Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Road trip day 2-Part 3/South Dakota, Wyoming

ロードトリップ2日目の午後、Wall Drug Storeから向かったのは今回の旅の目的地の一つMount Rushmore National Memorial Park(ラシュモア山国立記念公園)。
公園に入る前に山のふもとのKeystoneでランチをすることに。
いかにも観光地らしいレストランが軒を並べる中でバッフェ(食べ放題)好きの夫が選んだレストランは大外れ。
ま、観光地だから仕方がないかと潔く諦めてさっさとすませてラシュモア山に向かうことに。
c0062603_12221016.jpg
山道を登っていくと見えてきた、見えてきた!
古き良き時代の大統領たちの顔。
「大統領」という言葉の意味がこの頃の大統領と今とでは雲泥の差。
もちろん言葉の意味だけじゃないけど…
カーブを曲がって4人の顔が前面に登場するとやはり「わぁ~、すごいなあ!」と自然に嘆息が漏れる。
c0062603_12224076.jpg
c0062603_12225273.jpg
c0062603_12230254.jpg
c0062603_12231303.jpg
c0062603_12232578.jpg
c0062603_12233723.jpg
このラシュモア山の大統領の胸像についての解説はWikipediaに詳しい。

アメリカ政府から委託されたガットスン・ボーグラムが400人の作業員とともに標高1745メートルのラシュモア山の白い花崗岩の露頭に、1927年から1941年10月31日まで14年間をかけて、高さ60フィート (18m) にも及ぶ巨大な胸像を彫った。彫られているのは、アメリカ合衆国建国から150年間の歴史に名を残す4人の大統領(ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルトとエイブラハム・リンカーン)である。ラシュモア山の花崗岩は16億年前にでき、非常に硬質で、彫刻作業は困難を極めたためダイナマイトで砕きながらの作業となった。硬質な岩盤が選ばれた理由は、アメリカの象徴ともいえるこのモニュメントが長期にわたって風化しないようにという配慮からである。

夏休み中だということもあり、子供連れの多くの人でにぎわっていた。
単なる観光地としてだろうか、それとも子どもたちに尊敬すべきアメリカの歴史を築いてきた大統領たちの凛とした姿を見せるためだろうか、子どもたちにに大統領とは尊敬すべき存在して刻み付けられるのだろうか…
4人の胸像を眺めながら、15年前に渡米したときとあまりにも様相を変えてしまったアメリカという国に思いを馳せた。
c0062603_12235073.jpg
ラシュモア山を後にして、再びI-90を西へと車を走らせる。
またしても平坦な風景が前面に大きく広がり、今夜の宿泊地Buffaloまで203マイル(約325㎞)のロングドライブとなる。
c0062603_12240028.jpg
c0062603_12241077.jpg
サウスダコタ州を2日近くかけてほぼ真横に横断し、ワイオミング州に入る。
ワイオミング州に入ってすぐのレストエリアはSundance。
我が家からここまでの距離は644マイル(約1,030㎞)。
結構な距離でもあり、長時間でもあるけれど、時間に縛られない気楽なロードトリップはゆったりした気分になれる。
もっとも運転をすべて夫が引き受けてくれたことが大きいけれど…
c0062603_12252779.jpg
c0062603_12253845.jpg
c0062603_12254874.jpg
c0062603_12255978.jpg
大きく開けた前面に雨雲が見える。
はっきりと雨が降が降っている場所が目視できる。
こういう自然現象を自分の目で見ることができるのは、この広大なアメリカの大地だからこそ。
もしかしたら日本でも北海道だったらこういう光景もあるのかもしれない。
残念ながら北海道には足を踏み入れたことがない。
自然には抗えないなと、天気の移り変わりを目の前にして思う。
c0062603_12261520.jpg
c0062603_12262525.jpg
c0062603_12263567.jpg
この日の宿泊先はZ Bar Motel
こじんまりとしてキャビンタイプのホテル。
Buffaloはとても小さな町なのでレストランの数も多くはない。
そういう所でまず間違いがないのはメキシカンレストラン。
夫はブリトーを、私は2種類のサラダ付きのセビーチェのタコ。
ディープフライのアメリカ料理よりはずっと健康的かな。
食事を終えてキャビンに戻った夫はベッドに倒れ込むようにして寝息を立て始めた。
この日も安全運転で楽しませてくれた。
ありがとね。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/27831183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mihayashi6 at 2017-10-05 17:46

妹がノースダコタ州のファーゴに住んでいるため
3度Farg市へ訪問しました。
平成8年(1996年)の事
イエローストーン国立と公園まで私も運転して
大平原を走りました。
サウスダコタ州は姪が大学生の時代に妹が案内した場所
妹が住んでいる場所の近くなので懐かしくBlog拝見
いつもイイネ!
 ありがとう。
    小次郎じじ

シュモア山の大統領の胸像
Commented by lanova at 2017-10-05 23:08
> 小次郎さん
お久しぶりです!
コメントありがとうございました。
小次郎さんがノースダコタを何度か訪問なさったことを思い出しながら旅をしましたよ。
Fargoも旅行記の終わりに登場します。
最終回まで当分かかりそうですが、この先もどうぞお付き合いください。
Commented by majani at 2017-10-07 05:04
オープンロードの眺め、気持ち良いですねえ~。
ラッシュモアは行ったことないのですが、
なんだか合成写真みたいなシュールな光景ですね(笑)
しかしよくあんな所まで登って、ダイナマイトをぼんぼん爆発させて造ったもんです。
アメリカらしい、大胆なモニュメントですね。
Commented by lanova at 2017-10-07 05:57
> majaniさん
このモニュメント完成後に諸説紛分あって、なぜこの4人なのかとか、なぜこの後の大統領の胸像が掘られなかったかとか、なぜ共和党の大統領だけなのかとか、結局は継続して掘り続ける資金がなかったとか…
一瞬張りぼてに見えるところもアメリカらしいかも…
ちょうどこの日、土産物店では当時の彫り士が著作本のサイン会をやっていました。
Commented by 藤の花 at 2017-10-17 09:39 x
初めまして。これぞUSAと言う雄大な風景ですね。
Commented by lanova at 2017-10-17 10:27
> 藤の花さん
ようこそお越しくださいました。
コメントありがとうございます。
1週間のロードトリップがなかなかアップロードできず、まだ2日目をうろうろしております。
完結編までしばらくかかりそうですが、ぜひ、またお寄りください。
Commented by みのり at 2017-10-20 08:51 x
始めましてみのりです。
ご主人とアメリカ旅行ですか
雄大な景色ですね
山に歴代大統領の顔が掘られて
いるんですね すごいです。
Commented by lanova at 2017-10-20 09:53
> みのりさん
ようこそお越しくださいました。
そしてコメントありがとうございます。
来月にはアメリカを引き上げて日本に戻ります。
最初で最後のロードトリップは1週間かけての移動でした。
まだ2日目でなかなか先に進めませんが、どうぞお付き合いくださいます。
by lanova | 2017-10-03 23:43 | Trip | Trackback | Comments(8)