Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Food Truck & Music Festival

c0062603_11522888.jpg
イベント続きだった9月、そのイベントの一つが還暦の誕生日だった。
日本人にとって60歳の誕生日は還暦といって、特別な意味を持つことを夫に説明してみるも、そういう慣習のないところでは「誕生日は誕生日」に過ぎないようで、誕生日は不在だった。
その代わり、週末の「Food Truck Festival」に出かけることにした。
これは我々が住んでいる町で初めて行われるイベントで、50台前後のキッチンを備えたトラックが一堂に会し、さまざまな料理を味わい、ビールを飲みながらバンド演奏を楽しむというもの。
入場料もいらないし、晩夏の夕べを過ごすのにはもってこいとばかりに出かけた。
青い空は気持ちいいけれども9月になると空は高く、夕暮れの風は秋の気配を感じさせた。
日本のような厳しい残暑の9月はここにはない。
c0062603_11525119.jpgc0062603_11531250.jpg
c0062603_11532434.jpgc0062603_11534439.jpg
c0062603_11535883.jpgc0062603_11541168.jpg
c0062603_11542286.jpgc0062603_11543368.jpg
c0062603_11544597.jpgc0062603_11545768.jpg
c0062603_11550916.jpgc0062603_11552085.jpg
c0062603_11553183.jpgc0062603_11554438.jpg
c0062603_11555567.jpgc0062603_11560769.jpg
c0062603_11561938.jpgc0062603_11563351.jpg
一通りすべてのトラックをのぞいて、夫はキャットフィッシュ(ナマズ)のフライとコールスロー、私はインドのカレーを。
ものすごくおいしいというわけでもなく、値段も決して安くはないけど、ま、こういう場所での食べ物だからこんなもんでしょ。
こういうイベントに訪れるのは年寄りか小さな子供のいる家族連れがほとんど。
もちろん我々は前者。
バンドもよく心得たもので、演奏されるナンバーは70年代~80年代のディスコナンバーがほとんど。
これが思いのほか楽しめた。
ステージの前では踊っている人もいて、ちょっとそこに行きたい気持ちもないではなかったけど…
決して特別なお祝いの場ではないけれど、こんな風に穏やかに祝えるのは幸せなことだなあと、そう思った夏の終わり、そして、秋の始まりの夕暮れ。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/26195788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otenbasenior at 2016-12-04 02:30
ノバさん、

還暦のお誕生日おめでとうございました。
切れの良い10年ごとが大きなバースデイで、お祝いするのがアメリカの風習だと思っていましたが、どうも違うようですね。50歳でハーフセンチュリーは大きなイベントとして扱うようですが。
野外で音楽を楽しみながらのお祝いも良いものですね。
大勢の方に祝福されているようでしょう?

これから何回もお誕生日を迎えることがありますよう!



Commented by lanova at 2016-12-04 03:38
> お転婆シニアさん
ありがとうございます!
日本の同級生の還暦祝いの様子を見て、「国によって習慣が異なるんだなあ」と改めて思いました。
でもね、タイ出身の生徒さんに話したらタイでも60歳の誕生日は一番特別な誕生日になるんだそうです。
文化と風習の違いはなかなか興味深いものがありますね。
いずれにしても誕生日を迎えられるということ自体、とてもとても幸せなことですね!
by lanova | 2016-12-01 21:00 | Event | Trackback | Comments(2)