Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Anymore...

c0062603_5343023.jpg

毎日のようにプールに通い、父や近所の友人と毎日数キロを歩き、元気にあちこちへと出かけていた母が体調を崩し始めたのは2011年の秋ごろのことだった。
それから目に見えて母の調子は悪くなり、手足が思うように動かせなくなっていった。
それでも父と二人三脚で何とか日常生活は送っていたようで、「帰ろうか?」と言っても「大丈夫、大丈夫!」と気丈な母は言っていた。

c0062603_5345219.jpgc0062603_535463.jpg
c0062603_5351552.jpgc0062603_5352849.jpg
c0062603_5354024.jpgc0062603_5355229.jpg
そんな母から「やっぱり帰ってほしい」とすがりつくような電話がかかってきたのは、2012年9月のことだった。
しばらくは母の介護をしながら過ごそうと帰国したものの、母の弱り方は想像以上だった。
それでも動かないのは体だけで、母娘の軽口は以前と変わらないままだった。
そんな母の口数が少なくなり、些細なことでも癇癪を起こし始めたのは、帰国して3カ月になろうとする頃だった。
要介護度も上がり、家庭での介護が難しくなった母は病院、施設、そしてまた病院と居住の場を移さなければならなくなった。
老いた父による老々介護には限界がある。
そのときの私にはアメリカを長期に離れて、母の傍で介護をするという覚悟も思い切りもできないでいた。
だからこそ、24時間、看護の目や手がある病院はある意味でも安心できる場だった。
だけど、それは決して母の望む場所ではなかったのだろう。
いつもいつも母は「家に帰りたい」と言っていた。

c0062603_536546.jpgc0062603_5361818.jpg

「家に帰りたい、帰りたい」と言いながら、母は呼吸不全を起こし、4月24日、息を引き取った。
最後まで母の願いを聞き遂げられなかった親不幸な娘は、明日、57歳の誕生日を迎える。
「誕生日だね、おめでとう」毎年、受話器の向こうから聞こえた母の言葉が、今年はない。
来年も、また、その次の年も…

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/20706318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Michiko at 2013-10-07 12:13 x

会社のPCで読ませていただいて、
涙が出てきて困りました。

私の両親はまだ健在ですが、
覚悟を決めておかないといけない年齢に、私もなってきました。

親孝行・・・全くできていない私です。
わかってはいても“両親はいつまでも健康”なんてことを
思ったりしていて・・・。

同じ県内で、電車ですぐのところに住んでいても、
なかなか行けずにいます。

ブログを読ませていただいて、
反省しました・・・。

Commented by lanova at 2013-10-09 00:58
★Michikoさん_コメントありがとうございました。
まだまだ後10年は元気でいてくれると思っていたんですが…
帰国して友人と話していても、話題はみんな親のことになります。そういう年代なんでしょう。
今は一人で暮らす父のことが気がかりです。
Michikoさん、できる限りご両親の元へと足を運んでくださいね。
by lanova | 2013-09-06 16:00 | Logbook | Trackback | Comments(2)