Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

電池が切れるまで

c0062603_15444035.jpg財前直美主演のテレビドラマが数ヶ月遅れでLAでも放映され、毎週涙ぐみながら見ていた。
どうしてもこのドラマのベースになった本を読みたくて、美和子さんにお願いして送ってもらった。
これは全国的に大きく取り上げられ、多くの人が感銘を受けたという。
中でも小学4年生の女の子が書いた「命」という詩は、胸を打たれる。
子どもの詩や絵でまとめられた一冊だが、あるお母さんの詩が記されていた。


「親の思い」

五体満足で育っている子どもをもつと
子どものいない人をうらやむことがある

切って縫って体にきずをもつ子どもをもつと
元気で普通の子どもをうらやましく思う

一生ハンディの残る子どもをもつと
一時の治療ですむ子どもをうらやましく思う

余命宣告されたり子どもの死んでしまった親は
ハンディが残ってでも生きている子どもをもつ親をうらやましく思う

子どもができない親は
産める親をうらやましく思う

腹のそこから大笑いしているそんな時もよいけれど
私は いつも微笑んでいられる一日一日、瞬間瞬間を大切にしたい


長野県立こども病院の石井栄三郎医師はこう語っている。

「医療は人の苦しみを和らげてあげるのが本来の姿だと思う。それがいつしか、医師は人の命を左右できる存在と勘違いするようになった。傲慢な考え方だ。命にとって大切なことは長さではなく、質である。命の質を決めるのは、温かな家族とのふれあいだということをS君は教えてくれた。」

電池が切れるまで(子ども病院からのメッセージ)/すずらんの会編(角川書店)
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/1825786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bluecorn at 2005-05-19 17:22
命の質、普段あまり考えずに暮らしている私のような人間は恵まれているってことなんでしょうね。子どもを産んでからというもの、子どもと命をテーマにした映画や本を見たり読んだりできなくなりました。暗い淵を前にへたり込んでしまうような感覚とでもいうのでしょうか。わけもなく、恐ろしいとか悲しい気持ちが押し寄せて、たまらなくなってしまう、まだまだ弱っちい母です。
Commented by lanova at 2005-05-20 00:03
blueちゃん_子どもが産まれる前は「五体満足な子であってほしい」と願い、子どもが産まれてからは「元気でさえあればいい」と思い、成長するにつれて「こんな風な人間に、あんなことができるように」と欲が出てしまいます。だからね、時々子どもを産んだその日のことを思い出すようにしてるんですよ。
by lanova | 2005-05-18 23:46 | Book | Trackback | Comments(2)