Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Arcata/Eureka Airport

c0062603_8583864.jpg


もう10日も前の話になってしまう。
日本の写真家、古川誠氏の個展を見にEurekaに夫と出かけたのは8月5日。
Eurekaに行く場合、多くはロサンゼルス空港からサンフランシスコ経由で、
Arcata/Eureka空港着というのが通常のコース。
しかしノリちゃんから、アラスカ航空はロサンゼルスからの直行便があるという情報を得、
私たちはアラスカ航空の「直行便」で行くことにした。
ロサンゼルス空港で登場口から飛行機に向かうと、
目の間にCouchという型の小さな飛行機が待機している。
きっとArcata/Eurekaは、小さな空港だからこの程度の飛行機で充分なんだろう。
当然飛行機にはタラップを上って搭乗。
いつも乗るようなジェット機とは違って高度も低く、下界の様子がしっかり眺められる。
ドメスティックにしては珍しく、アルコール類もフリーでサービスだ。
すると機内放送で、Reddingに一度下りると言う。
ん?何かトラブルかと思い、夫に尋ねると、そうではなくて何と「途中下車」だと言う。
へ~、飛行機でも途中下車があるのかと思いながらもRedding到着。
何人かの乗客が下り、何人かの乗客が乗ってくる。
それでもまだ飛行機は飛び立たない。
そのうちにフライトアテンダントから「今空席を数えたら4つあるんで、もう少し待っててね」
という放送がある。
しばらくしてラティーノのアテンダントのお姉さんは
「まだ2つ席が残ってるの。もうちょっと待っててね!」とにこやかにおっしゃる。
待つこと30分。
ようやく満席になった飛行機は今度こそArcata/Eurekaに向けて飛び立った。
機内放送で、Arcata/Eurekaの後は、Portlandにも止まり、
最終地はSeattleだと言う。
いやあ、これまで何度も飛行機には乗ってきたが、
目的地に行くまでに飛行機を乗り換えることはあっても、
バス停みたいに飛行機がいくつもの空港に止まり、乗客を乗せたり下ろしたりするのは、
初めてのことだった。
まさに「途中下車」ありの航空便だ。
確かに乗り換えなくてもいいから「直行便」なんだけど…
そういうわけで予定より1時間遅れで
北カリフォルニアの小さな飛行場、Arcata/Eureka空港に到着。
ここでタラップを降りて、振り向けばこの飛行機に乗り込む人たちが
タラップに向かっていた。

"After The Gold Rush" Neil Young

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/2509272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maltsmam at 2005-08-16 16:47
ははは。エアバスですねえ。
私たちの感覚で言う「直行便」とはちょっと違うけど(笑)。
ちょっと空いているから待っててね。というのも、
定時性に命をかける日本の旅客各社とは大違い。
というか、それを求めるのは私たちかあ……。
先般のJRの事故のとき、3分の列車の遅れを取り戻そうとしたことに、
イギリスのメディアはびっくりしていたとあったなあ。
待てない自分を反省。
Commented by nadeshiko_garden at 2005-08-16 17:14
ああ、でもこういうの、いいですねえ。人間のことだもの、人間らしいほうがいいなあ。何となく想像できてほほえましいです。・・・といっても、こんな考え方が出来るようになったのは、最近です。現役のころだったら、いらいらしていたことでしょう。勝手な私です・・・
Commented by ConnieWest at 2005-08-16 20:11
へぇ~、へぇ~、へぇ~!おもしろーい!途中下車の直行便ってありなんですね。そっかぁ~NOVAさんたち飛行機で行ったんですね。すっかり車でお出かけしたんだと思ってました(それは自分達ですね)。だから滞在が短かったんですね~。

"ちょっと空いているから待っててね"ってのは、チェックインした乗客が乗り込んでこないからなのか、それとも、ただ誰かが乗り込んでくるまで単純に待っていただけなのか分りませんが、なんかおもしろそうですね。新幹線に乗ったら"この電車は定刻で到着いたします"ってアナウンスがあって、たいしたもんだと思いましたよ~。
Commented by genova1991 at 2005-08-17 02:35
何だかほのぼのとしていて、いいですねぇ~・・。
「ちょっと待っててね」って~・・。いいなぁ~。

大昔フロリダからパームビーチまでセスナに乗ったことがあります。小さいヒコーキなので、「体重は?」なんて聞かれてすごくイヤでした。Novaさん、体重は?って、聞かれませんでしたか?
地上の景色もよく見えましたが、碁盤の目の道路だけで退屈でした。
どうせ見えるなら、山あり河ありの景色がいいですよね。
Commented by lanova at 2005-08-17 06:31
★maltsさん_そうなのよ!「もうちょっと待っててね」って言われて、誰一人怒ったり文句を言う人はいなかったのよ。航空会社も寛容なら乗客も寛容なんでしょうね。そういえば前回帰国したときに、羽田空港で出発時間ギリギリに飛び込んできたおじさんが、搭乗手続きは終わりましたって冷たく言い放されて、「まだ出発時間まで時間があるじゃないか!走っていくから乗せておくれ!」って泣きついていましたが、それでも「NO!」と言われてましたねえ。
Commented by lanova at 2005-08-17 06:36
★nadeshikoさん_人ってそのときの自分の状況で随分捉え方が違うんですよね。たとえば一刻を争うような状況に家族がいて、その家族に会うためにこの飛行機に乗ってたらどうでしょう…自分以外の人の操縦で移動する場合と自分の運転で移動する場合でも違うでしょうしね。いつでも忘れないでいたいのは、「人間はパーフェクトではない」ということでしょうか。
Commented by lanova at 2005-08-17 06:44
★Connieちゃん_そうなの。何しろ700マイルも離れてるんで車で行けばノンストップで15時間、丸2日は移動に要してしまうので、飛行機で行きました。クマちゃんもこういうのには滅多に乗らないみたいです。空港も空港というより飛行場と呼んだ方がふさわしいくらいの可愛らしいものでした。日本はすべてにOn Timeだものね。こちらで暮らしてから「時間」の概念が随分変わったわよ。
Commented by lanova at 2005-08-17 07:02
★genovaさん_そうですね、セスナはバランスを取るために体重はとても重要な情報のようです。そういうときに見栄を張ると、後でとんでもない目に遭いますよ(笑)。私たちの路線は南から北に向かってカリフォルニアを北上していったので、眼下の景色はとても素晴らしいものでした。マイケル・ジャクソンの豪邸「ネバーランド」も見えたようですが、私は見逃してしまいました。残念…
Commented by maltsmam at 2005-08-17 08:05
なんでも日本の航空各社は【定時性】が一つの指標としてあり、時刻表の5分以内に離発着できるかどうかが、大切なんですって。
で、日本虚空右派ココのところずっと全日空に負けて?いるので上層部から改善せよと指示が来る……。結果、整備時間などにしわ寄せが来る……。相次ぐ事故やトラブルでそもろもろ見直しを入れているそうな……。
つい先日、日航機墜落から20年だったので、そんな番組もありました。
Commented by lanova at 2005-08-17 08:22
★maltsさん_JALの整備不良は目に余るものがあるよね。うちは日本との往復はずっとJALだったんだけど、やはりこうも事故が続くと不信感を抱いてしまいます。確かに日本に限らず航空会社における「時間厳守」は最低必要条件のようです。でも充分条件ではなく、最も優先されるものが「安全」なんだと言われています。そこなんだと思うな。
Commented by m_seattle at 2005-08-17 09:50 x
途中下車ありの飛行機なんて初めて聞きました。へぇー。
アメリカらしくて楽しそうですね。
でもイラチな国、日本では成り立たないサービスかな?
Commented by lanova at 2005-08-17 13:30
★マキコさん_これにそのまま乗って行けばSeattleまで行けたよね(笑)。こんな便があるかと思うと、Seattle経由Eureka行きなんてとんでもない便もあるんだものね。フランスなどでは乗り物は時間通りでないのは当たり前。でもそれなりに料金を払うのは、旅そのものを乗り物の中で楽しむことができるからなんだって。このあたりに文化の違い、考え方の違いがあるようね。日本人はまずは「到着」という結果第一で、その途中を楽しもうとはあまり考えないものね。
by lanova | 2005-08-15 21:48 | Trip | Trackback | Comments(12)