Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Fruit & Vegetable Carving in Monterey Park

c0062603_1152792.jpgc0062603_1151343.jpg
c0062603_11523127.jpgc0062603_1151552.jpg
c0062603_1152579.jpg


リトルロックご一行様と出かけた
Monterey ParkでのCherry Blossom Festivalの会場ですごいものを見た。
氷の彫刻というのは知っていたが、これは果物や野菜で作った彫刻。
Fruit & Vegetable Cavingというのだそうだ。
細部まで見事に彫られた作品は、言われなければ
果物や野菜だとは気付かないかもしれない。
こういう繊細な彫刻をするための、専門の道具もあれば、テキストブックもあるし、
教室もあるようだ。
しかし、何分にも素材が生鮮食品名だけに日持ちはしないだろう。
ふと考えた。
リンゴで作るウサギだって、これの一つではないのかな。

Neil Young "Till The Moring Comes"

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/1760333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maltsmam at 2005-05-12 13:47
タコウインナーな生鮮じゃないからだめ(笑)?
Commented by lanova at 2005-05-12 13:58
maltsさん_クリスマスに義理の孫たちにリンゴのウサギとウインナーのタコとゆで卵の花を作ったら、孫たちよりも彼らの母親が大感動してました。こういうCavingってかなり特殊技術で一般家庭で料理に細工をするなんていうのは、ありえないことだと思われてるみたいです。そのときはちょっぴり鼻が高くなった私でした(笑)。
Commented by maltsmam at 2005-05-12 23:14
へえええ!いいこと聞きました!どこかでうんちくたれてやろうっと!wakuwaku。
Commented by lanova at 2005-05-13 00:42
maltsさん_日本人をはじめとして中国人もベトナム人も、基本的にアジア人は手先が器用です。ナイフで細工するなんてアメリカ人には想像を絶することみたいよ。義理の娘に何個もリンゴをカットしてウサギの作り方を教えたんですが、結局1個も作れなかったもん。
Commented by ConnieWest at 2005-05-13 02:08
すごいですね。どれくらい時間がかかるんでしょうね。家の実家では、お客様がいないのに、煮物の上に南天の葉っぱを飾るとか、ちょっとした飾りをしてました。アジアのカービングは芸が細かいですね。アメリカのキャセロールでドーンって言うプレゼンテーションとはチョット違った美的感覚ですよね~。(私はそっちの方が簡単だから、今はアメリカ風だけど。えへへ)
Commented by lanova at 2005-05-13 06:57
Connieちゃん_アジア人の手先の器用さはネイルアートなどにも発揮されてるようね。こちらで評判のいいネイルショップはたいていベトナム人などのアジア系人のお店です。確かに「まとめてドーン」のアメリカ式は主婦にとっては楽ですよね。そんでたまに和食の「目で食べる喜び」なんてのを演出すると、お株が上がったりするわけですよ(笑)。
Commented by bluecorn at 2005-05-13 12:50
みごとな芸術作品!ですね。きれいだなぁ。下の方の南瓜に彫ってあるのなんて南瓜それ自体の自然な形もうまく利用していて、感心します。そうか、ゆで卵とかウサギリンゴもアメリカではしないでしょうね。うちの旦那なんか、リンゴの皮もまともにむけません(恥)。里芋の皮でも向いているように、分厚く実もむいてしまってもったいないので、指摘すると、「だって、アメリカでは皮ごと丸かじりするから」と不器用さのいいわけにはならないようなことをいってましたが。
Commented by まき at 2005-05-13 14:48 x
凄い!凄い!!何年修行したら出来るのかなぁ??? 根気もいるだろうしセンスもないと出来ないですよね・・・まさに彫刻ですね! で・これって食べちゃっていい物なんでしょうかねぇ~?! 
Commented by flyingshack at 2005-05-13 15:03
いつの間にか写真撮ってますね(笑) かく言うわたしもしっかり撮りました~。教室に入りませんかなんて誘われたりして。やっぱりLA界隈はおもしろそうな習い事があっていいなあ。ネットで料理教室探したけど、こっちではいいのが見つかりません。ところで今日ポットラック用にニンジンとアスパラの肉巻きを作ったんですが、失敗して美しくいきませんでした~~~。それでもみんなキレイ~って言ってくれたけど… 薄切り肉をくれ~~~。
Commented by lanova at 2005-05-13 15:09
blueちゃん_そうなのよねえ、みんな包丁使うのってすごっく下手じゃない?それでいて何種類も包丁があって。私は「よく切れる」万能包丁が1本あればそれで十分なんだけどなあ。それでリンゴウサギだって、ジャガイモの皮むきだって、千切りだってOKなんだけど…今、一番ほしいのがこの「よく切れる」包丁なんですよ。泣きたくなるほど切れない包丁なんだもん。
Commented by lanova at 2005-05-13 15:11
まきちゃん_実はそれ聞き忘れました。っていうか、そんなこと聞いたら顰蹙買いそうで…多分、お飾りだから食べられないだろうし、どれくらい持つものなのかなとも思いました。果物なんて甘いからアリさんが集まって来そうだしね。
Commented by lanova at 2005-05-13 15:17
Washyさん_えっ、写真撮ってた?アップがなかったから写真はなかったのかなって…確かあの会場は時間差攻撃でしたよね。Kさん一家とぐるりと歩いたときは、ちょうどハワイアンの演奏してましたっけ。肉蒔き用の牛肉はここでもミツワやマルカイに行かないと手に入らないよ。それにかなり割高になるしね。なので我が家はスライサーを購入したわけです。でも、片付けが結構面倒で、登場の機会はあまりないのですが…もちろん牛肉で巻くのが一番なんだけど、薄切りハムで代用するとか、春巻きの皮を使うとかしてみたらいかがなもんざんしょ?
Commented by 一心万宝 at 2005-05-14 12:12 x
造形の美ですね。見事。食べるのは惜しいけど。。。え、食べないの。もったいない。うん?でもないか
なぜかCSNYはわしのコレクションにはない。特に嫌いって訳ではないけれどね。綺麗過ぎるのかな?
James Taylorも心地よいけど持ってない。うーん。謎
Commented by lanova at 2005-05-14 16:58
一心さん_実は私も年に1回、このカービングをするんですよ!ハロウィーンのカボチャ彫りです。毎年やって年々腕を上げてますねん!あれは結構はまるもんですよ。
CSNYのユニットもいいけど、私はどちらかというとNeilの音が好きですね。遠藤賢司にも通じるとこあって…James Taylorは今もライブやってますよ。彼も散髪時間は数分で終わるようになってしまいました(笑)。
by lanova | 2005-05-11 21:35 | Trip | Trackback | Comments(14)