Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Getting blooming

c0062603_05284338.jpg
前回アップしたルバーブの蕾、3日後の様子がこれ。
少しだけピンク色がついてはいるけれど、やっぱり花というにはちょっと奇妙な形。

c0062603_05292978.jpgc0062603_05302933.jpgc0062603_05305818.jpg
ルバーブに俄かスポットライトを当ててはいるけれど、我が家の他の花木たちも5月の風の中ですくすくと成長している。
左はビールづくりには欠かせないホップ、今のところJapanese Beetleの被害はないようだ。
中はクレマチス(テッセン)、毎年ほったらかしにしているのに、元気に育ってくれる。
右はアヤメ、これも自力で越冬して花を咲かせるけれど、今年はいくつ花をつけるのだろう。

c0062603_05315876.jpgc0062603_05322904.jpg
お隣のライラックも見ごろだけれど、意外と花の寿命は短く、1週間後には畑の小径が紫色の花びらで敷き詰められた。
バックヤードにある唯一の樹木がこのハナカイドウ(だと思う)。
英語名はHall crabappleで、ミネソタには多種類のCrabappleがあり、日本語では姫リンゴという。
でも、果実が姫リンゴのサイズになるには相当な年月がかかるようで、我が家のは実ができるや否や小鳥たちのごちそうになっている。
年々、花の色が薄くなっているようでちょっと気にかかる。
c0062603_05331383.jpg

c0062603_05334281.jpgc0062603_05342887.jpgc0062603_05345844.jpg
フロントヤード(前庭)にも1本樹木がある。
これは家屋の高さよりもずっと高く、ストームの時などには枝が揺れて屋根や壁を叩くこともある。
この木はWhite Ash(ホワイトアッシュ)で、この辺りではとても多くあちこちで見かける。
5月の前半、若葉が付き始めるころの新緑の時期が一番美しい。

c0062603_05354358.jpgc0062603_05364303.jpg
通りを隔てた前の家にはBridalwreath(シジミバナ)だろうか、白い花が満開になっている。
それにしても英語名のBridalwreathと和名のシジミバナじゃ、ずいぶん印象が異なる。
目を転じてみれば、教会の庭の木々も芝生もすっかり緑色になっている。
一年のうちで一番好きな季節。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/26694449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otenbasenior at 2017-05-28 12:57
Novaさん、

いよいよ植物が一斉に活動し始めましたね。
春の日差しぽかぽかと暖かいでしょうか?
これからしばらくはお花など楽しめますね。
再度の春、エンジョイさせていただきます。
Commented by lanova at 2017-05-29 04:03
> お転婆シニアさん
こんにちは。
こちらにも四季はあるのですが、春と秋はとても短いんですよ。
3週間くらいかなあ。
春になったかと思うと、いきなり日差しも強くなります。
昨日からプールもオープンしました。
街行く人の中にはタンクトップとショートパンツも見かけます。
四季の移ろいを楽しむ日本人の暮らし向きとはちょっと異なります。
世界は広し、ですね!
by lanova | 2017-05-27 16:20 | Garden | Trackback | Comments(2)