Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Mar. 9

教育委員会の就職筆記試験の受験者は10人だった。
そのうち6人はヒスパニック系の女性、
そして残りの2人が私と私より少し年代が上の白人女性だった。
この人とは試験会場でも少しだけ言葉を交わしていた。
そして試験の会った日の夕方、仕事を終えてから
「よし!一汗流そう」とジムに行ったところ、
この女性とバッタリ。
「あら~、今日の試験で会ったわよね」ということで、
トレーニングそっちのけでしばしおしゃべり。
彼女は以前、中学校の図書館で勤務していたのだという。
そして今回、また改めての挑戦だという。
本当に本が好きな人という印象を受けたが、
彼女は、やはりこれも我が家から歩いて10分ほどのところにある
市立図書館のあるサークルに入っているという。
「アジアの作家を読む会」なんだそうだ。
「おもしろいわよ、もし興味があればぜひいらっしゃいよ」と誘っていただいた。
いや、実に興味がある。
一体どんな作家が取り上げられているんだろうか。
アジアということなので、日本だけではなく、中国や韓国、
インドやベトナムなどの作家も当然取り上げられているのだろう。
「でも、読むのは英語に翻訳されてるものですよね」と
バカなことを尋ねた私に、
「そうねえ、確かに英語ね。私たちは日本語は読めないんですもの」と彼女。
いや、ごもっとも。
村上春樹も読まれてるのかな、それとも古典名作が中心かな…
などなど、大いに好奇心をくすぐられている。
一緒に英語に翻訳されたものを読むほどの力量はないけど、
このサークル、のぞいてみたい気持ちがしている。
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/3637226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by himawari_August8 at 2006-03-10 17:11
意外なところから縁って広がっていくのでしょうねー。
絶対参加したほうがいいと思いますよー。
このサークルが人の縁とともにNOVAさんの趣味の輪も
広がっていくといいですねー。
Commented by chewyY at 2006-03-10 17:42
村上春樹は人気高いみたいですね。吉本ばななとかも?日本の作家の英訳を読んだことってそういえばないです。面白そうなサークルですよね。ぜひ参加してまた報告してください!
Commented by geechan at 2006-03-10 19:16
おもしろそうだね!私は最近すっかり活字離れしてしまっていて、”ハマーシリーズ”のところには当然コメントの仕様がなかったんだけど、いろんなことが落ち着いたら、ゆっくり以前読んだ本とかとも向かい合いたいなあ…と思っているところです。
日本文学がどういう見方をされているのか、興味津々!報告楽しみに待ってま~す!
Commented by lemonodasos at 2006-03-10 19:19
村上春樹の昔書いた「遠い太鼓」という本があって、遠い太鼓に誘われて、、、ギリシャで生活した事が書かれています。池澤夏樹さんもです。
私の「ブンゴーの日記」という雑記帳があって、それは汚いノートでしたが、池澤さんにサインを書いてもらうのにそのノートを出しました。そのノートのタイトル「ブンゴーの日記」と書いてあったので、池澤さんは笑いました。それでブンゴーの日記に池澤さんのサインがあるので「「お墨付きブンゴーの日記」となりました。
Commented by genova1991 at 2006-03-10 20:22
こんばんは~
これは出会う星の元にあるおふたりのようですね。
是非サークルに参加なさって、アジア文学の研究を深めて下さいませ。
Novaさんの世界がどんどん広がっていきますね~。
この先が楽しみです!

村上春樹さんといえば、自筆原稿が流れて高価な金額で売られているそうです。ご本人にすれば腹立たしいことでしょうね。何でも商売にされてしまって、ムムムムなのでしょう。
Commented by lanova at 2006-03-11 10:43
★himaちゃん_そうなのよねえ!意外なところにつながりがあって、彼女は以前中学校の図書館勤務をしていたそうで、ウチの館長もよくご存知でした。その上、息子さんは勤務先の高校の卒業生だそうで…かなり興味はあるんですけど、昼間のサークルだと参加は難しいので、チェックしてみなくっちゃ!
Commented by lanova at 2006-03-11 10:44
★chewyYさん_ウチの図書館にも日本の作品の英語訳はないんですよ。でも、最近話題になった日系のCynthia Kadohata作の「Kira Kira」は置いてあります。アメリカから見た日本の本はかなりあるんですけどね。国会図書館では「翻訳された日本文学」http://www.ndl.go.jp/jp/gallery/permanent/jousetsu127.htmlという興味深い展示もあったようです。
Commented by lanova at 2006-03-11 10:44
★geechan_今ね、こちらでは日本のマンガが大人気なの。日本がバブルで盛り上がっていた頃には、日本で一儲けをしようと考える人たちが日本語を習いたいと言ってたんだけど、今は日本のマンガを日本語で読みたいから日本語を習いたいという若い人たちが出てきてるんだよ。マンガも大好きなんだけどなあ、私…
Commented by lanova at 2006-03-11 10:44
★lemonodasosさん_すごい!池澤夏樹氏のサイン入り「ブンゴーの日記」なんですね。こりゃあお宝物になりますよ。時々lemonodasosさんの「ブンゴー」ブログにもお邪魔させていただいています。先日の竹島のエントリー、とっても興味深かったです。なんせふるさとの問題なので…
Commented by lanova at 2006-03-11 10:44
★genovaさん_実はひそかに、私だけは日本語でその作品を読ませてもらえないだろうかと甘えたことを思ったりしているわけで…平安時代の文学がどんな風に英訳され、そしてそれがどんな風に解釈されているか、とても興味深いですよね。
村上春樹氏の件は驚きました。何しろ原稿を売りさばいたのがヤスケンこと安原顕氏だというではありませんか!驚きました。私は彼の編集手口は好きで、「リテール」なんて創刊からずっと定期購読してたんですけどねえ…
Commented by もみちゃん at 2006-03-11 14:09 x
Novaさん、ジムに行ってるんですか?
私も、近所のYMCAに参加しようとは思っていますが
思っているだけで、どうもズボラな私は行動を起こさないんですよ。
弛んだお腹を見ては、何とかしなくては...と焦りはあるものの
周りの大きいアメリカ人を見ては『まだ、大丈夫じゃない!』と開き直り。
こんな生活そして考え方をしていると、
本当に体型までアメリカ人になっちゃうんでは....(冷汗)


Commented by lanova at 2006-03-11 15:07
★もみちゃん_ジム通いについては「Feb.28」にエントリーしてるんで、お暇なときにそちらものぞいてみてください。私は基本的にスポーツでストレス発散する方なんで、汗を流すのって気持ちいいですよ!明日は午前中にヨガに行こうと思ってたんですが、どうもウチの青年に付き合わされる用事ができたようでマシントレーニングだけになりそうです。
Commented by flyingshack at 2006-03-12 00:45
この集いは行ってみた方がよさそうですね。アメリカ人の考え方もわかるし、東洋のことを説明するのは英語の勉強(というか仏教とか神道とか風俗習慣とかも勉強しないとならないかもかも)になりそう。
Commented by susie at 2006-03-12 01:57 x
NOVAさん、みなさんが書かれているように興味深い集まりだと思います。時間帯があえば、ぜひ行ってみてください。日本語でその作品を読んでから英語でも読んだらきっといいと思います。
Commented by dabadabax at 2006-03-12 13:56
ジムで体を鍛え、サークルで脳をみがく。そういう必然的な流れができているのかもしれませんね。こういう出会いは不思議です。またまた新しい世界が広がるかもしれませんね。
日本のマンガは欧米ですごい人気のようですね。日本が誇る現在の輸出物の一つになっているとか。文化的背景がまったく異なっても受けるんですね。そちらでは何が人気がありますか。
Commented by lanova at 2006-03-13 09:15
★Washyさん_早速プログラムをチェックしたんですけどねえ、残念ながら木曜の昼間だったんで、仕事を休まない限り難しそうです。学校がバケーションの間には行けそうですが…私としては「なに?なに?なに読んでんの?」という類のノイジーな好奇心ですが…
Commented by lanova at 2006-03-13 09:22
★susieさん_どうやら時間帯が合わないので、参加できそうになく残念ですが、チェックをしているときにJapanese Flower Arrangement Demonstrationなんていのが開かれることを知りました。草月流のいけばなだそうです。それにこれも近所だったんですが、Asian Pacific Resource Centerというのもありました。ここはぜひ行ってみたいなと思っています。
Commented by lanova at 2006-03-13 09:47
★dabadabaさん_本当に、どこでどんな出会いが訪れるのかわからないところが面白いですね。昨日はいつも行く郵便局のおばちゃんとバッタリ!彼女は片腕がないんですが、「ジムのトレーニング大好きよ!」と楽しそうでした。マンガ人気は高いですよ。おなじみのドラゴンボールをはじめ、最近は少女漫画が台頭してますね。http://www.japan-manga.jp/index.jspこういうサイトまであります。のぞいてみてください。
Commented by m-s-t-pink at 2006-03-13 13:26
村上春樹作品は世界各地で翻訳されて人気あるみたいですね。
僕も村上春樹は好きなのですが、この人の作品のおもしろさって言葉のニュアンスというか雰囲気もかなりウエイトを占めてると思うのです。もしストーリー展開がおもしろい作品であれば、どの言語で読んでもおもしろさは伝わるのでしょうが、その言葉選びの部分で、村上春樹作品の良さはどこまで伝わっているのかな?と微妙な感じもしています。
まあ、そこが翻訳家のすごさだったりもするのでしょうが。
Commented by lanova at 2006-03-13 14:45
★pinkさん_以前、村上春樹作品の英語翻訳をしている人のインタビュー記事を読んだのですが、村上氏の表現方法は、とても英語の表現と似ているんだそうです。もちろん、だからといって翻訳が簡単だというわけではないんだけど、翻訳したときものニュアンスがアメリカ人には受け入れやすい、それがアメリカでの彼の人気につながっているんじゃないかということでした。
Commented by tsurumannen at 2006-03-17 00:32
おお!ジム頑張っているんだ。
そう、そういうところで出来る友達って気楽になんでも気兼ねなく話せるから良いよね。アジアの本って幅が広そう。
そこに集まる人はどんな人なんだろう?とっても興味津々。
Commented by lanova at 2006-03-17 14:17
★Yoshi_私もね、このサークルはのぞいてみたいんだけど、仕事中の時間帯なんで、春休みにでもちょっとのぞいてみようかなって思ってるの。時間帯から想像するに、現役を引退した方が多いんじゃないかなあって気がしてるんだけど…
Commented by 一心万宝 at 2006-03-19 00:00 x
えぇえぇえぇ~!!この、うぶで照れ屋の一心ちゃんのどこが口八丁手八丁
女性の前ではもうもじもじまっかっかやのにぃ。。。
これからは人には決して避けることのできない、そして絶対必要な、眠りに関するものを扱うのでございます。ええ気持ちになりまっせぇ
まじで吉田美奈子の世界や「あなたに逢えるまで眠り続けたい~♪」
Commented by lanova at 2006-03-20 05:14
★一心さん_眠りに関するもの?枕?布団?パジャマ?まさか…睡眠薬じゃないでしょうねえ!何だろう?一心さんの話術にはめられて、どんどん売れるかもよ!
by lanova | 2006-03-09 22:52 | Logbook | Trackback | Comments(24)