Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Sep. 12

私が文章を書く上で師と仰ぐ人がいる。
H氏である。
日本で多少なりとも「書く」という仕事に従事していた間、十数年間に亘って指導してもらった。
H氏は物書きのプロではないが、「書き手」と「読み手」の両方のスタンスを
とてもバランスよく保っている人だ。
あるとき、提示された文章が書けなくて、
何度も何度も書き直してはH氏にチェックしてもらった。
あの時はおそらく明け方まで会社のデスクにへばりついて、
書いては捨て、書いては捨てを繰り返していた。
ようやくそれらしき文章になったとき、不覚にも涙がこぼれた。
「書く」ということは、決して普段使っている言葉を文章にするだけのことではないと、
あの時痛感した。
そのときから「書く」向こう側に「読み手」を意識し始めたのだと思う。
いや、だからといってそれで一気に文章が書けるようになったわけではない。
やはり、圧倒的に「書けない」時の方が多かった。
しかし、こうして仕事を離れて、ブログを書くのは、幾分気が楽だ。
そこに不特定多数の「読み手」の存在があったとしても、
「読んでもらわなければならない」という、ある種のプレッシャーはない。
どうやらかのH氏も、ときどきこのブログをのぞいてくれているようだ。
さて、どんな「指導」が入るのだろうか…
できればまだまだ指導し続けてもらいたいと思っている。
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/2694548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lemonodasos at 2005-09-13 15:47
そうですよね。私はいつも何か書きたいと思っていたのですが、なくて、ブログをやっています。知っていることを書いていって、後で補足したり、またわかったことがあったら付け足して行く、こういうのがあっているなぁと思います。
勝手にやりたい!それだけです。決めるのは自分です。何だかたくさんの本を読みました。今度は知っているの記録です。日記は、私の生活は、あんまり面白くないと言うか、まぁ普通なので、つまらないので紹介できませんが・・・。
Commented by 一心万宝 at 2005-09-13 15:58 x
学生時代書くことは嫌いやった。日記なんか書こうと思ったこともなかった。ひょんなことからネットで日記を書き始めたら2年間も続いてる。読んでもらえる嬉しさってあるのかもね
拙い文章にもかかわらず、あはは、自己満足の世界に浸りきってる
でも、ブログを通じていろんな方と知り合える、これは素晴らしいことやった。友達の少ない私にはね。これからもよろしゅうに。お願ぁ~い。
Commented by soylista_y_bonita at 2005-09-13 17:15
文章を書く時って、時々、言葉の限界を感じたりしています。 それは言葉が悪いのではなくて、私が言葉が持っているパワーを引き出す力がないからなんだなぁ、なんてよく思います。 だからこそ、言葉に魅力を感じているのかも。

ところで、いつも後手後手の私ですが、今日TB繋がせて頂きました。 写真が暗くなってしまって・・・ デジカメより普通のカメラの方がまだましに写せる私でした。
Commented by suzutotosi at 2005-09-13 21:51 x
いつもよんでるからね
あなたのファンだからね
Commented by mihayashi6 at 2005-09-13 22:33
今日は15年ぶりの暑さ・・たまりません。父がなくなってから使用していなかったエアコンが故障かと思ったら室外機のフアンに花の蔓が巻き付いて、ファンが回らなかったのが原因でした。
エアコンは室外機が大切とか・・・なにか儲かった気がします。
電気店の新設に感謝・・・今日は妻の○○才の誕生日・・押し花にコメントありがとう。
Commented by lanova at 2005-09-14 00:49
★lemonodasosさん_いや、lemonodasosさんの日常生活はどんなかしらって思いますよ。少なくとも私の知っている人でギリシアで生活している人は一人もいないんで、その普通の暮らしぶりを知りたいなって思います。そのうち紹介してくださいませね。
Commented by lanova at 2005-09-14 00:52
★一心さん_へ~!一心さんはもう2年間もブログ書いてるんですね!私はやっとこさ半年が過ぎましたよ。そういえば一心さんのブログって3つ4つありますものねえ。確かに人と知り合う場面がネット上にも広がってきたというのは、10年前には考えられないことだったのかもしれませんね。当然そこにはある意味のリスクは含んでいますけどね。
Commented by lanova at 2005-09-14 01:00
★soylistaさん_何の、何の!soylistaさんの文章はいつも構成がしっかりしてて、その上機知に富み、きちんと推敲された文章なんだろうなって思いながら読んでいますよ。TBありがとうございました。写真は室内の明かりで写すとどうしても暗くなりますよね。アメリカってほとんど蛍光灯を見かけませんよね。これってどうしてなんでしょう。ブログネタにしましょうかねえ…
Commented by lanova at 2005-09-14 01:04
★suzutoshiさんーあらあ~、お久しぶり!お元気でしたか?いつも遊びに来ていただいているようでありがとうございます。そちらはもうすっかり秋模様になりましたか?
Commented by lanova at 2005-09-14 01:05
★mihayashiさん_奥様のお誕生日おめでとうございます!きれいな押し花に奥様もきっと大感激なさったことと思います。生花はいつしかしおれてしまいますが、mihayashiさん制作の押し花は永遠に美しいままですものね。
Commented by de at 2005-09-14 11:04 x
「書く」を仕事にするってどんな気持ちなんだろ、って思います。自分が書いたものが一旦自分のもとを離れてしまったら、あとは読者の受け取り方に任せるのみ、っていう状態は怖い気もします。その点、ブログはコメントをもらえば説明を加えたり、自分自身で訂正したりもできるので(双方向コミュニケーションの形を取りつつも結局は自分のもとを離れないので)確かに少しだけ気楽かもしれませんね。
Commented by lanova at 2005-09-14 14:32
★deさん_「自分が書いたものが一旦自分のもとを離れてしまったら、あとは読者の受け取り方に任せるのみ、っていう状態は怖い気もします。」その通りです。一度手を離れたものは一人歩きをします。そこに書き手の顔が見えようと見えまいと、受け手はそこから何かを読み取るわけです。そこには「責任」がついて回るんだと思います。たとえ書き手がだれであるか特定できないにしてもね。だからこそとても魅力的でもあるんじゃないかなって思いますね。ブログはある種匿名性を持っているわけで、新しいメディアのスタイルなんでしょうね。
Commented by himawari_August at 2005-09-14 19:33
ワタシのネットを介して知り合った友人がウェブ日記を書いていたんですが
いつしか文章だけが一人歩きしてしまって、本当の自分から遠ざかっていくことに疲れて書くことをやめてしまった人がいます。その彼が読み手を意識しだした時から、読み物として書いてることに気づいたんだって言ってました。匿名性を持つ故にどうとでも書けるけど、でも書く文章の中にはどんなに偽ろうとしてもその人の個性や考え方、スタイルもそれまでの人生も垣間見えると思います。だからこそブログも惹かれるものがあるんでしょうね。
Commented by nadeshiko_garden at 2005-09-14 21:03
私も書くことは好きです。・・・が、「好き」と「上手にかける」のとは全く違います。文章がすらすら書けると、気持ちいいでしょうね。ブログでは
私は優しく、ほっとしてもらえるようなかき方が出来るといいな、と思っています。lanovaさんのブログは、海の向こうからのお便りのように楽しみです。
Commented by lanova at 2005-09-15 00:58
★himawariちゃん_ブログの功罪を言われ始めていますね。実名を出したゆえに職場を解雇になった人とか、訴訟まで発展した人とかいるそうです。アメリカではブログにのめりこんで仕事中にもやっていたためクビになった人もいるそうです。どちらにしてもバランスの問題でしょうね。匿名性といってもある程度素性を知っている人もいるわけですものね。
Commented by lanova at 2005-09-15 01:01
★nadeshikoさん_一昔前には考えられなかったネット交流ですよね。以前は国際電話すら滅多にかけられないものでした。今ではまるで近所にいるかのように電話はできるし、ネットのおかげで即時にメール交換はできるし、距離感がどんどん狭まっています。楽しみにしていただいて嬉しく思います。ありがとうございます。
Commented by susie at 2005-09-15 19:06 x
NOVAさん、横浜から書いています。
こちらにいる間に私はT先生の勉強会に出られそうで、添削してもらうのが楽しみです。前回は、出席できず自分とクラスメートの添削済みの原稿だけ送っていただきましたが、それは皆の声を聞くような感じでした。相変わらず上達はあまりしないけれど、書くのは楽しいです。ブログは1年半になりました。
Commented by lanova at 2005-09-16 01:55
★susieさん_あら~、横浜にお帰りですね。いかがですか?久しぶりの日本は。ご家族のみなさんといい時間を過ごしていらっしゃるのでしょうね。いつごろまで滞在なさるのでしょうか?お勉強にも身が入る季節ですね。日本の秋をしっかり満喫してきてください。
by lanova | 2005-09-12 22:41 | Logbook | Trackback | Comments(18)