Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Como Conservatory

c0062603_05145408.jpg
Como Zooでちょいとお疲れ気味の動物たちを眺めた後はComo Conservatory(温室)へ。
冬はマイナス30℃にもなるここでは植物の越冬には温室は欠かせない。
特に亜熱帯地方の植物にとっては生命線ともいえる。
この巨大な温室の中にはパームツリーなどもあり、渡米して最初に暮らしたロサンゼルスを思い出させる。
温室内の極彩色の花々もロサンゼルスや南部のミシシッピの光景と重なる。
それでも初夏にこの中を歩くのは少々厳しい。
温度も高ければ湿度も高く、全館を見終わったころには汗びっしょり。
c0062603_05150739.jpgc0062603_05151882.jpg
c0062603_05152890.jpgc0062603_05153837.jpg
c0062603_05155528.jpgc0062603_05160593.jpgc0062603_05161787.jpg
c0062603_05162921.jpgc0062603_05164211.jpgc0062603_05165319.jpg
c0062603_05171337.jpgc0062603_05172330.jpgc0062603_05173469.jpg
c0062603_05174775.jpgc0062603_05175922.jpgc0062603_05181020.jpg

c0062603_05302981.jpgc0062603_05303974.jpg
c0062603_05305166.jpgc0062603_05310085.jpg
c0062603_05311047.jpgc0062603_05312442.jpg
c0062603_05313940.jpgc0062603_05315942.jpg
c0062603_05321787.jpgc0062603_05323082.jpg温室をぐるりと巡った後は、さわやかな風に吹かれながら日本庭園へ。
ここはセントポールの姉妹都市である長崎の造園士の技術協力を得ているという。
この日も植栽管理をしている庭師さんを何人か見かけたが、日本人ではなかった。
でも、剪定などの様子はすっかり日本庭園になじんでいて、思わず「暑い中、ご苦労様です」と日本語で声をかけそうになる。
のんびりと歩いていると、気持ちが静かになっていく。
緑が一番美しい季節、贅沢なひと時を過ごすことができた。
c0062603_05324074.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/25713230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lanova | 2016-06-17 21:35 | Trip | Trackback | Comments(0)