカ、
それぞれの文化がここにある。

"Here And Now" Luther Vandross


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/4721965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lemonodasos at 2006-10-13 18:42
私も、思えば遠くに来てしまいました。年を取ってきて、日本で今ごろ、焼いも食べたり、おそば食べたりしていたのかなぁと、しみじみ思いました。
Commented by geechan at 2006-10-13 20:43
娘の結婚式に親として出席する日もそう遠くないと思うと、想像するだけで涙が出そうになります。嬉しくもあり寂しくもあり…なんでしょうね。
そう思うとこれからは本当に(しっかり子離れして)夫婦仲良く年を重ねて行かなきゃ…ってつくづく思います。
Commented by Gloria-x at 2006-10-13 22:26
日米折衷式のウェディング、これからの二人の象徴みたいで素敵ですね。
アメリカ映画でよく観る、ガーデンパーティー形式でバンド雇ってダンス、
みたいな結婚式っていいなぁと憧れていたので、
わたしもテラスのあるレストランでパーティー形式の披露宴でした。
(ホテルなんかでやれないという予算的なことも大きかったんですが(^_^;)
結婚式は昔から家族ぐるみでおつきあいのある教会で挙げてもらいました。
その牧師さんの娘さんは現在L.A在住です。
Commented by susie at 2006-10-14 01:21 x
ガラス張りのチャペル、素敵ですね。私の知り合いも誰かこういうところで挙式して招待してくれるといいなあ...娘だったらなおいいなあ...
Commented by もみちゃん at 2006-10-14 02:32 x
私達の結婚式は教会で行いましたが
披露宴は白無垢に打ち掛けそして2種類のドレスのお色直しで
旦那はもちろん羽織袴と完全な日本式でした。
お決まりのカラオケもあり、旦那のアメリカ人の友達には『最高に面白い結婚式だったよぉ』と大うけでした。
あれから18年以上が経っているんだ......。
よくここまで続きましたよ。

Commented by lanova at 2006-10-14 14:25
★lemonodasosさん_ギリシャに嫁がれてからどのくらいになりますか?日本への里帰り帰国は頻繁になさっているのでしょうか?今でこそ気軽に海外旅行ができるようになりましたが、2,30年前は本当に海外へ嫁ぐというのは、半ば永遠の別れのような感じもあったのでしょうね。
Commented by lanova at 2006-10-14 14:26
★geechan_そうよ~、本当に進学先から帰ってきても、落ち着く間もなくお嫁に行っちゃうかも知れないよ~。我々再婚組って我がことと子どものこととがダブったりしない?
Commented by lanova at 2006-10-14 14:31
★Gloriaさん_おしゃれな披露パーティでしたね。最近は昔のような型にはまった披露宴ばかりではなく、それぞれに趣向を凝らしたものも多いようですね。以前に参列した挙式は、アメリカ人同士だったんですが、日本庭園で挙式をして、パーティは彼らの新居だったんですよ。
Commented by lanova at 2006-10-14 14:33
★susieさん_きっとsusieさんちもすぐですよ~。結婚式の際には、ここでいかがですか?どうもこのガラスのチャペルは人気で、日本から挙式をしにくる人も多いようで、式場の人は手馴れたものでした。娘さんをお嫁に出すのって、感慨も一入でしょうね。
Commented by lanova at 2006-10-14 14:35
★もみちゃん_それって、ミシシッピでの話?それとも日本?ミシシッピでそういう披露宴を挙げたら、新聞ネタになりそうだよねえ。18年なんですね。もみちゃんのその歴史もうんと濃そうだなあ。
Commented by チェリー at 2006-10-16 10:25 x
息子くんのお友達が二世ってことは、ご両親は生粋の日本人の方なのでしょうか?
カリフォルニアでの日本式の披露宴、オツですね♪
私も日本食が出される披露宴におよばれしたいです! 引き出物なんかもあったのですか?
Commented by lanova at 2006-10-17 05:06
★チェリーさん_そうですよ、ご両親は日本人です。おうちの中では日本語なんだそうですが、彼は英語の方がずっと楽だと言ってます。でも今の日本の子たちよりずっときれいな日本語を話します。ところで披露宴のお食事は思いっきりアメリカンでした。でも、味付けは日本人好みって感じかな。引き出物はお嫁ちゃん手作りのクッキーでした。
by lanova | 2006-10-12 23:50 | Trip | Trackback | Comments(12)