Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Always sweet

c0062603_11545952.jpg

何とも可愛らしい子猫の寝姿。
思わずピンクの鼻先をちょこんとつついてみたくなる。
でも、これは掌の上に乗る小さなベッドとそこに眠る子猫の人形。
あまりにも可愛いので、ダイニングのいつも座るテーブルの上に置いて、朝に昼に晩にと眺めている。
実はこれは日本語を教えているドイツ在住の夫妻から「ちょっと遅くなったけどイースターのプレゼント」と届いたもの。
中には彼らが住んでいる街の手作りのチョコレート、今はアメリカでもすっかり有名になったHariboのグミ、そして彼らが出かけた先のお城のパンフレット。
嬉しいね。
私がアメリカ以外の国にはどこへも行ったことがないのを知っている彼らは、どこかへ旅行すると必ずその地のパンプレットやガイドブックなどを送ってくれる。
しかも日本語版があれば、必ず日本語版を。
オンラインスクールでのレッスンで、クラスルームのモニター越しに会うだけだけど、長くレッスンをしていると近所に住んでいても会わない知人よりはずっと近しく思えてくる。
彼らは私のふるさと松江にも滞在してくれ、大層気に入ったという。
これもまた嬉しいね。
c0062603_11553596.jpgc0062603_11552094.jpg

そしてそれに相前後して、日本からも嬉しいパッケージが届いた。
母は生前、買い物のたびに私の好きなものや、役に立ちそうなものを買いためては、年に数回送ってくれた。
こちらでも手に入るものでも、母の手を通して箱に詰められて海を渡ってやってきた荷物はことさら嬉しい。
でも、母が亡くなってからはそんな荷物も途絶えると思っていたら、大学時代に一番仲の良かったミワコさんから荷物が届くようになった。
実は彼女ともしばらく音信が途絶えていたのだが、母が亡くなった際に再びやりとりが始まった。
「お母さんがまた会わせてくれたのよ」というミワコさんの言葉を思い出すたびに喉の奥がキュキュッとなる。
今回の荷物は大好きなおかきを数種類とのど飴やらシュガーレスキャンディーやら、そして私たちが十代の頃に飽きるほど聴いていた早川義夫と下田逸郎の彼女の選曲によるCD。
嬉しいね、嬉しいね、ドイツからも日本からも「想い」のつまったギフト。
ここにも幸せがあるのだね。
c0062603_11560921.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/26682611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otenbasenior at 2017-05-25 04:57
優しいお友達たちですね。
オンラインスクールならどこにいても教えられるし学べますね。時代の変化、こんなことをいうと年寄りみたいですが本当に変わってきていて便利になりました。
猫さん一瞬あらこの品種は見たことがないわと思ってしまったほど、よくできています。温もりのあるプレゼント嬉しいですね。
Commented by lanova at 2017-05-25 12:36
> お転婆シニアさん
本当にインターネットは世界を大きく変えましたね。
インターネットがなければ、きっと私はアメリカには来ていないと思います。
このニャンコは手触りもすごく柔らかくて、触っているだけで優しい気持ちにさせてくれます。
by lanova | 2017-05-22 22:25 | Logbook | Trackback | Comments(2)