Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Kojindani in Hikawa

c0062603_1315111.jpgc0062603_1321641.jpg
日本に帰国中は、毎日が非日常の連続だった。
この機会に、ブログで知り合った方々とのオフ会も開催。
日本到着の日には東京在住の方々と楽しいひと時を過ごした。
そして日本を離れる1週間前には大阪から
「一心万宝の我儘ページ」の一心さんが日帰り強行軍で訪ねてくれた。
せっかく松江まで来てもらうのだから、
彼の古代遺跡を見たいというリクエストに応えるべく、
斐川町の荒神谷遺跡に案内。
ここは1984年に358本もの銅剣が一度に発見されたことで一躍脚光を浴びた。
なぜ359本もの銅剣が1箇所に埋められていたのか。
「青銅器の謎」として、古代史の専門家はもちろん、
一般の古代史ファンの興味を集め、多くの論文も発表された。
それから20年以上経った今も、その謎は謎のまま、
古代へのロマンをかきたてている。

c0062603_1325917.jpgc0062603_1331971.jpg
しかし、一心さんと訪れたこの日は、夏の暑い盛りだったせいか人影も少なく、
ぐるりと遺跡見学をして、博物館をのぞいた後は、再び車を走らせ松江市内に。
「とっておきのお楽しみ」を大阪からの来客に用意。
同じくブログ仲間で中学・高校の同級生「管理人室」のbeechanとともに、
geechanのご主人の「磯料理やまおか」で、おいしい料理に舌鼓を打ち、
素顔をさらしての語らいのひとときとなったのである。
geechanとは同級生、一心さんともほぼ同年代であり、
一気にまるで懐かしい同窓会のような雰囲気に…
同時代を生きてきたということは、こうも共通の感覚を持てるものだと改めて思った。
団塊の世代のちょっと下になるわけで、
熱く燃えた学生運動を経験しているわけでもなければ、
その後のしらけ世代とも異なり、何だかつかみ所がない世代のように言われるが、
今にしてみれば随分さまざまな分野において満たされた世代だったような気がする。
古き良き時代の香りを残しつつも、新しいエポックに遭遇してきた青春時代だった。
楽しいひとときは矢のように過ぎ去り、
一心さんを乗せた夜行バスが走り去るのを見送りながら、
夏がそろそろ逝こうとしているのを感じた夜だった。




島根では荒神谷のほかに、
加茂岩倉遺跡から全国最多の31個の銅鐸が発見されている。
興味のある方は、ぜひこちらの「青銅器の謎」を見ていただきたい。
このサイト「古代神話とタイムとラベル」の制作に関らせてもらったのであるが、
まだ存続していて、何だか嬉しかったのである。

"Barabajagal" Donovan

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/4553485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Washy's Flyi.. at 2006-12-30 09:53
タイトル : 神在月山陰の旅 その12 日本史オンチの遺跡見学
-------------------------------------- 5日目 斐川-出雲-松江 -------------------------------------- 湯の川温泉のすぐそばにあるのが、荒神谷遺跡。Casa de NovaのNovaさんが9月にブログで紹介していたのを見て、行きたいなあと思っていたところだ。わたくし、コメント欄に「出雲に行ってみたくなりました」とか書きこんでます。Novaさんも「アドバイスをお節介します」とレスしてくれていて、さっそく実現したの...... more
Commented by まこと at 2006-09-14 16:06 x
楽しかったみたいですね。
次回は会いたいですね。
いや。そちらに行くのが先かな!?
Commented by genova1991 at 2006-09-14 17:53
古代のとけない謎はロマンチックですね。
まだまだ地面の下には謎が沢山眠っているのでしょうか?
それはともかく、楽しい時間をお過ごしになれたようで、お里帰りの収穫が増えて良かったですね~♪
Commented by geechan at 2006-09-14 18:06
geechan@管理人です!
一心さんのことはそれまでほとんど知らなかったにもかかわらず、「あまり話したことのなかった高校時代の同級生」みたいな感覚で、とても初対面とは思えず…同じ時代を過ごしてきた「仲間意識」みたいなものでしょうか?私も本当に心から楽しめた「オフ会」でした!誘ってくれてありがと~!
一心さんの、飾らない、さりげなく人に気を使わせない繊細なお人柄、とてもステキでした。
Commented by itohimiko1 at 2006-09-14 23:50 x
こちらでもオフ会でしたか♪
思いがけないご縁で、友人が出来るって楽しいですよね。
里帰りの充実した日々をお土産に,また新たなパワーが湧いてきそうな予感がしませんか。

別れと秋は寂しいけれど、次の再会が待たれますね。
そちらの秋はどんな秋でしょう。
Commented by lanova at 2006-09-15 06:07
★まこっちゃん_むしろいつでも会えるような場所にいると、会うチャンスを逃してしまうものです。今回の帰国でも、「会いましょう」と連絡していたにもかかわらず、会えなかった人がたくさんいました。まこっちゃんとのオフ会実現も楽しみにしています。モスで開催かな?
Commented by lanova at 2006-09-15 06:09
★genovaさん_青銅器が次々に発見されたり、出雲大社が天高くそびえる神殿だったりと、「出雲王国」が存在したのではないかと思わせる遺跡が各所にあります。古代史って好きな人にはたまらなく魅力的ですが、まったく興味のない人には「土掘り」に過ぎないもののようですね。
Commented by lanova at 2006-09-15 06:12
★geechan_実は日本を離れる前日に、一心さんの話題にも出てきた干物屋さんの社長W氏が我が家に来てくださいました。この方が、これまた奇想天外に面白い人だったんですよ!干物をお土産に持ってきてくださったんですが、これまためちゃくちゃおいしかった。日本海沖のものしか加工しないそうで…この干物、食する価値ありです!!
Commented by lanova at 2006-09-15 06:16
★itohimikoさん_こうしてブログでつながった方々と実際にお会いするのって、本当に不思議な感じがしますよね。何だかんだとかなりたくさんの方とお会いする機会を持つことができました。
実はLAのある南カリフォルニアは地中海気候で春と夏しかないようなものです。気温は下がりますが、日本のように秋の風景ってあまりないんですよ。ミシシッピに移住すると今度ははっきり四季があるので、日本のような過ごし方ができそうです。夏は湿度も高くて蚊もいるそうですから…
Commented by flyingshack at 2006-09-15 10:33
斐川町ってのはチューリップがいっぱいって前に教えてもらったところですよね。チューリップだけじゃなかったんですね。日本史オンチのわたしも出雲に行ってみたくなりました。docも行きたいらしいっす。神在月にとか言ってますけど、観光的にはどうなんでしょうか? 寒い?
Commented by lanova at 2006-09-15 15:54
★Washyさん_実は斐川町の夏はヒマワリなんですよ。50万本ものヒマワリが咲いています。このときも壮観でしたが、どこをどう写していいのか迷ってしまいました。そこでWashyさんのためにこんなサイトを紹介しましょう。http: //www.icv.ne.jp/~okis1711/photocon.htm。ところで神在月、申し分ないです!きっと出雲地方を旅行するのには、最適な季節だと思いますよ。宍道湖に沈む夕日も一番神々しいときだし…実はDoc&Washyさんのためにガイドをしに帰国したい気持ちがムクムクと湧き上がってきました。アゴアシつきでいかがですか?いや、本当にもしプランニングが進むようでしたら、ありったけのアドバイスをお節介します!
Commented by avocadowasabi-2 at 2006-09-16 06:00
オフ会にも多忙な帰国でしたね。
でも、そうやってみなさんが会う機会を持とうと動いてくださるのって、すごいことです。日頃のNOVAさんのブログ付き合いの賜物ですよ。

ところで、古代史や神話ってNOVAさんは好きですか?
ずっと前に読んだ本で、かなり面白い作品があったんですよ。
高橋克彦?だったかなぁ・・・。『龍のなんとか・・・』ってタイトル・・・。
すみません、かなりいい加減で・・。今度ちゃんと調べておきます。
Commented by candypop-m at 2006-09-16 10:29
おはようございます
楽しい一時を過ごされたようで 今となっては悔しい思いでいっぱいです。 笑

遺跡のHPをみてきましたが 社会の教科書に載ってることが novaさんにとっては身近な事なのですね!! 驚きです。
古代ロマン!!  ロマンはロマンであってほしいと思いつつ 謎も興味深いものですよね。  
機会があれば 訪れてみたいですね☆
Commented by 一心万宝 at 2006-09-16 12:56 x
うわわわわぉ、わしのことがメインで話題になっております。おおきにです。え、遺跡がメイン?まあええわ。
いやあわくわくどきどきのひと時、とってもいい思い出です。
素敵な人と逢えるっていうこころの満足と、geechanの旦那さんのおかげで口もめいっぱいご馳走になりました。
私は熟女二人に挟まれてもう借りてきた猫、いや真っ赤になった借りてきた蛸状態でしたが・・・
ほんとに昔からの友人って感じで過ごさせてもらいました。
そうそう、NOVAさんに選んでもらった職場へのお土産がめっちゃくちゃ好評で、翌週もう一回買いに行ってきて、食べたいからっていわれちゃいましたよ。女性は食べ物にはうるさいのねぇ
Commented by lanova at 2006-09-20 04:17
★avocadoさん_こうして期限付きだと、かえって会う機会を何とか作ろうとするものなのかもしれませんね。avocadoさんとも引越しの前にっていうんで会えたんですものね。でも、わざわざ大阪から出かけてもらってありがたいなって思いましたよ。
古代史は決して得意分野ではありませんが、神話は好きですね。日本神話だけでなく、ギリシャやローマ神話も読みました。高橋克彦のはどんな作品なんでしょう?
Commented by lanova at 2006-09-20 05:08
★まきちゃん_すっかり鮮度をなくしたお返事でごめんよ。
HP見ていただいたようでありがとうございました。あれを制作したのは、日本を離れる1年位前のことで、結構ボリュームも多くて大変だったことを思い出しました。ぜひ訪れてみてください。閑古鳥も鳴いてて(?!)、のんびり見学できますよ。
Commented by lanova at 2006-09-20 05:17
★一心さん_その節は本当にありがとうございました。お忙しい身でありながら、日帰りの強行軍でようこそおいでいただきました。一心さんのおかげでユニークな方とも知り合いになれましたし、人の縁って不思議なものですね。geechanがいつでも一心さんのお相手をしてくれると思いますので、ぜひお土産を買いに再びご訪問くださいませ。本当に楽しいひとときをありがとうございました。
by lanova | 2006-09-13 21:40 | Trip | Trackback(1) | Comments(16)