Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Feb. 3

コンピュータ不在中に時間を持て余していたかというと、
実はそうでもなかった。
1月から勤務状況が変わり、
それまで月~木曜の午後3時間半の勤務だったが、
1月からは曜日は同じものの、
朝8時から午後3時半までの7時間半の勤務に変わったのである。
どちらかといえば夜型の生活習慣が身についている私にとって、
この生活ペースの変更は結構大きな変化だった。
朝は6時過ぎには起きて夫と私のランチボックスを作って職場に行き、
帰ってから家事をするという生活。
まあそれだけなら生活のテンポができてしまえば問題ないのだが、
我が家は夫の勤務が
午後2時半から夜中の1時までという変則的な時間であり、
平日はほとんど顔を合わせることがなくなってしまったのである。
そこで同じ家に暮らしていながら、
平日は電話連絡を取り合うという手段を取っている。
まだこの態勢になってから1ヶ月も経ってないので、
もう少しすれば慣れるだろうとは思っている。
さて、この高校図書館の勤務については、
現在はパートタイムという扱いであるが、
昨年はフルタイムの図書館員としての採用試験を受け、
2次試験の面接を受けたものの、その合否連絡を受け取らないまま、
期限切れとなり、来月、再び試験を行うとの連絡を受けた。
どうもこのシステムは腑に落ちないのだが、
試験に合格しても空きがなくて採用されなければ、
最初の申請日から1年目に白紙に戻るんだそうだ。
私の申請は1月だったので、ここで白紙に戻ったわけである。
そこで再びゼロからのスタート。
思わずため息が漏れてしまうが、不平を言っても仕方ないので、
来月23日の筆記試験、再び受験することにした。
なかなか日本の常識では、ものごとがはかれない
アメリカ合衆国カリフォルニア州の某教育委員会である。
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/3478894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by genova1991 at 2006-02-04 18:37
お仕事が忙しくなって、張り合いはあるでしょうが、旦那さまとのすれ違いが残念ですね。なかなかこちらの都合良く物事は運ばないものです、、、。
それについ最近試験を受けられたばかりのような記憶もありますが、又受験ですか、、、。何だか大変ですね。お勉強頑張って下さいね。
Commented by もみちゃん at 2006-02-04 23:31 x
お仕事、そして受験勉強と忙しい中
朝早くに起きて、お弁当を作ってるなんて凄いです。
それでこそ『日本人』ですよ。!!
アメリカ人の奥さんなんて
今日のお昼はマクドナルド、そして明日はバーガーキング....って感じですよね。

しかしながら、アメリカでは州によって、下手すると物事にもよりますが
それぞれの市によって、ルールとでも言いましょうか?そんな決め事が違ってくるから『エッ!何で?』と、戸惑っしまう事がよくありますよね。
Commented by avocadowasabi at 2006-02-05 03:39
図書館のお仕事、時間が延長されて大変でしょうが、それだけNOVAさんが求められているということですね。無駄の多いアメリカ人に比べると、日本人はやっぱり勤勉だから、NOVAさんのおかげで図書館の作業効率も随分アップしたのでは?
しかし、再度試験というのは嫌になりますねー。
同じ州でも教育委員会が違えばまたシステムも変わるんでしょうが、実は私も近々試験を受けなきゃいけないことになるかも・・・・?なんです。やはり、某教育委員会です。まだ必要書類が揃ってないのでアプライしてないのですが、試験は必ずあると思います。やだなぁ、試験。緊張しまくるだろうなぁ。
Commented by lanova at 2006-02-05 04:01
★genovaさん_そうです、なかなかこちらの都合良くいかないところが、これまた人生っていうやつでしょうねえ。前回の筆記試験は9月で、面接は10月でした。でも採用になってなければ、更新日で自動的に白紙になっちゃうんですよ。まあ、その間に新たな人が申請しているわけで、その都度優秀な人を採用するということなんでしょうけど、試験結果がそのまま次回に反映しないというのは、いいことでもあるのかもしれないですけどね。チャンスはそのたびに訪れるということで…
Commented by lanova at 2006-02-05 04:04
★もみちゃん_うん、うん、私も自分で典型的な日本人妻だと思ってるよ。職場の同僚は、平日はまったく料理しないって言ってたもん。ほとんどファーストフードの夕食なんだそうです。その方が安上がりだっていうのも、アメリカ人の食生活を不健康なものにしている理由なのかも…
本当に日本の常識は決してアメリカの常識ではないということを痛感しています。いまだに戸惑い続けてるんですけどね。
Commented by lanova at 2006-02-05 04:08
★avocadoさん_実は、元同僚の一人がLAの市役所に勤務が変わり、もう一人が民間のオフィスに転職し、急に2人も人員が減ったんですよ。図書館業務ってかなり煩雑で量も多いから、それをこなすのってやはりそれなりの人手がいるわけで、今回の時間延長になったんです。学校に始業時から終業時までの勤務ってことです。ところでavocadoさんはどんなポジションにアプライするの?お互いに頑張りましょうね。といっても私は、今回は前回ほどの受験勉強はしそうにないけど…
Commented by ponzu_77 at 2006-02-05 10:30
やっぱりパートタイムとフルタイムでは条件が全然違うのかな?!
でもクマちゃんと生活がずれてしまうのがちょっと悲しいねぇ・・・。
Commented by lanova at 2006-02-05 15:31
★ponzuちゃん_ううん、条件は全然違わないのよ。時間給で時間が長くなった分、お給料が増えるわけだから、ありがたいけどね。週32時間以上だと振るカバーのベネフィットがつくんだけど、週30時間までしかだめなんだそうで(要するにパートタイム扱い)、私はきっちり週30時間だよ~!
Commented by nadeshiko_garden at 2006-02-06 18:53
日本でも昔に比べると、仕事によっては色々な分かれかたをしていて、派遣社員やパートタイム、期間ごとの契約社員などあります。
1か月や2か月の契約だと大変です。それが、成績次第で継続されたり終結したり・・・でも、仕事はそれぐらい厳しいものであって仕方がないか・・・と最近は思っています。
Commented by チェリー at 2006-02-06 22:35 x
勤務時間が長くなって、生活のペースが変わってきたのですね。
試験勉強も加わってお忙しいでしょうが無理なさらないように。
フルカバーのベネフィットが付くか、付かないかって大きいですよね。2時間の違いだけなのに〜。
Commented by lanova at 2006-02-07 11:52
★nadeshikoさん_そうですねえ。昔のように終身雇用とか初就職した会社とともに生きるなどという考え方は、だんだんなくなってきましたよね。高度成長期の「寄らば大樹の陰」なんていうのも、今は薄れてきたでしょう?売り手よりも買い手が強い日本の職場事情でしょうが、こちらもそれは同じです。ただ求職者もいい加減なところではなかなか妥協しないというのはありますね。採用されるのも首になるのも日本よりずっとシビアです。
Commented by lanova at 2006-02-07 12:04
★チェリーさん_そうそう!あのベネフィットは大きいよねえ。いやあ、見事にやられましたね。週30時間!まあ、雇用者側としたら合法的な手段ですから、文句は言えないし、ましてこうして使ってもらってるだけでもありがたいと思わなくっちゃ…なんていうのがいかにも日本人的発想だよね(笑)。
by lanova | 2006-02-03 23:28 | Logbook | Trackback | Comments(12)