Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

The first harvest 2017

c0062603_14272166.jpg
今年の初物、自家菜園のアスパラガス。
この家に引っ越してきた2011年に苗を植え、翌年から収穫し、今年は6度目。
厳しい冬の間、土の中でじっと寒さを堪えて、大きく元気いっぱいのアスパラガスになった。
初収穫のアスパラガスはさっとゆでて甘くて柔らかな素材の美味しさをたっぷり堪能!

c0062603_14274691.jpgc0062603_14275742.jpgc0062603_14280876.jpg
5月になってから俄かに我が家の庭も緑が多くなった。
雑草も決して少なくはないが、それでも固い土から新芽を吹き出ししているものがあっちにもこっちにも。
左は夫が植えたシャロットが芽を出し始めたところ。
中の写真は去年植えた青ネギが越冬して今年も芽を出した。
右はこれも毎年必ず元気に顔を出すチャイブ。

c0062603_14282201.jpgc0062603_14283623.jpg
ここは冬の気温が氷点下30度になることも珍しくない。
外気温はこれほど下がっても土の中は一定の気温が保たれる。
とはいえ、土の中も凍ってはいるけれど…
そんな中で背伸びでもしようとしたのか、ねじれたままに大きくなったアスパラガス。
「いやあ、まいっちゃったな、こんな格好で…」とちょっと照れ笑いをしているのだね、きっと。

c0062603_14284849.jpgc0062603_14290414.jpg
c0062603_14292779.jpg
去年Japanese beetle(マメコガネ)に随分やられたワイン用のブドウもしっかり新芽が出てきた。
今年もJapanese Beetleとの戦いが待っているのだろうか。
Hall crabapple(だと思うけど)も、新葉の先に赤い蕾がつき始めた。
この木は以前の住人が植えていたもので、多分、Hall crabapple(ハナカイドウ)だと思う。
でも、ちょっと花の色が違うような気もする。
大きな枝ぶりが庭のかなりの部分を覆っていたため、夫が剪定したのでダイナミックな花盛りが見られなくなったのはちょっと残念。
ライラックの木はお隣の庭にあるのだけれども、花は全部我が家の庭の方に向かって咲いてくれる。
おかげでこうして春の初め、我が家のバックヤードは鮮やかな紫色で彩られる。

c0062603_14293834.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/26687926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otenbasenior at 2017-05-28 00:38
Novaさん、おはようございます!
アスパラ畑理想です!
一時トライしましたが何が悪かったのか失敗に終わりその後は専門家にお任せです。
土がしっとり濡れていて水やりもいりませんね。
こちらのカラカラ感想と大違いです。
借景が一番!ライラック、好きな花です。
Commented by lanova at 2017-05-28 04:18
> お転婆シニアさん
このアスパラガスベッドは夫がそれはそれは大切にしているもので、毎年冬を越すとコンポストを漉き込んで、土壌を常に豊饒な状態に保っています。
だから雑草を抜いたりすると、ミミズもたくさん出てきますよ。
雨が少ないときは水やりをします。
これも夫の仕事ね。
フロントとバックヤードで2時間近くかけて水やりをします。
あと3回くらいはアスパラガス、収穫できそうです。
by lanova | 2017-05-25 00:58 | Garden | Trackback | Comments(2)