Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Japan Trip 2016 No.9

c0062603_09454859.jpg

今から40年位前のこと、携帯電話もコンピューターも庶民の生活とは程遠いところで存在していた時代。
スマホの画面が友だちではなく、生身の人間が友達だった時代。
そんな頃、東京の街にはあちらこちらにDJ喫茶なるものがあり、その中の一つ、新宿西口にあった「ミカド」でDJをしていたことがある。
そこに毎日のように予備校生が数人で通ってきていた。
足繁く通ってくれるうちに、顔を覚え、名前を覚え、話をするようになった。
それから40年…
DJネエサンはすっかりおばさんになり、予備校生もすっかりおじさんになった。
そのメンバーのうちの一人が「大阪より西には行ったことがないから、いい機会だから訪ねていくよ!」と連絡をくれた。
日本滞在も残り数日となった時に、彼は静岡から車を飛ばしてやってきてくれた。
そして一緒に出かけた先が「水木しげるロード」。
ベタ踏み坂(江島大橋)を渡り、境港市へ。
岸壁には海上保安庁の船も停泊している。
平日ということもあり、人出もさほど多くなく、ゆったりと見て歩くことができた。
それでもねずみ男の登場には大感激。
もちろんツーショット撮りまくり!
c0062603_21300337.jpgc0062603_09462220.jpg
c0062603_09464814.jpgc0062603_09465728.jpg
c0062603_09470994.jpgc0062603_09472088.jpg
c0062603_09473002.jpgc0062603_09474766.jpg
c0062603_09480010.jpgc0062603_09481538.jpg
c0062603_09484057.jpgc0062603_09482746.jpg
c0062603_09485794.jpgc0062603_09490818.jpgc0062603_09492490.jpg
c0062603_09493575.jpgc0062603_09494308.jpgc0062603_09495532.jpg
c0062603_09500711.jpgここは楽しかった!
水木ロードが出来上がった頃に訪れたことがあったが、こんなにたくさんのオブジェがそろい、水木しげるロードとして活気を呈してから訪れるのは初めて。
30分もあれば全部見られるかなと思ったのだが、なんのなんの、優に2時間はかかった。
オブジェも見事だったが、昭和のたたずまいを残した店舗も残されていて、思わず足を止める。
散髪屋、下駄屋、駄菓子屋…
この水木ロードの中だからこそ、存在できるのかもしれない。
同様の多くの店が姿を消したのは、そこが水木ロードのように古き良き時代を許容する場ではなかったから…
ここに来る人たちは水木しげるの世界を楽しむだけじゃないんだろうな。
「ゲゲゲの鬼太郎」に夢中になった頃の自分自身に会いに来るんだろうな。
楽しかった、本当に…

c0062603_09503251.jpgc0062603_09505839.jpg
c0062603_09514721.jpgc0062603_09513958.jpg
c0062603_09511646.jpgc0062603_09512912.jpg
*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/25608655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinia62 at 2016-05-16 02:24
面白そうな通りですね。行ってみたいです。もっと検索してみよう。
Commented by lanova at 2016-05-16 04:52
> shinia62さん
さむさん、ここは本当に面白かったです。
ウェブページはこちらです。
http://www.sakaiminato.net/site2/page/guide/point/miru/mizuki/mizuki/
ぜひぜひ、次回の日本旅行では足を伸ばしてください。
JRパスで「サンライズ出雲」寝台特急の旅もいいかも…
http://www.toretabi.jp/travel/shindai_vol01/01.html
Commented by 寅吉 at 2016-05-17 00:01 x
30数年前、この町の中学校でサンキュー先生をしていた時には「キタローロード」はありませんでした。7年前に一度友達と行きましたが、冬だったからなのか、観光客が少なかったからなのか、妖怪オブジェが並ぶ通りの「スカスカ感」がすごくて、大丈夫かなと思いましたが、あれから進化したのかな。今度は夏に行ってみたいと思います。
米子駅から境港駅を走る境線の(一両または2両編成の)列車にはキタローや猫娘や色々なキャラクターが車体に描いてあって、見るのも乗るのも楽しいですよ。乗車時間は各駅停車で約30分ぐらいだったと思います。
Commented by lanova at 2016-05-17 11:43
> 寅吉さん
私も水木ロードができた当初に行ったきりだったので、立派な観光地になっているのには驚きました。
でも、実際に歩いてみて楽しかったのも事実です。
どうやら確実に進化しているようですよ。
いつか一緒に行ってみたいですね。
「あの頃」の話がいっぱい飛び出すかも…
「チロリン村とくるみの木」だの「ひょっこりひょうたん島」だの「ものしり博士」だの…
by lanova | 2016-05-14 21:00 | Trip | Trackback | Comments(4)