Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Road trip day 3-Part 3/Wyoming

3日目7月18日(火)、まだお昼前の行程。
この日は目の前に広がる風景があまりにもスケールが大きく、目的地のホテルに着くまでに200枚以上撮影した。
これもデジタルだから可能なことであり、フィルムであればとてもこんな無謀なことはできないだろうな。
でも、その分、シャッターを押すのもぞんざいになっているかもしれないけど…
ここからランチを取ったDubois(デュボア)まではWind River Indian Reservationと呼ばれるインディアン居留区(アメリカ州の先住民族の領有する土地)。
残念ながらティピなどそれらしい光景を目にすることはできなかったけれど、どこかから彼らの歌やドラムの音が聞こえてきそうな気がする。
c0062603_04491492.jpg
c0062603_04493348.jpg
c0062603_04494521.jpg
ワイオミング州は地形的に膨大な風によるエネルギーを創出する。
時として暴風は高速道路を走る大型のトラックをひっくり返すほどだという。
その発電力を有効利用しようと最大240基の風力発電機を建設する計画があるそうだ。
c0062603_04495992.jpg
c0062603_04502927.jpg
c0062603_04504442.jpg
c0062603_04505536.jpg
c0062603_04511044.jpg
c0062603_04512443.jpg
c0062603_04513877.jpg
インディアン居留区に広がる山肌は何十億年かけてえがかれた地層が美しい。
グラデーションを描くように地層によって色が異なる山肌は神秘的でもある。
ここに暮らすネイティブインディアンの人たちはこの山に浮かび上がる色にも意味を見出していたのだろう。
地に、木に、草に、風に、すべての神が宿ると信じるインディアンの信仰と八百万の神を信仰する日本人とはどこかに相通ずるものがあるような気がしてならない。
できればこの居留区で足を留めたかったのだけれど、先を急がないと目的地に到達しないというので先へと進むことにした。
すると突然、この山々の前に新しい家屋が登場する。
おそらく居留区を外れたのだろう。
広大な土地に巨大な家が建つ。
どういう人が住んでいるのだろうか、もちろん法律に沿って建てられているのだろうけど、違和感を覚える。
c0062603_04515857.jpg
c0062603_04521827.jpg
c0062603_04531008.jpg
c0062603_04523294.jpg
c0062603_04524493.jpg
c0062603_04525568.jpg
さて、やっとおひるごはんにありつける。
時間は12時45分、到着したのはデュボア。
ここまで町らしい町はほとんどなかったかのでグッドタイミング。
Cowboy Cafeで食べたランチは夫はCobb Salad、私はCran-Brie Chicken Salad。
これが実に美味しかった。
野菜は新鮮だし、ドレッシングも美味しい。
イエローストーンに向かう人たちがここで食事をすることが多いのだろう。
「これからイエローストーンですか?」と聞かれる。
ここでしっかり腹ごしらえをして、いよいよグランドティトン国立公園に向かう。
c0062603_04532398.jpg


ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/28157864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mihayashi6 at 2017-10-30 13:03
ミネソタからサウスダコタ・・ワイオミンクグまで3日目
写真撮影もたくさん撮影してのドライブ楽しそう。

昔見た映画「シェーンのアランラッド」の格好良さが
思い出されます。
グランドティトン山はイエローストンから見えました。
動画ならもっと迫力があるよ。
私だけの自己満足のYoutubeにはまっています。
世界地図を広げてみました。
ワイオミング州は自然いっぱい・・素晴らしい画像ばかり

 小次郎じじ
Commented by 藤の花 at 2017-10-30 13:53 x
ガンマンが現れそうですね。
Commented by lanova at 2017-10-30 14:46
>小次郎さん
コメントありがとうございます。
往復7日間の旅で撮影枚数は1000枚を超えました。
自分でもそんなに撮ってるなんて思ってもいませんでした。
この後、「シェーン」の舞台も登場しますよ。
いくつか動画も撮りましたので、それも載せますね。
でも、いつになったら完結するかなあ。
お付き合いくださいね。
Commented by lanova at 2017-10-30 14:47
> 藤の花さん
そうですね、ワイオミングは西部劇の舞台になっていることが多くて、特に50年代60年代の西部劇にはよく登場するようです。
Commented by geotech at 2017-10-31 16:55 x
はじめまして。
シニアナビから来ました。
さすがにアメリカ大陸。自然も食事も豪快ですね。
地層が丸裸で、しかも水平に近いですね。
これでは私のような地質屋は不要ですわ。
Commented by lanova at 2017-10-31 21:28
> geotechさん
はじめまして。
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
確かに何もかも豪快ですよ、アメリカは。
良くも悪くもですが…
自然の造形物には目を見張るものがあります。
geotechさんは地質調査をなさっているのでしょうか。
by lanova | 2017-10-29 20:38 | Trip | Trackback | Comments(6)