Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Mar. 17

カレンダー上では今日、日本時間では昨日になるが、
3月17日、孫娘のミュウの満1歳の誕生日。
息子一家が暮らす義理の娘の家では、
昔ながらの「初誕生」を祝ったとのこと。
ようやく一歩、二歩と歩き始めたミュウに一生餅を背負わせ、
彼女の前には筆、そろばん、ものさし、はさみなどをおいて、
最初にどれをつかむかで将来どんな仕事に就くかを占う。
私の初誕生でもこの儀式は行われ、
アルバムの1ページにはその様子が残されている。
さて、彼女は何に手を伸ばしたのだろうか。
一生餅を背負わせるのには、地域によってさまざまな言い伝えがあるようだ。
食べ物に一生困らないように背負わせるという話。
早くから歩くと大きくなってから親元を離れるので、
わざと思い餅を背負わせて転ばせるという話。
いずれにしても1年間無事に育ってきたことを祝い、
これからの成長を見守りたいという親の願いが込められている。
できることならすぐにでも飛んでいって一緒に初誕生を祝いたい。
片言の言葉も出てくるようになったという。
受話器を持ち、「もしもし」の真似事をし、
父親を「と~たん」と呼び始めた彼女のぷよぷよした肌に触れたのは、
9ヶ月も前のことだった。
次に会うとき、彼女は私を何と呼ぶのだろうか。
Happy happy birthday to my little princess!!
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/3672774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by soylista_y_bonita at 2006-03-18 15:26
一歳の誕生日って本当に特別ですよねー。 私も息子が一歳になった時は本当に大きな病気も怪我もなく育ってくれた!とちょっと感動しました。

「初誕生」という儀式があるんですね。 初めて聞きました。 ミュウちゃんは何をつかんだのかしら。 そして、NOVAさんは何をつかんだんですか? 筆かな?
Commented by lemonodasos at 2006-03-18 18:12
ギリシャ人は祖母はヤヤで、祖父はパプーと呼んでいます。祖母系は良いけれども、祖父系の呼び方がパープーと聞こえたら日本人は笑うでしょうね。
Commented by genova1991 at 2006-03-18 19:47
お孫ちゃまはもう1歳ですか!
時間のたつのは早いですね~
可愛い盛りに頻繁に会えないのはとても残念なことでしょうね。
でも、今時ですから、写真や動画は一瞬のうちに送ってもらえるので、10年前じゃなくて本当によかったですよ~♪
Novaさんはラッキーでしたね!
これからは色々なおしゃべり声も聞けるようになって、ますます楽しみが増えますね。
Happy Happy Birthday!
Commented by まこと at 2006-03-18 20:18 x
おめでとうございます。
やっぱり田舎だからかなぁ。山陰はどこでもやりますね。

次は逢うときはおしゃべりできるようになってて、きっと楽しいですね。
Commented by mihayashi6 at 2006-03-18 21:10
>Novaさんの初誕生は・・この儀式は、・・・出雲の国は堅いね。
    あなたは何をとったのかなあー
筆、そろばん、ものさし、はさみなど・・・現代ではなにをおくのでしょうか。

孫が卒園したのて゜1日中私の家に預かる。妻が体調不調・・・ムシキングというゲームに連れて行った。
母親が弁当を持たせて我が家に・・・昨日の残りのうなぎを孫が食べ、私は孫の母の作ったトンカツを食べた。(おかずの物々交換である)
妻も孫から元気をもらい少し体力が回復しました。
Commented by m-s-t-pink at 2006-03-19 00:25
その儀式初めて聞きました!
面白いですね。餅の由来よりも、Novaさんが何を手に取ったのかが
すごく気になっています。
>little princess
良いですね☆
Commented by avocadowasabi at 2006-03-19 06:20
一歳、かわいい盛りですよね。何をしてもかわいいの。泣いても転んでも、いたずらしても・・・・。
NOVAさんは遠く離れているから、大甘のおばあちゃんなのでは?
お餅を背負わせる儀式、私の故郷ではあんまり見ないんですよねー。でも、同じ県内でも、どこかではやっているらしい。
NOVAさんはやっぱり筆でしょう?
Commented by himawari_August8 at 2006-03-19 10:46
お孫さんのお誕生日おめでとうございます。
これから益々可愛い盛りになっていきますよね。
お餅、うちの息子も背負わせましたよー。
重すぎて歩けなくてひっくり返って泣いたことを思い出しました。
もう5年も前なんだなーと思うと子供の成長ってあっという間ですね。
そうそう、お孫さん、うちの夫と一日違いのお誕生日なんですよー!
Commented by nadeshiko_garden at 2006-03-19 14:56
お孫さん、いいですねえ。私もほしいなあ。
一升餅、見たことがあります。小さなお子さんが背負ってよろよろ歩くのは、なんともかわいくてユーモラスでした。
小さな命がすくすくと育つためにも、自然や環境を守らなくては、ね・・・
今日は「春の嵐」さながら、すごい突風が吹きまくっています。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:12
★soylistaさん_私も思わず、青年のアルバムを引っ張り出して彼の初誕生の写真を眺め、懐かしく、そして遠い日にちょっぴり切なくなってしまいました。彼は筆を取ったんですよ。
ミュウはものさしだったそうです。将来洋服に関する仕事に就ければいいなあとは、彼女の両親の思いでもあるようです。私は母に電話して確認したのですが、大昔のことですっかり忘れてしまたっとのこと。そろばんか筆だったような気がするとのことでした。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:12
★lemonodasosさん_ヤヤ、バブー、ともに可愛らしい呼び方ですね。こちらはおなじみグランパ、グランマ(グランニ)です。もちろん、彼女は「おばあちゃん」と呼ぶでしょうが、クマちゃんの孫たちは不思議そうにAre you my grandma?と聞いてきますよ。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:12
★genovaさん_そうなんですよ。もうあれから1年です。本当に早いものです。大人の1年と生まれたばかりのこの1年は格段の差がありますからね。今はトコトコ歩いて、片言を喋り始めたようです。これから3歳くらいまでが一番可愛い時期ですよね。昨日も電話口で声だけ聞きましたよ。「バアバ」とは言いませんでしたが…
Commented by lanova at 2006-03-20 05:12
★まこっちゃん_ありがとう。まこっちゃんもやりましたか?初誕生のお祝い?何を手にしたのでしょうか?これからはマウスも置かなくちゃいけないかもね…
せめて1年に1度は帰国したいのですが、なかなか思うようにはいかないのが辛いところです。やっぱり9000kmは遠いよねえ。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:13
★mihayashiさん_この初誕生の儀式は出雲だけではなく、全国各地に残っているようです。でも、だんだんそういうことをする人も少なくなったでしょうね。私は筆かそろばんだったようです。
お孫さんと一緒に過ごされる日々、笑い声が絶えないことでしょう。我が家も私の両親が面倒を見てくれてましたので、今、離れてしまい、寂しい思いをしているようです。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:22
★pinkくん_うん、都会の方じゃあまりしないかもしれません。ウチも大青年は東京にいたので、しなかったのね。小青年は松江だったので、ちゃんとしました。私はね、昨日母に電話して確認したんだけど、どうも半世紀近くも前のことで覚えてないと言うんですよ。筆かそろばんだったような気がするとのことでした。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:22
★avocadoさん_お持ちを背負わせるのは、結構各地で残っているようなんですが、品物を手にするというのは、今ではあまり行われていないようですね。アメリカでは「初誕生」の儀式はない代わりに、毎年の誕生日は盛大に祝いますものね。私は筆かそろばんだったようです。ウチの青年は筆を取ったんですが、今のところその究極にあるような選択をしています。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:30
★himaちゃん_ありがとう!himaちゃんちの息子さんもお餅を背負ったんですね。私も昨日、ウチの青年のアルバムを開いて懐かしく眺めました。お餅はリュックに入れて背負ってました。彼は9ヶ月で歩き始めたので、お餅でヨタヨタすることはなかったですねえ。何だかとっても懐かしくて、ちょっとジーンとしてしまいました。ウチもクマちゃんが今週誕生日を迎えます。
Commented by lanova at 2006-03-20 05:30
★nadeshikoさん_nadeshikoさんが「おばあちゃま」になる日もそう遠いことではないんじゃないですか?本当にこれから育っていく子どもたちが健やかに暮らせる世界であってほしいですね。それがどこであっても…
Commented by susie at 2006-03-20 08:59 x
NOVAさん、little princessのお誕生日おめでとうございます。もっとたくさん会えたらいいのにね。私の友達は毎日会っていたのが、週1回になったのをさびしがっているほどです。私も孫、ほしいなあ。
Commented by geechan at 2006-03-20 13:14
古式ゆかしい(でも薄れつつある)日本文化、ステキですね。
そんな環境の中で子供時代を過ごすことのできるミュウちゃんは、幸せだと思います。「孫」については、ウチも遠いお話じゃないので、今からものすご~く楽しみにしています。
Commented by lanova at 2006-03-20 13:41
★susieさん_ありがとうございます。本当にねえ、もっと頻繁に会えたら言うことないんですけどねえ。今日もクマちゃんの長男の家に行ってstep grandchildrenに会ってきましたが、やはり孫というよりは知り合いのおばちゃんと子どもたちという感じは否めませんでした。susieさんも「おばあちゃま」になるのは、そう遠い日ではないでしょうね。
Commented by lanova at 2006-03-20 13:43
★geechan_geechanちも二人の娘さんたちの時には初誕生のお祝いしましたか?そういえば一緒にお花見に行ったのは、ウチの青年が満1歳の頃でしたねえ。覚えてる?あれから20年、来月にはあの青年も20歳になりますよ。ミュウは美保関で暮らしているので、伝統行事はいっぱい経験すると思います。
Commented by candypop-m at 2006-03-20 15:17
ミュウちゃん1歳おめでとう♪

えぇーーっ!!もう1年経つのですね!! 早いですね。。
母に聞いたら お餅は背負いますが 物を取る儀式はないそうです
私は転んで大泣きしたとか・・・(笑)
古くからの伝統行事が無くなっていくのは淋しいですよね!

Commented by lanova at 2006-03-20 16:52
★まきちゃん_ありがとう!
そっか、まきちゃんもお餅を背負ったのね。まだまだそうした行事が各地で残っているようで嬉しいなって思います。自分がしてもらってれば、きっと自分の子どもにもするでしょうし…残していきたいものってたくさんありますよね。
by lanova | 2006-03-17 21:53 | Logbook | Trackback | Comments(24)