Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Japan trip in winter time 2017

c0062603_09515862.jpg

c0062603_09520876.jpg今年、年明け早々に高校の還暦同窓会が開かれるという情報が入ったのは昨年の夏のことだった。
高校を卒業して42年、おそらくこの先同窓生が一堂に会するチャンスはそうないかもしれない、そう思い、繁忙期、天候不順のリスクがありながらも昨年12月29日のフライトで帰国した。
日本に着いたのは30日。
急ピッチで新年の準備をするも、おせちを作る余裕はなく、友人の料亭「魚一」でおせちを注文し、父と二人で無事に新年を迎えることができた。
分厚い新聞をながめ、実業団駅伝を見て、おせちをつつき、久しぶりに日本ならではののんびりとした元旦を過ごした。
翌日はその還暦同窓会。
卒業生400人余りのうち約150人が出席。
かなり出席率は高い方じゃないかと思う。
しかし…40年の月日を経て会う旧友たちは思わず「はじめまして」とあいさつしそうになるほど、その面影を感じられない人もいた。
それでも話しているうちに「ああ、あの!」と思い出すことも多く、何のしがらみもない、気の置けない同級生たちとの時間は瞬く間に過ぎていき、1次会、2次会、3次会、4次会と参加し、家に戻ったのは12時間後だった。

c0062603_09522117.jpgc0062603_09523191.jpgc0062603_09524345.jpgc0062603_09525205.jpg
今回の帰国は10日後に夫も来日し、これまで出かけたことのない場所に連れて行ったり、人と会う約束もいくつかあり、3週間余りの滞在はあっという間に過ぎていった。
三が日が過ぎて会ったのはこのブログへの訪問がきっかけで知り合ったKさん。
オハイオ州で同業の日本語教師路をしている人だが、何と出身が隣の鳥取県米子市。
同じ時期の帰国で、「お会いしましょう!」ということになった。
思いのほか暖かな日だったので松江城周辺をぶらぶらと歩きながらご案内。
学年も同じということもあり、話せば話すほど芋づる式に知っている人がどんどん登場。
彼女と過ごした丸一日もあっという間に過ぎていった。
写真は小泉八雲もたびたび訪れたという城山稲荷。

c0062603_09530128.jpgc0062603_09531100.jpgc0062603_09531840.jpgc0062603_09532960.jpg
夫がやってきたのは1月10日過ぎで、同じ時にスイスのチューリッヒから生徒もやってきた。
彼は何度か日本へは来ているが、松江は初めてだというので、これもお決まりのコースで案内。
できれば石見銀山へ連れて行ってほしいとのことだったけれど、その日は午後から雪になる予報で予定を変更して島根ワイナリー、出雲大社と案内し、帰りにはフォーゲルパークで過ごした。
翌日は一日中雪だったのにも関わらず、彼は松江城周辺を歩いて回ったそうだ。
雪が降る中、堀川遊覧にも乗船したそうで、「良かったですよ~!」と言っていた。

c0062603_09534019.jpgc0062603_09534754.jpg
その数日後は、夫を足立美術館へと案内した。
その日は朝から冷たい雨が降っていたけれど、観光バスは次から次へとやってくる。
私もここを訪れるのは20年ぶりくらい。
しかも雪の季節は初めてだったので、久しぶりに楽しむことができた。
c0062603_09535966.jpgc0062603_09540522.jpg
滞在中に雪を楽しんでいるうちは良かった。
さあ、明日はアメリカに向けてフライトだという日。
どうやら雪になりそうだという。
それでもまあ、飛行機が飛ばないほどの大雪にはならないだろうと高を括っていたのが大間違い。
朝起きてみると一面真っ白。
40㎝くらいは積もっていただろうか。
朝からバス会社やタクシー会社に電話するも、どこも「今日は動きませんねえ」という。
でも、航空会社に電話すると飛行機は飛ぶかもしれないという。
しかし、空港まで行けないんじゃその飛行機に乗ることもできない。
結局、空港までの足がなく、翌日のフライトに変更。
変更料金が1人28,000円というのは痛かったけど、背に腹は代えられない。
あれやこれやの新年帰国だったけれど、夫も今回の来日を楽しんだようだし、旧知を温めることもできたし、何といっても一人暮らしの父と一緒に新年を迎え、3週間ほどだったけど毎日一緒に晩酌をし、食事をして過ごすことができた。
でも冬場はやっぱり天候のリスクは大きいということがよくわかった帰国でもあった。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/26609999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinia62 at 2017-04-25 10:57
高校の同窓会ですか、良いですね。
私は同窓会の経験がありません。
経験してみたい。
私の場合中学の同窓会ですね。
Commented by lanova at 2017-04-25 11:46
> さむさん
はい、還暦過ぎててもみんなあっという間に高校生に戻れるものなんですね!
恩師もみなさん喜寿を超えた方ばかりで、先生の一人からは「18で恋に溺れ、80で風呂に溺れる。18で偏差値を気にし、80で血糖値を気にする。」という人生訓をいただきましたよ。
Commented by otenbasenior at 2017-04-25 11:48
ご主人も後からいらして一緒に楽しめて良かったですね。
高校卒業以来40年、数えたことがなかったのでアラっと思ったらそうなんですね。それ以上の私です、過ぎ去った年月の長いこと。
ブログで知り合った方と不思議なご縁、つい最近私も故郷の方とブログで出会ってコメントでチャット楽しんでいます。
冬の旅は天候の変化がありますね。
我々は日本からこちらに戻る時、飛行途中でエンジントラブル、アルーシャン諸島の小さな島に一時着陸。寒くて震えていましたが、50人足らずの島人達の温かいおもてなしを受け辛さが半減したことを思い出しました。

無事に帰られ、そしてお父様もご健在の様子で何よりです。
Commented by lanova at 2017-04-25 14:25
> お転婆シニアさん
ブログって往来をしているうちに、何だか以前からの知り合いのような気になりますよね。
特にアメリカで暮らしてからブログを通じて知り合った日本人の方がたくさんいます。
そのうち実際に行き来もするようになって…
でもその人たちもだんだん日本へと帰り始めています。
ここのところ私もどんどん里心が強くなっています。
お転婆シニアさんはCAが終の棲家でしょうか。
Commented by otenbasenior at 2017-05-03 23:10
Novaさん、

4年ほど前から望郷の念が強まり一時は日本へ戻って住みたいと思っていましたが、夏になってあの蒸し暑さや、冬の寒さを考えるとまた足が遠のくのです。
この気候温暖さにすっかり体が馴染んでしまってここを動くのが難しくなってきています。
しがらみもなくのんびり出来る点、そして日本へ戻ってももう外国人扱いになるようで、そこも心配です。
夫は日本を訪ねるのが好きですが住むのはちょっと難しそうで。たまたま沖縄の大学から仕事のオファーが昨日入って、わあ、また日本に一時住めるかと期待したのも束の間、一言NOで終わりました。
老後、って今ですが最近の考えでは片方の生命が途切れたところでこの家を離れるという予定でいます。
運転していてイラつくことが多いベイエリアですが、プラスが多く離れがたいが実情です。
Commented by lanova at 2017-05-04 05:05
> お転婆シニアさん
そうですか、しばらくはそちらが安住の地ということですね。
私ももしCAに住み続けていたら、離れたくないという気持ちを抱いたかもしれません。
でも、このMNの冬はあまりにも厳しいですね。
また、一人で暮らす父のことも気がかりで…
そう遠くない日に生まれ故郷へ帰ることになりそうです。
Commented at 2017-05-05 12:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lanova at 2017-05-06 01:46
>鍵コメさん
ありがとうございます。
そちらにコメントしました。
by lanova | 2017-04-24 00:15 | Trip | Trackback | Comments(8)