Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

1 week later in our garden

c0062603_12223690.jpgc0062603_12225575.jpgc0062603_1223954.jpg
5月がいかにいい天気だったかを証明するかのような野菜や花たちの成長。
わずか1週間で蕾はすっかり花開き、やっと種から芽が出てきた野菜たちもあっという間に収穫できる帆とになった。
玄関横の花壇ではオダマキが一気に花を咲かせた。
このオダマキは「混合オダマキ」で昨年は何色かの花が咲いたのに、今年はピンク一色。
ほかの色の花はどうしたのだろう…

c0062603_12233041.jpgc0062603_12234571.jpgc0062603_1224266.jpg
同じく花壇の中のルピナスも、混合種だったのに、これもまたピンク一色。
それにしても昨年の花の季節が終わってからそのままこの花壇に放置していたのに、寒い冬を土の中で耐え忍び、春には芽を出し、こうして初夏には花を咲かせるその逞しさは、心に響くものがある。
バックヤードのクレマチスも花を咲かせた。
これは縮緬の花びらがちょっと変わっているが、濃い紫は夏の訪れを告げてくれる。

c0062603_12242138.jpgc0062603_12244086.jpg
前庭のクレマチスはこの紫色の花が咲く頃には花の時期を終える。
友人のヤエコさんによるとクレマチスはその種類によって咲く時期が少しずつ異なるそうだ。
うまく植えれば春先から秋半ばまで、次から次へと異なったクレマチスを楽しむことができるという。

c0062603_1225464.jpgc0062603_1225532.jpg
c0062603_12261224.jpg夫作成のプランターの中の野菜たちも元気いっぱいだ。
ミックスレタスはもう既に何回も我が家の食卓に乗ったし、グリーンオニオンは穂を根元近くで切ると、1週間後にはまた同じように成長している。
細ねぎはなかなか手に入らないので重宝する。
クレマチスのことを教えてくれたヤエコさんからもらったねぎは、成長しては収穫され、収穫したねぎは小口切りにして冷凍保存。
ラディッシュも順調に成長し、1回目のプランター栽培は全部収穫して、ポリポリと美味しい音を食卓に運んでくれた。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/18159395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by セイ at 2012-06-29 05:54 x
オダマキって初めて見ました!
写真を見て清々しい気持ちになりました。
ミネソタ、飛行機の乗り継ぎでしか行ったことがないので、いつか行ってみたいです。
PAにも是非!
Commented by lanova at 2012-06-29 12:07
★セイさん_コメントありがとうございます!オダマキは英語ではColumbineと言います。わりとどこでも簡単に育てることができるし、多年草なので毎年楽しめますよ。元々は山野草の仲間です。ミネアポリス/セントポール空港はうちから20分くらいです。次回、乗り継ぎで時間があるときはお茶でもしましょう!
by lanova | 2012-06-27 22:45 | Garden | Trackback | Comments(2)