Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Japan Trip 2016 No.4

c0062603_23122729.jpg
春うららかな4月半ばの日曜日、高校時代の同級生たちとお昼を楽しもうということになった。
同級生の一人は大阪から、もう一人は認知症のお母さんを抱えている。
そこで大阪の友人も楽しめて、認知症のお母さんも一緒に楽しめるところということで大根島の牡丹庭園「由志園」で食事をし、牡丹見物をすることになった。
以前は小さな島の牡丹園だったここも、今では団体観光客を受け入れる山陰屈指の観光施設になり、この日も大勢の人でにぎわっていた。
c0062603_23125996.jpgc0062603_23130913.jpg
c0062603_23132470.jpgc0062603_23133749.jpg
帰国すると間違いなく体重が増える。
こんなに美味しいものを食べていては申し訳ないと思うほど、日本の食事は豊かだ。
見た目にも美しく、素材を生かした味付けの料理の数々は、食べ飽きることがない。
ゆっくりおしゃべりをしながらの食事は殊更美味しさを増す。
c0062603_23141405.jpgc0062603_23142924.jpg
c0062603_23144288.jpgc0062603_23145772.jpg
c0062603_23151012.jpgc0062603_23153318.jpg
美味しい食事の後は様々に趣向を凝らした庭園内を散策。
牡丹の時期にはまだ少し早く、屋外のぼたんはそろそろ咲き始めるといったところだったが、よく手入れされた庭園は歩くだけでも気持ちがいい。
大根島の牡丹苗の生産は日本一。
最近、アメリカでは牡丹はPeonyとして大人気で、Peony Gardenもできている。
そんなアメリカへの輸出も盛んだ。
妖艶なまでの大輪の牡丹はうっとりするほど美しい。
さまざまな品種改良が成されているそうで、この日も牡丹コンテストなるものが行われていた。
四季に応じた楽しみ方ができるのが、日本庭園の素晴らしさ。
訪れる人を日常からふと解き放ってくれる。
今年還暦を迎える同級生には、この年代ならではのそれぞれが抱える悩みや問題がある。
それでもこうしてこの空間をともに楽しめるのは、なんと幸せなことではないだろうか。
箸が転がっても可笑しくて笑い転げた高校時代。
その頃のようなあっけらかんとした笑顔もいい。
でも、時を経て、同級生たちの穏やかな笑顔を見て、懐かしさよりも温もりを覚えた。
ふるさとがまた一歩、近づいてきた。
c0062603_23155271.jpgc0062603_23160389.jpg
c0062603_23161574.jpgc0062603_23162513.jpg
c0062603_23163848.jpgc0062603_23165270.jpg
c0062603_23170066.jpgc0062603_23171377.jpg
c0062603_23172848.jpgc0062603_23193084.jpg
c0062603_23174293.jpgc0062603_23175256.jpgc0062603_23180188.jpg
c0062603_23182190.jpgc0062603_23182937.jpgc0062603_23183973.jpg
c0062603_23185065.jpgc0062603_23190029.jpg
c0062603_23191082.jpgc0062603_23192085.jpg
*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/25560395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lanova | 2016-04-29 16:05 | Trip | Trackback | Comments(0)