Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Grand Canyon 2

日米合同ファミリーグループは、夫の母のライフメンバーカードに気をよくして、
翌日もGrand Canyonへと向かうことにしたが、
少々疲れの出ている母はホテルで休むことになった。
母一人を残していくのは心配だったので、息子が母と一緒に残ることになった。
ホテルで朝食を摂り、清々しい空気の中、いざ朝のGrand Canyonへ!


c0062603_12292655.jpgc0062603_1226340.jpg
c0062603_12261631.jpgc0062603_12262833.jpg
c0062603_1228674.jpgc0062603_12281977.jpg
Grand Canyonの朝の風景は、夕方とはまったく異なる。
何億年もの年月が築いた地層の壁は鮮やかな線形模様を描いている。
人間の力では到底及ばない自然の芸術がここにはあった。
朝日の中で谷底の緑も実に鮮やかだ。
その谷底に流れる川は非常に澄み切って美しいという。
かつてはそこで暮らしていた人たちもいた。
父は遥か向こうに見える壁の向こう側がどうなっているのかが、
とても気になっていたようだ。


c0062603_12271665.jpgc0062603_12293837.jpg
朝の清々しい空気を思いっきり吸い込んで、再びホテルに戻り、
母と息子をピックアップして世界最大といわれる映画スクリーンのIMAX Theaterへ。
6階建てのビルの高さに匹敵する巨大スクリーンに映し出されるGrand Canyonは
迫力満点。
"Grand Canyon-The Hidden Secrets"という映画が上映されており、
あらゆる映像技術を駆使して撮影されており、谷底の川面すれすれに
機上撮影した場面では、まさにその飛行機に乗っているような気分になる。
実際には見ることができなかったGrand Canyonの深淵部も見ることができて、
満足の40分間だった。
そのIMAX Theaterの隣にはクラシックな消防車が止まっていた。
黄色のFire Engineは珍しかったので、記念撮影をし、
日米合同ファミリーグループを乗せたバンはLas Vegasへと向かった。

"Birds" Neil Young

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/2423069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まき at 2005-08-03 15:50 x
壮大かつ古代ロマンのグランドキャニオン!! 写真を拡大してスケールの大きさに驚き!!!!!  地層のグラデーションや虹・夕焼けの写真凄い!!  興奮絶頂で~す ( ̄・・ ̄)=3   実際に見てみたぁーーい♪
Commented by lanova at 2005-08-03 16:28
★まきちゃん_楽しんでいただけましたでしょうか(笑)?チャンスがあればぜひ訪れて自分の目で身体で感じてくださいね!
Commented by genova1991 at 2005-08-03 20:42
さすが、素晴らしい雄大な景色ですね!!
みんなして見物に行く理由がよくわかります。
やはりアメリカは大きい広~い・・・・・・・・・・・。
Commented by lanova at 2005-08-03 23:16
★genovaさん_年間500万人の観光客が訪れるんだそうです。ここに立つとスケールの大きさに人間のちっぽけさを思い知らされますよ。IMAX Theaterのサイトで少しだけ映画を見ることができますよ。
Commented by flyingshack at 2005-08-06 03:04
アメリカ人って消防自動車、大好きですよね~。でも日本人のわたしも、あれば必ず写真撮ってます。黄色は珍しいですね。黒いのは見たことあります。ジャックダニエルの工場の消防自動車だけど。
Commented by lanova at 2005-08-09 15:43
★Washyさん_実はこのFire Engineには人物も一緒に撮影したんです。もちろんこれを見つけた将来のFirefighterボクちゃん!黄色の救急車は時々見かけるけどね。消防車や救急車が場所によっていろいろ違うってのもおもしろいよね。そういえばPoliceの制服もみんな違うんだよね。
by lanova | 2005-08-02 23:00 | Trip | Trackback | Comments(6)