Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Aug. 16

今日は年に1度の婦人科検診に出かけてきた。
昨年と同じドクターのところで、私のことも覚えてくれていた。
「1年に1度しか行かないのに記憶力がいいんですね」と言うと、
去年、夫も付き添ってくれてたので印象に残っていたのだそうだ。
婦人科の検診に夫同伴で行く女性は少ないのかもしれない。
最近では病院の仕組みもようやくわかって、どこでも行けるようになったが、
当初は戸惑うばかりだった。
アメリカと日本では、様々なことでシステムや制度が異なっているが、
中でも最も大きな違いが健康保険制度だろう。
日本では会社員になれば社会保険に自動的に加入するし、自営業でも国保加入で、
国民のほとんどは健康保険に加入する。
ところがアメリカは違う。
まず健康保険は任意なので、当然入らない人もいれば、
さまざまな保険会社が保険化入社確保にしのぎを削る。
まさに車の保険と同じような仕組みなのである。
保険料の掛け金によって、受けられるサービスも当然異なる。
そしてそれぞれの保険の種類によって、医者に見てもらうごとに毎回、
決まった金額を支払う。
たとえば今回のように婦人科検診でマンモグラフィを含むすべての検査をしてもらっても、
傷跡のガーゼ交換をしてもらいに行っても、
我が家の場合は1回につき一律$25.00を支払う。
また、この健康保険は通常の病気や怪我に関してのもので、
歯科に関しては別の保険、視力に関しても別の保険が適用される。
そう、アメリカは保険代が異常に高い国なのだ。
しかし、だからといって加入していないと目の玉が飛び出るほどの医療費を請求される。
まさに本当の意味で「保険」なのである。
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/2516164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daidai_LA at 2005-08-17 16:16
病院、保険の制度については本当に悩まされます…。日本の健康保険は
良かったな…。
保険に入らないなどという危険な賭けは出来ないので入ってはいますが、イマイチ良く分かっていないかも(汗)。大切なことですし、そんなこと言ってちゃいけないんですけどね。
lanovaさんは日系の婦人科へ行かれていますか?旦那様が付き添って下さるなんて、なんて優しいのでしょう…。羨ましい限りです。
Commented by nadeshiko_garden at 2005-08-17 18:10
保険の制度が、根本的に違うのですね。選択肢も多いのでしょうが、しっかり考えないといけないから、真剣に考えるのではないでしょうか?ぬるま湯に使っている日本の制度より、自立?出来そうです(^^)
Commented by himawari_August at 2005-08-18 00:10
ドラマの「ER」をずっと観ているのですが
保険のことがよく出てきて日本とは制度が全く違うものなのだと
なんとなく思ってましたが、日本の生命保険のようなものなのですね。
自己負担は一律3割になりましたが、子供の医療費が就学前までは負担ゼロだったりする自治体が増えてきているのですが、
それは恵まれすぎているほどなのですね。
でも毎月払っている額もばかにならないんですけどね。
今はボーナスの一割も健康保険に払うようになったんですよ。
Commented by lanova at 2005-08-18 01:15
★daidaiさん_私たちのホームドクターは中国人の先生ですが、日本自治医科大の先生だった人で、日本語がペラペラなんですよ。とてもいい先生です。他の先生に診てもらうときは、この先生からの紹介状と保険会社からのAuthorization Letterで行きます。婦人科の先生は以前は大先生で日本語も話せたらしいんですが、今は若先生(息子さん)になって日本語は話せません。やはり中国人の先生です。
Commented by lanova at 2005-08-18 01:18
★nadeshikoさん_そうですね、各社の保険を検討してどこに加入するか、どの程度のレベルのものにするかを決めますが、肝心なのが保険料です。もちろんあらゆることをカバーしてくれる保険料の高額なことったら!保険料や医療費で破産する人だって大勢いるのが現実です。
Commented by lanova at 2005-08-18 01:25
★himawariちゃん_こちらも保険代はかなり高額です。月$800.00くらいが平均だとも聞きました。でも、保険に入ってないと、いざ入院なんてことになったら大変です。ERに入院すると1日$5000,00(約50万円)!救急車だって全部費用が要るんですよ。走った距離、サイレンを鳴らすかどうかでも料金が違ってきます。アメリカで暮らすってことは、元気でいるってことなのよねえ~。
Commented by susie at 2005-08-18 09:49 x
NOVAさん、ふつうに医者にかかるにはまずホームドクターを見つけなくてはいけないんですよね。私は去年の検診(夫の会社の提携病院でする)で血圧が高いから医者にかかるように言われたのに、特に症状がないし、ホームドクターの探し方がわからないので、まだ医者にかかっていません。元気でいるってことになるのかな~?どうやって良いホームドクターを見つければいいんでしょうか?
Commented by lanova at 2005-08-18 12:07
★susieさん_最初に保険会社からその保険が適用になるドクターのリストをもらったでしょ?私たちはそれでまず家の近所で日本語の話せるドクターを探しました。何しろ渡米直後は英語も覚束ないし、ましてや身体に関することなんでどうしても日本語が必要だったんです。でも、この先生は本当にいい先生で、前に私の就職決定の記事のときにも登場しましたが、家族の様子をよくわかってくださってるんでとっても信頼しています。susieさんの場合、日系のコミュニティで情報収集もできるんじゃないかしら?早めのドクターチェックをお忘れなく!
by lanova | 2005-08-16 21:51 | Logbook | Trackback | Comments(8)