Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Apr. 20

先日、夫の元教え子のJuanからとても変わった野菜をもらった。
彼はアメリカ生まれのメキシコ人。
メキシコから移住してきた彼のお父さんの家には、この珍しい野菜の木があるのだという。
「野菜の木」というところからして、「あれっ?」という感じなのだが、
その名もChayote(チャヨテ)、「ヨ」を一番強く発音する。
スペイン語である。
別名Vegetable pearともいうそうだ。
これが全身サボテン顔負けの固いトゲだらけである。
早速調理方法をJuanに聞いて、調理することにした。
しかし、これがなかなか大変な作業だった。
厚手の手袋をはめて下ごしらえ。
トゲつきの皮のまま、まずは茹でるのだが、1個がかなり大きいので、
大鍋でも3個入れるのがやっと。
1時間以上茹でて、その後皮を剥く。
ここでも厚手の手袋は必需品。
きれいに皮を剥いて、熱いところをバターをつけて食べるのが、
最もシンプルでおいしいと聞いたが、マヨネーズでもなかなかおいしかった。
ジャガイモの」ような食感だが、ジャガイモよりはもう少し甘くて、
栗のような香りもする。
ちょっと調べてみたら、いろいろな調理方法はあるようだ。
しかし、調理の前の下ごしらえで、充分に働かせてもらったという気がした。
世の中にはいろんな食べ物があるものだ。
c0062603_15273397.jpgc0062603_15274599.jpg
c0062603_15281123.jpgc0062603_1528241.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/3815022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by geechan at 2006-04-21 18:11
「野菜の木」というからには、大きな木に実る果実みたいな感じなのかな?
見た目は摩訶不思議な様相してますが…。

地域や気候によって本当にいろんな食材があるよね。
興味津々!です。
Commented by lemonodasos at 2006-04-21 22:20
うわぁ美味しそうだけれども、このトゲとか皮とか、廃棄処理するのはたいへんですね。アンティチョークも嫌いではないのですが、廃棄処理をして見ると、廃棄率が高くて、やはり、料理するのに二の足を踏んでしまいます。
でも美味しそうなので、私も食べてみたいです。
Commented by JUN at 2006-04-21 22:46 x
いろんな食べ物があるのですね~。食べてみたいです!
Commented by mokoty at 2006-04-21 23:15 x
PEARというだけあって形は洋ナシみたい!
Commented by susie at 2006-04-22 00:02 x
NOVAさん、これだったのか!という感じ。スペイン語クラスの宿題でメキシコの国旗について調べました。真ん中に蛇を加えた鷲がprickly pear treeにとまっている絵柄なんです。その植物が謎でした。サボテンかとも思ったんですが、やっぱりpearだったんだ!木も見てみたいです。
Commented by daidai_LA at 2006-04-22 00:13
野菜と果物のあいだみたいな感じでしょうか。あ、アボカドみたいな感じかな?
このトゲトゲにかなりひるみますが…初めて食べた人って、すごいですよね。(笑)
新しいことを教えていただきました。でも私は面倒くさがりなので、食べはしない…かも?(苦笑)
Commented by avocadowasabi at 2006-04-22 00:25
初めて見ました、こんな野菜。
下ごしらえだけで、かなりの労働力!
しかし、日本で「チャヨーテ」と呼ぶ野菜がありますよ。
ものは違いますが、皮をむいたところはそっくりです。
外見は上の写真の外皮がない状態のように薄緑で棘などなくつるっとした感じで、形もそっくり。中は、瓜の種のようなものがあったような・・・・。
メキシコ・チャヨーテはアボカドのような種があるのかな?
日本にいたとき、この和名チャヨーテを近所の人が植えていて、もらって料理したことがあります。カブのような食感でした。
私の母によると、産後の滋養にいいとか・・・・?。南方系の野菜らしいです。
ちなみに、和名チャヨーテはキュウリみたいに蔓でした。

そういえば、うちの近くのスーパー(Stater Bro's)でも「和名チャヨーテ」売っているんだけど、英語名はなんだったかしら・・・。
Commented by lanova at 2006-04-22 00:51
★geechan_木からぶら下がって生っているそうです。これって収穫するのもトゲがあって大変そうだけど、栗みたいに木から落ちるのを待ってるのかもしれないね。
南カリフォルニアには南米の人がとても多く(マイノリティの中ではダントツ)、メキシカンマーケットもたくさんあります。珍しいものもかなりありますよ。
Commented by lanova at 2006-04-22 01:13
★lemonodasosさん_これは意外と廃棄部分は少ないんですよ。ちょうどリンゴの皮を剥くという感じでしょうか。しかしトゲつきですが…しかしトウモロコシなどは本当にどさっと廃棄部分が出ますよね。あの皮がかなりの量になります。メキシコではこの皮を干して、タマリというお料理を作るときに使います。これに包んで蒸すんですね。しかし、これも干して保存という手間がかかります。おいしいものを食べるには手間を惜しんではいけないということでしょうか。
Commented by lanova at 2006-04-22 01:14
★JUNさん_ちょいとググッてみましたら、これは日本にもあるようです。ただしトゲなしで和名ではハヤトウリというそうです。南国宮崎にもあるのではないでしょうか。
Commented by lanova at 2006-04-22 01:14
★mokotyちゃん_そうそう!皮を剥いた見た目は形も色も洋ナシによく似てます。でも食感は全然違うけどね。今や日本は世界中の食べ物が食べられるところだから、mokotyちゃんもどこかで手に入れることができるかもね。
Commented by lanova at 2006-04-22 01:14
★susieさん_あのメキシコ国旗の描かれているのはサボテンではないでしょうか?サボテンはアステカの象徴だということですから…私もこのChayoteを最初に見たときは、サボテン?かと思ったほどです。メキシコではごく一般的な食材のようですよ。
Commented by lanova at 2006-04-22 01:14
★daidaiさん_う~ん、見た目はちょっとアボカドにも似てるけど、食感は全然ちがいますね。まさにポテトといった感じです。どうやら日本にはトゲなしもあるようですが、メキシコではトゲがあるのが普通みたいですよ。きっとメキシカン料理のレストランに行けば、Chayoteを使ったメニューはあると思います。私もできれば調理済みの方がいいなあ…
Commented by lanova at 2006-04-22 01:19
★avocadoさん_多分、それがChayoteだと思いますよ。日本ではハヤトウリといって、比較的どこででも栽培できるようです。元来は南米産でそれが渡来してきたとのことです。瓜っていうくらいだから蔓性植物なんでしょうね。どうもこのChayoteにはトゲありとトゲなしがあるようで、メキシコなどの砂漠地帯では、灼熱の太陽の下で自己保管をするためにトゲのある植物が多いのと同じ理由なのかもしれませんね。
Stater Bros'にあるのもChayoteのトゲなしバージョンだと思います。調理法もいろいろあるようですよ。
Commented at 2006-04-22 04:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Marrrsan at 2006-04-22 07:21
これはニューオーリンズあたりではMirlerton(スペルに自信なし)とかよばれているものと同じもののようです。チャヨーテとも呼ばれています。NOで見かけるのはとげ無しで、とげありのものがあるとはまったく知りませんでした。
私はこれを煮て軟らかくして、潰した物に肉の細切れとたまねぎを傷めたもの、そしてパン粉を混ぜてキャセロール料理にします。それがニューオーリンズではポピュラーな食べ方のようですね。(ブログに載せたことがあると思います)
日本でも手に入ると知ったのは最近で近所にある物産センターで見つけて驚きました。ニューオーリンズで見かけるものより皮も薄く、種も小さく見も軟らかく料理はしやすいですね。
日本では主に漬物にするようですね。
Commented by チェリー at 2006-04-22 08:59 x
スーパーで普通に売られている物でも調理したことのない野菜ってたくさんあります。なんだか、いつも代わり映えのしない物ばかり買ってしまって。
折角、色んな国の野菜や果物が手に入るんだからトライする勇気(?)があるとお料理も楽しくなりそうですね。
チャヨテも多分、スーパーで見かけても買わないと思うけど、NOVAさんのように頂き物だと頑張れるかも!
チャヨテ入りの料理はメキシカンレストランのメニューにもあるのでしょうか。
調理は大変そうだけど、食べてみたいです!
Commented by かんな at 2006-04-22 13:52 x
チャヨーテ!
前に住んでいた家の畑に生えていたんです。
でも本当にトゲトゲで、収穫するのも怖くて(笑)。
結局食べず仕舞いに終わりました。
今思えば、試しとけばよかったなぁと。

あの色のせいなのか、
苦そうなイメージがありましたが、
なんと
「栗」なんですね。

ますます・・・食べときゃよかった。
Commented by lanova at 2006-04-22 16:14
★鍵コメさん_了解!メールします。
Commented by lanova at 2006-04-22 16:27
★ま~さん_ググッてみたらChayoteはいろいろな調理方法があるようですね。どうもトゲなしとトゲありがあるようで、おそらくスーパーなどで販売されているのは、トゲなしの方なんでしょうね。日本ではハヤトウリといって割りとポピュラーなようです。NOのキャセロールのレシピ、おいしそうですね!他の野菜と一緒に野菜炒めみたいな感じでもおいしくいただけるようです。
Commented by lanova at 2006-04-22 16:30
★チェリーさん_基本的には時間のないときには、手馴れた和食を作ることが多いんだけど、時間があるときは、なるべく新しい料理(特にアメリカン料理)にチャレンジしようと思ってるのね。レシピ本片手にショッピングリストを作るんだけど、名前だけではどんな食材かわからなくて、そのたびにクマちゃんに外観を説明をしてもらって買いに行きます。おかげで新しい食材にもいろいろと手を出すことができるようになりましたよ。
Commented by lanova at 2006-04-22 16:35
★かんなさん_へえ、そちらの方でもこの南米産物は育ってるんですね。この見るからにトゲトゲした外観は砂漠地帯にふさわしい植物のような気がしますね。
皮をむくと薄ミドリのきれいな色をしていますよ。さくさくっとして食感もなかなか良かったですよ。
後でわかったんですが、種の部分がとてもおいしいんだそうです。食べられないと思って全部捨てちゃいました。きっとスーパーでも手に入ると思いますよ。おそらくトゲなしの方だろうけど…
Commented by flyingshack at 2006-04-24 09:14
なんでもチャレンジのわが家でも、これは食べたことも食べようと思ったこともありません。いつか食べさせてください(笑) 栗のようなイモのようなって、うまそうですよねーー。見た目からは想像つきません。
Commented by lanova at 2006-04-24 15:52
★Washyさん_そっか、そっか、これは未体験だったのね。でもま~さんによると南部ではトゲなしのChayoteのようで、調理するにはそっちの方が楽かなと思います。今日はこのChayoteをさいの目に刻み、ビーツとカニのほぐし身、ボローニャをバターで炒めて、クレオール・シーズニングで味付けをしてチーズを絡めたオリジナル料理を作ってみました。結構おいしかったよ。
by lanova | 2006-04-20 23:55 | Logbook | Trackback | Comments(24)