Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Oct. 26

今日はいつもより肌寒かったので、半袖ニットにカーディガンまで羽織って出かけた。
しかし、その部屋から出てきたときには汗だくになっていた。
何もジムに汗を流しに行ったのではない。
例の教育委員会での採用試験の第3段階、面接試験に出かけたのである。
面接だというので、仕事に対する姿勢や豊富などを
聞かれるものだと思っていた私が甘かった。
面接官は男女1名ずつ。
それぞれが交互に問題文を読み上げる。
それもかなり早口の英語で。
それに対して答えを述べるのであるが、
質問のほとんどが図書館業務のテクニカルなことに関してである。
つまり論文形式の問題を口頭で行う、まさに口答試験だったのである。
予期せぬ始まりに、面接室に入って1分もしないうちにパニック状態に陥ってしまった。
落ち着いて聞けば理解できないこともなかったのだろうが、
「どうしよう、どうしよう」という気持ちばかりが先行し、まったく質問内容が耳に入ってこない。
何とか単語を拾って、勝手に問題を推測し、それに答えたのだが、
まるでチンプンカンプンの解答だったに違いない。
20分程度の面接だといわれたが、10分もかからなかったのではないだろうか。
終わったときの2人の面接官の「やれやれ」という表情がすべてを語っていた。
いや、実にいい経験をさせてもらった。
筆記試験の合格通知をもらったとき、ここにアップしてよかった。
少なくともつかの間の「おめでとう」をたくさんもらえたのだから…
さて、もっともっと英語耳を鍛えなくては!


ツカサネット新聞掲載中
フォトエッセイ 日本人がいなくなったリトル東京
Shall we dance? アメリカ人は人生の楽しみ方を知っている
米国のファーストフードはハンバーガーだけではない!
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/2962376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by susie at 2005-10-28 02:19 x
NOVAさん、お疲れ様でした、大変でしたね。面接と口頭試問では大違いですね。
考えてみれば日本では口頭試問というテストを受ける機会がほとんどないのでは...?
Commented by NekoMama7 at 2005-10-28 02:20 x
お疲れ様でした。今回だめでも、次はこういうもんなんだ、ってわかってるから、勉強の仕方も的がしぼれるから、いい経験になったと思ってがんばってください。

英語の方は、家族とか友達などだけだと、どうしても周りが手加減してしまうと思うので、かえって外でレッスン受けたほうが効率はいいと思いますよ。学校とかでなくても、ブッククラブでもなんでも興味をシェアできる集まりに参加して、どんどん話さなければいけない状況を作るというのはどうでしょう。聞く能力も大切ですが、返事をして会話を続ける能力も大切です。でないと、仕事にならない。職場ではあなたがわからないと、回りが迷惑ってことになります。どんなに頭がよくても、知識があっても、言葉がわからないばかりにそれを使えないと、もったいない。祖国では医者や学者だったとかいう人でも、アメリカに来てから言葉が不自由なばかりに、社会の底辺で暮らしている移民がいっぱいいます。

そこらのばかちんにできるなら、私にもできる。私にできるなら、Novaさんもできる。これでいくっきゃないでしょ。みんなでいっしょにがんばりましょう。
Commented by チェリー at 2005-10-28 03:49 x
口頭試問とは・・・面接と違ってその場の雰囲気でこっちに有利な方向に引き込むこともできませんね。NOVAさんの冷や汗(?)、お察しします。
準備万端で試験(就職試験じゃないけれど)にのぞんだ英語もネイティブ並みの知人が、緊張のし過ぎでその場で気を失ったのを知っています! 言葉や知識も必要だけど、タフな精神力も求められるハードな場面ですね。
でも、まだ正式な合否は出ていないんですよね? おめでとう!ともう一度コメントできることを祈っています♪
Commented by kay at 2005-10-28 05:59 x
わー口頭試験だとわかってれば、心構えできたのに残念でしたね。
といってもまだわからないですよん。^^

とりあえずはお疲れさまでした。

その前向きな姿勢には感服します。そのいきだと次は大丈夫ですね。
英語も全くアクセントのない人だと聞きやすいですが、
試験管によっては聞きとりにくいこともままありますし。

耳からの英語は私も日々の生活の中でもっと慣れたいと思ってます。
Commented by avocadowasabi at 2005-10-28 06:00
いやー、口頭試験って恐ろしいくらいに緊張しそうですね。
日本人は、人前で自分の意見や考えをきちんと言うというのは苦手な人が多いと思います。そういう私もダメですねー。それが英語となると、上の方のコメントにあるように、気絶するかも。
とにかく、お疲れ様でした。でも、ホントにいい機会ですよ、こういうの。自分の血や肉になってると思います。
Commented by ponzu_77 at 2005-10-28 09:03
うわーーー、そんなのわいもパードン?パードンの連発になってまいそーー。もっかいお願いしますとかそんなんばっかりだと思うなぁ。

とにかくお疲れ様。耳が英語に慣れるまで時間がかかるね。わいも初めて会った人とかの英語って癖をつかめるまで、パードン?パードン?になります。笑 こればっかりはねー。がんばろうでぃー!
Commented by genova1991 at 2005-10-28 11:08
面接と口答試験とではまるで違いますよね。
情報が入っていれば心構えも出来たのに、非常に残念です。
どんなにびっくりなさったかと思うと身が竦む思いです。
本当に日本では口答試験のシステムは皆無ですから、日本語での経験も普通はありませんよね。

でも試験の内容もわかったことですし、持ち前の頑張りでスキルアップしてくださいね。応援しています!
Commented by lanova at 2005-10-29 14:21
★susieさん_そうですね。日本の感覚で面接と思ったのが大きな大間違いでした。多分、大学院などの入試では口答試験があるのではないかと思いますが、就職ではほとんど聞かないですよね。いい経験でした。
Commented by lanova at 2005-10-29 14:27
★NekoMamaさん_おっしゃる通りです。本当にいい経験でした。よくよくインフォーメーションを見たらAppraisal Interviewとありましたから、査定面接ということなんですよね。だから比重も筆記が40%なのに対して60%だったのでしょう。
確かに家族や友人は、きちんと話せてなくても理解してくれるし、間違いもそのまま見過ごしてくれるんですよね。ボクちゃんがたびたび「スクール行った方がいいよ」と言ってくれてたのが、身に沁みています。次のセメスターからカレッジのクラスを当たってみることにしました。
今回のNekoMamaさんのコメント、本当にありがたかったです。見ず知らずの私に本当に的確なアドバイスでした。ありがとうございました。頑張らなくっちゃ!!

Commented by lanova at 2005-10-29 14:31
★チェリーさん_いやあ、冷や汗というよりはまさに全身から一気に汗が吹き出る感じでした。何しろ面接官の「何?この人?」って感じの視線にたじたじになってしまいましたよ。「スパニッシュでも面接受けられるけど、その方がよければそうしますよ」って…そういうのって、もっと舞い上がっちゃいますよ!どうして「日本語でも…」っていうのがないんでしょうねえ。まあ、それだけマイノリティだってことなんでしょう。Good Experienceでした。
Commented by lanova at 2005-10-29 14:35
★kayちゃん_口答試験だということなら、必死で勉強しなければいけなかったんですよねえ。カボチャなんか彫ってる場合じゃなかったのに…
次回があるといいけど…
今回の面接でパスするとそれでやっとリストにのるんです。そしてトップから求人のある図書館での面接を受け、双方で良ければ採用になるんだそうです。そのリストの有効期間が1年間なんですけど、それ以降採用枠が空くまでは試験はないんですよ。何しろ、私は申請してから3年近く待ちましたもの。
南部に行ったらもっともっと聞き取りに苦労するだろうなあ…
Commented by lanova at 2005-10-29 14:38
★avocadoさん_血や肉になってくれるといいんですけど(笑)…「終わった、終わった」でホッとするばかりの今週後半でした。ま、ちょこっと息抜きだ~と自分にてんで甘い私です。でもNekoMamaさんへのお返事にも書いたように、次のセメスターからは再びカレッジに通おうかなって思ってます。avocadoさんは日常会話はすっかり英語でOKですか?
Commented by lanova at 2005-10-29 14:42
★わいちゃん_オーストラリアとアメリカの英語は、また少し違うみたいだよね。こちらではあまりPardon?って使わないのよね。たいていExcuse me?って言います。
英語の先生の英語は、本当にきれいな英語だなって最近つくづく思うよ。多民族共存のLAの英語は時々、英語に聞こえないこともあります。かくいう私の英語も英語に聞こえないんだろうなあ…
Commented by lanova at 2005-10-29 14:45
★genovaさん_本当に冷や汗ものでした。でも事前に情報が入っていたらもっとパニックになっていたのかも…読み書きは何とか人並みにできても聞き取りや喋ることができないという典型的な日本人の英語スタイルを実践しているわけです(笑)。
みなさんの励ましをいただいて、精進しなくっちゃと思っています。
Commented by ConnieWest at 2005-10-29 16:23
まだ最後まで分りませんよ。でも、そう言う状態でイロイロをポジティブに考えられるNOVAさん、ステキです。私だったらガーンって落ち込んで暗くなってしまいそう。でもね、母国語でない英語でがんばったんだから、そのプロセスや、実際にトライした事実が立派だと思います。
I'm so proud of you!
Commented by lanova at 2005-10-29 16:34
★Connieちゃん_Thank you for your nice words.本当にいい経験になりました。Connieちゃんのカレッジ通いやsoylistaさんの大学院挑戦などに励まされているんですよ。それにこうしてブログ仲間のみなさんの温かな励ましの言葉がとっても嬉しくって…まさに「運命に負けてちゃつまんないもの」ってヤツですよ(ちょっと大げさだけど…)。
Commented by 一心万宝 at 2005-10-31 00:37 x
英語を聞いてもなぁ、いったん日本語になおしてから考えてるもんなぁ。わしなんか。だから早口で言われたらお手上げ。あは。じつは会話経験なかったりして。わし。+思考でいくのだ、何事も、うん。
Commented by lanova at 2005-10-31 01:17
★一心さん_いや、実は私もまだまだ英語そのままじゃないのよ。一旦日本語に置き換えるし、英語を喋るときもまずは日本語で考えるし…実はこれがいけないんだけどね…
Commented by キャサリン at 2005-11-01 03:00 x
NOVAさんお疲れ様でした。面接って一番難しい試験ですよね。何を質問されるか分からないだけに、あたしは一番苦手です。。^^;
でも、今回の結果は合否通知をもらうまで分からないですから、望みは捨てちゃ駄目ですよ~!!
Commented by lanova at 2005-11-01 13:45
★キャサリンちゃん_いやあ、偉そうにひーさんにあれこれ言ってたんですけどね…人のことは何とでも言えるもんですねえ。まじに学校行き直そうって思ってます。キャサリンちゃんのその後のクラスはいかが?
Commented by k_soulman at 2005-11-15 02:28 x
この話題にコメントするには、遅すぎるかもしれないくらい、最近ご無沙汰しています。
想定外の試験だったわけですね・・・しかし人間ほとんどの人は、想定外の出来事に会うと、戸惑ってしまうものです。

外国の常識が日本で知らないことが一杯あるのでしょうね。

日本には、郷にいれば郷に従えという諺がありますが、ただ郷に従っても日本人としてのアイディンティティとルーツ(文化・誇り)は外国にいって初めて感じられると思います。

日本人らしさを全面に出して、これからも周りの異文化の仲間達とコミュニケーションを取っていって欲しいと思います。
Commented by lanova at 2005-11-15 03:07
★soulmanさん_本当にお久しぶりでした。忘れずにいてくださってありがとうございます。
実はまだこの面接の結果が来ないんですよ。その前に、今度はパートタイムのポジションが空いたという連絡が来たので、性懲りもなく、またチャレンジしようと思っています。
soulmanさんがおっしゃるように、日本を離れて初めて「日本とは」「日本人とは」ということを自分のこととして考えるようになりましたね。
私はアメリカが大好きです。アメリカという国の寛容さが大好きです。それと同時に日本人として生まれたこと、日本人であることをとても誇りに思っています。
by lanova | 2005-10-26 23:32 | Logbook | Trackback | Comments(22)