Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Mihonoseki in Matsue 1

c0062603_2238293.jpgc0062603_22384849.jpg
c0062603_2239694.jpgc0062603_22393712.jpg
息子一家が暮らしているのは日本海に面した漁師町、美保関である。
ここは島根半島の東端にあり、民謡「関の五本松」や海上安全の神様、
恵比寿様が祀られた美保神社で知られている。
中世には関所も設けられた古くからの港町で、
海岸線は釣りのメッカで多くの釣り人が訪れる。
夏の照りつける太陽の下、久しぶりにこの美保関を訪れた。
半島の突端に上がる途中、隠岐の島と本土を結ぶ高速船レインボーが
入港するところに出くわした。
ここからは空気の澄んだ晴れた日には海上遥か4,50kmのところに
隠岐の島を眺めることができるが、
この日は残念ながら日差しが強すぎるせいか、望むことができなかった。
また突端には世界灯台100選に指定された美保関灯台がある。
日本海の海の色は、太平洋とは異なり、独特な色合いを見せる。
冬の間は波頭を白く躍らせながら荒れる日本海も、
夏の間は静かに太陽の光をきらめかせて、ふるさとに帰ってくる人たちを
やさしく歓迎してくれる。


c0062603_2240821.jpgc0062603_22402697.jpg
ひとしきり日本海の美しさを眺めた後は、美保神社へ。
ここの本殿は、美保造り(比翼造り)といわれ、国の重要文化財に指定されている。
また古式ゆかしい神事が今なお執り行われており、
出雲の国譲り神話にちなむ諸手船神事(もろたぶねしんじ)は、
全国的にも珍しい神事として多くの人が訪れる。

c0062603_2241161.jpgまた神社横の参道は、江戸時代に造られもので、
さまざまな大きさの石が使われている。
雨に濡れると、この石は青く落ち着いた色に変わりり、
往時のにぎやかだった港町の名残をしのぶことができる。


c0062603_22413987.jpgc0062603_22421040.jpg
c0062603_22424874.jpgc0062603_2243723.jpg
今も漁港として多くのイカ釣り船がここから日本海へと漁に出るが、
以前のような賑わいは鳴りを潜めている。
それでもそこかしこに古きよき時代をしのばせるたたずまいが見られ、
少しばかりの寂寥感とともに、懐かしき思いを抱く。
かつては多くの参拝客が足を運び、
漁師町に育つ子どもたちの歓声が上がっていただろう参道には、
小学生だろうか女の子が二人遊び、
境内では蝉の声が木立の中で短い生を惜しむかのように鳴いていた。

"Summer Breeze" The Isley Brothers

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/4376548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まこと at 2006-08-21 10:22 x
美保関神社は、ここ数年初詣に行きます。
僕は冬の神社の景色が好き。

境に渡り『魚山亭』でご飯食べるのが、お決まりのコースです。
魚美味しいですよ。
Commented by geechan at 2006-08-21 10:57
海の色がとてもきれいですね。
涼しくなったら私も久しぶりに「美保神社」を訪れてみようと思います。
↑『魚山亭』?!先日行ったばかりです!
(「海鮮丼」を食べて満足して帰りました。)
Commented by avocadowasabi-2 at 2006-08-21 12:04
やっぱり、こういう日本の風景を見ると心が癒されます。
城下町も好きだけれど、古い町並みを残す漁師町というのもすごく好きな私です。あ~あ、私も故郷に帰りたくなっちゃった。
Commented by judy_orange at 2006-08-21 16:39
あぁ~いいですねぇ。
日本を感じられます!

色なのかなぁ?
日本固有の色を感じます。

島根に行ったことは無いのですが、
ぜひ行きたい!と思いました!
Commented at 2006-08-22 04:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by neko_pen at 2006-08-22 07:21
穏やかな海ですね。夏の日本海・・・
石畳に講師のはまった家、並べられた梅干・・・昼下がりの
のどかな風景、という感じです。
のんびりした、いいところですね。きっとLAの海とは全く違う
風景を心に刻まれたことでしょう。
Commented by mihayashi6 at 2006-08-22 13:00
Novaさんの育った出雲は歴史の深い街ですね。大山隠岐国立公園の素敵な所に息子さん家族・・・
格子の家・梅干・竹かご・江戸時代の石タタミ
    ふるさとに癒される風景ですね、
素敵な場所でNovaさんは育ったのですね。
Commented by genova1991 at 2006-08-22 15:54
夏の日本海は美しいですね~。
水色が涼やかです。
梅干しの夏干しの最中なのでしょうか?
見事ですね。
どれもこれも、心底ほっとする風景です。
Commented by dabadabax at 2006-08-22 21:39
日本海、魚好きな私は、何よりも漁師町というのに惹かれます。
こういうところにいれば、新鮮な魚に事欠かないでしょうね。羨ましいです。お孫さんたちも魚をいっぱい食べて、歴史のある美しい町で大きくなられるんですね。
Commented by MOKOTY at 2006-08-22 22:24 x
学生の頃、美保神社でお正月バイトしてましたよー。
最近は訪れていないので懐かしいですねー。
Commented by チェリー at 2006-08-23 00:26 x
参道の感じが素敵ですね!
参拝にくる人も多いだろうに、それほど俗っぽくもなっていなくて地元の方々の普段の生活の息づかいが聞こえてきそうです。

漁師町ということは・・・美味しい魚も楽しまれましたか?
Commented by flyingshack at 2006-08-23 09:00
とても美しい神社ですね。

ところで荷造りって松江での話だったんですね。わたしはまた、LAに残された人たちがせっせとやっているのかと勘違いしてました…
Commented by dobozupe at 2006-08-23 10:17 x
トロントに住んでいると、日本のこうした美しい風情がとてもなつかしく感じられます。日本も捨てたものではないですね。外国人にもいぱい日本に観光に来てもらって、こうした日本の風情を感じてもらえたらなと思います。無理かな?
Commented at 2006-08-23 16:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-08-23 18:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:28
★まこっちゃん_まこっちゃんちから美保神社って近いよね。私も初詣に行ったことあるなあ。
境港の「魚山亭」、初めて聞きました。新しいお店なのかな?
Commented by lanova at 2006-08-24 01:28
★geechan_今日も美保関に行ってきました。今日の海の色もめちゃくちゃきれいでした。昨日雨が降った分、余計に空気もきれいだったよ。「魚山亭」って有名なの?今回はもうタイムリミットで、残念!
Commented by lanova at 2006-08-24 01:36
★avocadoさん_そうよね、avocadoさんのふるさとも城下町であり、海辺の町でもあるんだものね。太平洋側と日本海側の違いはあるけれど、急峻な山地と入り組んだ海岸線と言う日本独特の風景をそこに見ることができますものね。海の音を聞きながら育っていくってどんな感じなんだろうと、ミュウのベビーカーを押しながら海辺を散歩して思いました。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:41
★judyさん_日本の風景してますか?
きっと一昔前まではこういう風景はどこにでも見られたんだと思います。でもだんだん少なくなってきたんですよね。便利に新しくなると同時になくしていったものの多さに人は気づかないでいるのでしょう。
ぜひぜひ島根にいらしてください。たとえこちらにはいなくとも、どんどん情報提供しますよ。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:41
★鍵コメさん_ご連絡遅くなりました。そちらの方にメールアドレス残しておきましたので…それでいけると思うのですが、もしだめなようならサイドご連絡くださいね。「今日の1曲」どんどんやっちゃってください!
Commented by lanova at 2006-08-24 01:52
★nekoさん_冬には荒れ狂い、白い波しぶきが上がる日本海ですが、夏の海は本当に穏やかですよ。この日も焼けつくように暑い日でしたが、それがむしろ夏としての鮮烈なイメージを抱かせるものになりました。今日も行ってきた美保関ですが、太陽の光にも海の色にも少しずつ秋が感じられました。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:52
★小次郎さん_はい、この美保関町は本当に古きよき時代の良いところを残していますよ。それでもやはり利便性を追求する若者たちはどんどんここから去っていくようです。私は町の中で生まれ育ったので、こういう漁村はむしろ物珍しい存在でもありました。誇りにできるふるさとがあるってありがたいですよね。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:52
★genovaさん_あちこちで梅干の夏干しが行われていたんですよ。見るからに酸っぱそうで、おいしそうな梅でした。こうして日常生活の中に作られた風景ではなく、そのままの風景が残っているっていいなって思ったんです。昔のままの丸看板のバス停もあったんですよ。船宿の木造建築でしかと建っていました。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:53
★dabadabaxさん_いつかこのふるさとでお会いできるといいですね。おかげさまでこの1ヶ月ほとんど毎日新鮮なお刺身をはじめ、魚介類を食べさせてもらいました。これでもか、これでもかというほど海の幸をいただくことができ、クマちゃんと青年に申し訳ないなと思っています。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:53
★MOKOちゃん_あらあ、巫女さんのバイトでしたか?そういえばおじいちゃん・おばあちゃんがいらっしゃるんでしたね。きっと海水浴も楽しんだんでしょうね。
Commented by lanova at 2006-08-24 01:57
★チェリーさん_そうなんです。ここは昔の面影がそのままここに暮らす人々の日常生活に溶け込んでいるから、とってつけたような観光地の感じがしないんだと思います。
このあたりの民宿はおいしい魚料理を食べさせてくれることでも有名で、東京や大阪など都会地からのお客さんが多いんですって!一泊2食(それも豪華版)で7000円弱って魅力的だと思いません?
Commented by lanova at 2006-08-24 02:09
★Washyさん_ここは遷宮をしてより荘厳になったんですが、本殿は国宝に指定されています。奉納相撲なんていうのも行われているんですよ。
はい、今度の日曜にはここから太平洋をアメリカ大陸に向けて船旅に出るべく、荷物たちが運び出されていきます。とうとう、あの2000枚のレコードも…LAに残された人たち、それぞれ別々に洗濯をしているそうで、まるでルームメイトのような生活をしているようです。
Commented by lanova at 2006-08-24 02:09
★dobozupeさん_国際文化観光都市の松江は割と外国からの観光客は多いんですよ。今日も見かけました。でも松江市街地中心に回るようで、なかなかこういう海辺の漁師町までは足を伸ばさないようです。このときもイギリス人のAndrewを案内したのですが、それはそれは感動して、あちこち写真を撮ってました。
Commented by lanova at 2006-08-24 02:10
★鍵コメさん_初コメントありがとう!その神社にもぜひぜひ行きたいと思っているのです。次回はクマちゃん同伴であんないしてくださいませね。真夏のおでん、大変おいしゅうございました。素敵な時間をありがとうございました。
Commented by lanova at 2006-08-24 02:10
★鍵コメさん_こちらこそありがとうございました。
当日編は改めてエントリーしますので、しばしお待ちくださいね。
「ドキッ!」を楽しめるような余裕が持てればたいしたものです。
何はともあれ、これからもよろしく!
by lanova | 2006-08-21 00:06 | Trip | Trackback | Comments(30)