Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

On The Way To Grand Canyon

息子の卒業パーティの翌日、6月25日早朝、日米合同ファミリーグループ8名は、
14名乗りの大型バンに乗って一路Grand Canyonを目指した。
しかし、今回は大型バンをレンタルしたこともあってドライバーは夫一人なので、
途中何度かトイレ及び「一服」のための休憩を取りながら
夕陽までにはGrand Canyonに到着しようということでLAを出発した。



c0062603_1330427.jpgc0062603_1330152.jpg
c0062603_1331442.jpg
最初の休憩地はカリフォルニア州HesperiaにあるMc Donald's。
ここの駐車場で見かけたこの花は合歓の木ではないかと思うのだが、
夫の母と妹は初めて見たと花の可愛らしさに大喜びしていた。
またここから西を望めばなんと頂には雪を抱いたMt. Baldyも見える。
カリフォルニアは決してタンクトップとTシャツ、サーフィンばかりのところではないのだ。



c0062603_13322026.jpgc0062603_13311253.jpg
我が家からGrand Canyonに向かうには、フリーウェイの60番、605番、
210番、15番、40番、64番、180番を使う。
道中、古代の火山岩地帯、砂漠地帯などを抜けていくのだが、
果てしなく岩山ばかりが続く。
いつまでも変わらない景色に車内はおしゃべりの代わりに寝息やいびきが…
そしてアリゾナ州に入る直前にコロラド川を越えるのである。



c0062603_1333236.jpgc0062603_1333429.jpg
c0062603_13335290.jpg
そしていよいよアリゾナ州に。
ここまで約5時間のドライブである。
車窓からは何度も大陸横断の長い長い貨物列車を見かけた。
1つの車輌が約60フィート(約18m)の長さがあり、
貨車は多いときは100車輌くらいあるので、
全長6000フィート(約1.8km)という長さになる。
日本ではちょっと想像できない長さだ。
一山ぐるりと貨物列車が巻いているような光景にも出くわす。
道路もどこまでも一直線。
ガソリンスタンドの看板を見ると、思わずホッとしたりもする。



c0062603_13342636.jpgc0062603_1334386.jpg
出かける前の天気予報では、雨模様だということだったが、
日ごろの行いがいいせいか、荒天に恵まれてのドライブだったが、何度目かの休憩場所で、
ふと空を見上げると、よく晴れ渡っている空の彼方に雨雲が見えた。
その雲の下だけ、バケツをひっくり返したような雨が降っているようだ。
その雲が次第に近づき、我々のバンの上にも大粒の雨を降らせた。
しかし、その雲の下を抜けると、まるでさっきまでの雨が嘘のように再び青空が広がる。
広大な大地ならではの体験。
こうしてGrand Canyonに近づいていくのであった。


"Long Train Running" The Dobie Brothers
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/2395278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まき at 2005-08-01 13:24 x
抜けるような青空!! 暑そうだけど爽やかな感じ大好きです!!
こんな空に憧れます♪ いいなぁ~♪  
Commented by lanova at 2005-08-01 16:30
★まきちゃん_本当は今日はこの続編を書こうと思ってたんだけど、「花事件」でかなりへこんでしまったので、日を改めて書くことにしました。写真もしっかりアップするからね!
Commented by genova1991 at 2005-08-01 20:28
広大なアメリカの大地をひた走る家族をのせた大型バン!
乗っている方は楽しそうですが、パパさんは運転手で大変だったでしょうね。でも、渋滞もなさそうだからいいのかな?

一番上の木は合歓の木ですね。随分大きな木があるのですね。花盛りの時でよかったですね。グランドキャニオンの様子も楽しみです。
Commented by lanova at 2005-08-01 23:50
★genovaさん_本当にでかいですよ、アメリカは。どこまでも真っ直ぐな道路が続くんで、クマちゃんが眠くならないように話をしたり、彼のママや妹は歌を歌ったりしてましたよ。続編のアップ、いましばらくお待ちくださいませ(笑)。
Commented by flyingshack at 2005-08-02 06:20
合歓の花のアップ、きれいに写ってますね。アーカンソーにもいっぱいあります。今年の夏たくさん見て、なんとなく好きな木になりました。ハラハラ落ちて水面を流れてきたりすると、なんだか夢のようです。

ところで貨物列車の一両って、1.8mより長そうな気が… ×100両? ええ???
Commented by lanova at 2005-08-02 07:37
★Washyさん_アンタが正しい!どう考えたって貨物列車一両が畳1畳分の長さしかないなんてこたあないよね!しっかり校正していただきましてありがとうさんでした。すぐに訂正しました。こういうとき印刷物じゃないっていうのは、実に手軽だね(笑)。あの印刷が上がってきてからの校正ミスを見つけたときの血の気の下がる思い、今でも忘れられません。その後待っているのは、シール張りでした。
Commented by flyingshack at 2005-08-02 15:22
ははは。わたしも青くなったことありますよ~。つくったシール、結局自分で貼らずにすんだけど。印刷屋さんにシール代安くしてっていうのがイヤでした。
Commented by lanova at 2005-08-02 23:15
★Washyさん_やっぱり経験ありね(笑)!特に商品の値段のミスはどうしようもないものね。一番派手な校正ミスは表紙が「1994」というでっかい金赤の文字だったんだけど、それが「1944」になってて、こりゃあシール処理ではダメだっていうんで全部刷り直しでした。
by lanova | 2005-07-29 23:55 | Trip | Trackback | Comments(8)