Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

The Getty Center in LA 5

c0062603_14565141.jpg
c0062603_14572188.jpgc0062603_14574251.jpg
c0062603_14583094.jpgc0062603_14585371.jpg
The Getty Centerの3点セット、庭園と建築と美術品。
建築に関しては概観は実にモダンである。
1983年から建設が始まり、オープンは1997年だというから
実に14年の歳月がかけられているわけである。
ここで特徴的なのが、センターの外壁や床面に用いられている
トラパティンという多層大理石。
これはイタリア、ティヴォリのパグニが産地であり、
ローマ人はかつて、この採石場から切り出したトラパティンを用いて
コロッセウムやトレヴィの泉、サンピエトロ大聖堂の柱廊を作ったといわれる。
このトラパティンの運搬に要した貨物船の航海数は何と100回。
その量は16,000トン、総面積100万平方フィートだそうだ。
凡人の想像力ではその数字からはなかなかイメージできない。
実際にその場に立ってみて、初めて「ほほぅ」とため息が出る。
テーマ別に数館に分かれているが、
北館は17世紀以前、東館と南館は17~19世紀、
西館は19世紀以降の美術品が収蔵されている。
絵画などはそれほど有名なものがあるわけではないというが、
高校時代の美術の教科書で見かけた作品もそこかしこに展示されていた。
ここは美術品の保存状態がとてもいいことで有名である。
今までの経験から美術館での写真撮影はご法度だと思っていたので、
ドガの「踊り子」の前でカメラを向けている女の子は叱られやしないかと、
ひやひやしていたところ、警備員も何も言わない。
半分以上、回ったところで「写真を写してもいいんでしょうか?」と尋ねたら、
フラッシュさえ焚かなければ構わないと言う。
それならもっと最初から写せば良かったと思ったが、
後戻りするほどの体力と時間は残されていなかった。


c0062603_14591711.jpgc0062603_14594051.jpg
c0062603_15011.jpgc0062603_1501829.jpg
c0062603_1504111.jpgc0062603_1505958.jpg
ここの収蔵品で有名なのは、ロココ調の家具や調度品。
まさに保存状態がいいということを如実に物語る展示品である。
そのままここに住めるのではないかと思うほどだった。
さすがにロココ調となると少々一般住宅には重過ぎるかもしれない。
まずは天井や柱、照明器具。
ミシシッピの家にはカラム(柱)が設計されていて、
どうしてもそういうところに目が行く。
天井の装飾にも興味津々。
実際にこういう照明器具をつけることはないだろうが、
どこからか室内楽の調べが聞こえてきそうな淡い光は実に優雅だった。

"Adagio In G Minor For Strings and Organ" Karajan


にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/4060205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by neko_pen at 2006-06-24 16:37
わ!一番乗りだ~♪

写真を撮ってもいいって、すごくおおらかですね。
フラッシュを焚かなければ問題ないのだから、ほかのところでも
許してくれるといいのにね。
室内の画像はどれも「ロココ、ロココ」・・・ですね。建物も美術品も
すごいのにさりげなく見られるような雰囲気を感じます。
Commented by susie at 2006-06-24 22:04 x
美術館で絵を撮影していいのって、はじめは信じられませんよね。
こちらに来てたくさん大聖堂を見たので、石造り建築にとても興味を持っています。カラムにはキャピタルとフリーズもつけてくださいね。
Commented by lemonodasos at 2006-06-25 07:53
このごろはアテネ考古学博物館やほかの博物館もフラッシュをたかなければ撮影しても良い事になっています。
ゲッティーさんものすごい財力ですね。タイクーンみたいな人だったのでしょうか?
私は金持ちと言えばロックフェラーやカーネギー?を思い出しますが、、、なんだかそれ以上な感じがしました。
Commented by lanova at 2006-06-25 13:59
★nekoさん_早速訪問してくださってありがとうございます。週末は訪問者が少なくて嬉しいですよ!
室内装飾品の素晴らしさには目を見張るものがありました。まるでお城のような豪華な調度品がずらりと並んでいて、うっとり…写真を撮れることがわかっていれば撮影したい絵画がいっぱいあったんですけどね…
Commented by lanova at 2006-06-25 14:07
★susieさん_日本は木の文化ですから、石造りの建築はあまり目にしませんよね。アメリカでも地域によって木造の家が多かったりしますが、ミシシッピはハリケーンやトルネードを考慮して、外壁は石にしました。カラムはキャピタルとフリーズはちょっと豪華すぎる印象になるかなというのと、お掃除のことを考えてシンプルなスタイルを考えています。
Commented by lanova at 2006-06-25 14:10
★lemonodasosさん_アテネでも撮影は許可されてるんですね。こちらではそれぞれの館のポリシーによるようです。さすがにローマやギリシャの調度品などはケースに入っていました。Paul Gettyに関しては、こちらをご覧ください。石油で財を築いた人です。http://en.wikipedia.org/wiki/J._Paul_Getty
Commented by チェリー at 2006-06-25 14:56 x
そうそう、私が時々行く美術館も撮影OKです。
ただし、この美術館所蔵のものだけ。どこか他所から借りてきて展示しているものはダメなんですって。
気に入った写真をデジカメでとれると、PCの壁紙とかにもできますよね。
Commented by lanova at 2006-06-25 16:25
★チェリーさん_あら、インディアナでもそうでしたか。割と最近はそういうところが多いのかもしれませんね。日本はかなり制約が厳しいですよね。雰囲気的にも咳一つするのもはばかれる感じがありますもの。絵画って意外と複写(撮影)は難しいんですよね。
by lanova | 2006-06-23 23:55 | Trip | Trackback | Comments(8)