Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Grand Canyon 1

LAを早朝に出発した日米合同ファミリーグループは、
10時間後無事にGrand Canyonに到着した。
ここは国立公園なので、入場料を払わなくてはならない。
私たちが到着したのは、夕陽前とあって、ゲートには車が長蛇の列をなしていた。
やっと私たちの順番になったら、係員から「何人乗ってるの?」「どういう関係?」などと
まるで入国審査のように細かく質問される。
国立公園だからかなあと思ったりもしたのだが、どうも様子が違う。
夫が家族だというと「じゃあ、家族だと証明できる何人かのIDを見せて」と来る。
そこで夫と同じ姓の彼の母と妹、そして私の運転免許証を見せる。
次の質問が「60歳以上は何人?」。
実はこのグループ8人のうち半数が60歳以上なのである。
えっ、国立公園の入場ってこんなにシビアなの?
と思っていたら、何と60歳以上の人には$10.00で全米中の国立公園に
いつでも入園できるライフメンバーのカードを発行してくれるというのだ。
そしてこのライフメンバーと一緒なら全員、無料で入園できるんだそうだ。
そんなすごいカードを発行してもらえるなら、少々時間がかかっても構わないと、
車中のメンバーが思ったのは言うまでもない。
60歳になったら、このライフメンバーカードは絶対にゲットすべし。


c0062603_11214046.jpgc0062603_11231642.jpg
c0062603_11232711.jpgc0062603_11221328.jpg
c0062603_11222593.jpgc0062603_1124353.jpg
c0062603_11225125.jpgc0062603_1123465.jpg
c0062603_11244185.jpgc0062603_11245362.jpg
c0062603_1123401.jpgc0062603_11235120.jpg
Grand Canyonの壮大なスケールに感動したアルバカーキのsoylistaさんや、
リトルロックのキャサリンさん同様、我々一行もそのスケールに圧倒された。
この岩層には比較的新しい層からかなり古い層まであり、
ほとんどの地域では2億6千年前に堆積したカイバブ石灰岩が一番上の層を形成。
層の最も下に見える最古の岩は、片麻岩と片岩で18億年前のものだという。
あまりにもはるか昔のことで、想像の域をとうに超えている。
ここのビジターセンターでは、各国語のガイドを無料で配布しており、
もちろん日本語ガイドをしっかり手に入れた。


c0062603_1130826.jpg

c0062603_1128316.jpgc0062603_11285591.jpg
そして極めつけは、この峡谷から大空に架かった虹の橋。
あちこちで歓声が上がる。
虹が見えたのはそんなに長い時間ではなかったが、しっかりカメラに収めることができた。
これほどの雄大な自然の中で、これまた形容のしようがない自然現象を見せられると、
人は言葉を失う。


c0062603_11343255.jpgc0062603_11331786.jpg
c0062603_11345134.jpgc0062603_1135348.jpg
その後、西に沈む夕陽に映えるGrand Canyonの美しく変化する壁を堪能し、
手に入れた夫の母のライフメンバーカードで翌朝のGrand Canyonを楽しむことにして、
ホテルへと向かった。

"Indian Summer" Poco

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/2415736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by soylista_y_bonita at 2005-08-02 15:07
おぉ~! すんばらすぃ~! 虹が見れたなんて本当にラッキーでしたね! それに写真がとてもよく撮れてる! お天気も良かったようで本当にいい旅行になりましたね。 あー、私もまた行きたい!!!
Commented by flyingshack at 2005-08-02 15:40
ほんと、特に虹の写真はばっちりですね。ワンチャンスなのに構図もすばらしい。(←わたし、何者? すんません) ところで60才以上カードってアメリカ人だけ対象ですか? うちの親と行ったときは何にも言われなかったけど…
Commented by lemonodasos at 2005-08-02 17:57
グランドキャニオンとはあの巨大渓谷ですなぁ。ダイナミックな景色を見たら良い気持ちになってしまいそう。グランドキャニオンには自然ののなかに気が飛んでいるのかもしれません。体に良さそう!
Commented by lanova at 2005-08-02 23:02
★soylistaさん_やはり立ち入り禁止の場所に入る人は必ずいるようで、私もしっかり写真撮ってきました。「もし母さんが落ちたら助けに行く?」とボクちゃんがクマちゃんに聞いたところ、「もちろん助けには行くだろうけど、谷底に到着する前に動物たちに食べられてるだろうなあ…」と恐ろしいことを言ってました。次はヨセミテに行きたいなあ。
Commented by lanova at 2005-08-02 23:23
★Washyさん_うん、残念ながらライフメンバーカードはアメリカ在住者のみのようです。まあ、クマちゃんママがメンバーでも、私たちはいつも一緒に行動できるわけではないので、自ら取得できる日を待つしかないですねえ。でもCAには国立公園多いからなあ…
Commented by lanova at 2005-08-02 23:29
★lemnodasosさん_いやあ、本当にスケールの壮大さには圧倒されますよ。アメリカという国は歴史の浅い国ですが、アメリカ大陸はその広大な大地にはかり知れないほどの歴史をもっているんですよね。もっともっといろいろなところに出かけてみたいですね。
Commented by キャサリン at 2005-08-03 02:15 x
素晴らしい!!!NOVAさんの写真の撮り方は、本当に上手ですね!
私は、一番右上の写真が好きです。虹がかかった写真は言うまでもなく、綺麗です。
いつ最近行ったばかりなのに、NOVAさんの写真を見て、また行きたくなりました(笑)
Commented by lanova at 2005-08-03 07:07
★キャサリンちゃん_どうもありがとう!写真は拡大してみていただけたでしょうか?こんな風にガンガン写真をアップしてたら容量が急激に減ってしまいました(笑)。Grand Canyonに立っていると峡谷の底から何億年も前の遥かな声が聞こえてきそうだよね。
by lanova | 2005-08-01 22:14 | Trip | Trackback | Comments(8)