Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Summer vacation 2016 No.5

c0062603_05310959.jpg
スモールトリップの終盤は19世紀の後半の牧師一家が住んでいた家。
事務室や訪問客を迎えるための部屋などもあるが、こじんまりとしたサイズの家。
それでも当時としてはかなり珍しい冷蔵庫や子供用の椅子などもあったようだ。
この子供用の椅子は食事の際にはハイチェアになり、低くすると揺り椅子にもなる。
こういうところはアメリカのこの時代がうかがえて楽しい。
今のようにPCもスマホはもちろんテレビもない時代だから、さぞかし家族団らんは楽しい時間だったに違いない。
このころはきっと家族で話をするときもちゃんと目を見ながら話をしたのだろう。
電気もない時代、ベッドに入るまでの時間を惜しむように家族で過ごしたのだろうと思うと羨ましくも思えてくる。
c0062603_05314074.jpgc0062603_05315747.jpgc0062603_05320752.jpg
c0062603_05324700.jpgc0062603_05330287.jpg
c0062603_05332330.jpgc0062603_05333319.jpg
c0062603_05334932.jpg夏の花が咲く庭先を後にして、当時の洋品店をのぞく。
既製服もあったようだが、その多くは女性用の誂え品だったそうで、下着やドレスはもちろん、帽子や手袋、鬘まで作っていたそうだ。
女性がパンツを着用する前、コルセットでぎゅっと腰を絞り、ドレープのあるスカートをはいていた時代だ。
足踏みミシンも懐かしい。
古代から文明は水のあるところに栄えてきた。
今回、訪れたこのThe Landingもミネソタ川の河畔に位置している。
当時の交通機関は川を利用した船がほとんどだった。
そのため毛皮商人を中心としてこの地域に町がつくられていったのだという。
しかし、時代が下がるにつれて輸送機関は船から馬車、やがて鉄道、車へと変遷し、この地域を後にする人々も次第に多くなっていった。
それでもここから臨むミネソタ川は、とうとうと流れている。
時代は変わり、人々の暮らしが変わっても、変わらないものはある。
そんなことを思った今年の小さな夏休みだった。
c0062603_05340229.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/26144018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otenbasenior at 2016-11-14 12:59
Novaさんへ、

やはりミネソタの夏は輝かしい緑でいっぱいですね。
こちらと比べると埃で木々の葉が薄いグレーとは大違い、やはり素晴らしい緑です。

この時代のアメリカに憧れます、まだ会話があった時代でしょうね。
居間で家族が思い思いに本を読んだり、刺繍をしたりピアノを弾いたりとその光景が目に浮かびます。

とうとうと流れる川も素敵ですね。
日本の川のようにコンクリートで固めてある川よりも自然に流れる川にも憧れます。

リンクさせていただいてよろしいでしょうか?
実はこっそりしてしまったつもりでいましたが間違いだったようです。(笑)
Commented by lanova at 2016-11-14 14:20
> otenbaseniorさん
お転婆シニアさん、コメントありがとうございます。
ええ、私もミネソタの緑は透き通った緑だなあと感じています。
それまでいた南部の緑は本当にこってりした(?)緑でしたから…
おっしゃるようにこの時代のアメリカはのどかで穏やかな暮らしがあったのではないでしょうか。
日本で言えば江戸時代のような…
冬の寒さはアメリカの中でも最も厳しいといわれるミネソタですが、だからこそ人々は移り変わる季節を大切にしているのでしょうね。
このザ・ランディングは観光案内にもほとんど載っていないのですが、お気に入りの場所になりました。
リンク、ぜひお願いします。
私はお断りもせずにリンクをいただいておりました!
by lanova | 2016-11-12 14:55 | Trip | Trackback | Comments(2)