Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Star of India in San Diego

c0062603_1536465.jpg


このブログのスキン画像にも使っている船は
Star of Indiaという世界で最も古い現役の帆船。
この船は1863年、イギリスのマン島で、
ほとんどが木造船の時代に鋼鉄帆船として建造された。
最初はユターピと命名され、インド・ヨーロッパ航路で活躍。
その後アメリカが購入し、Star of Indiaと改名された。
1900年代には、蒸気船の登場で多くの帆船は次々に解体。
ところがこの船は鋼鉄船が幸いし、スクラップとしてサンディエゴの買い手に戻り、
そのまま放置されていたものが、市民の保護運動により1976年に完全修復。
現在は博物館The Maritime Museum of San Diegoとして
サンディエゴ湾に繋留されている。

Rod Stewart "Sailing"

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/1692622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by flyingshack at 2005-05-06 07:20
Star of Indiaって船の名前だったのか…リトルロックのインド料理屋の名前かと思ってました。というのは半分冗談で、なにか歴史的なものから名前を取ったとは思っていましたが…

♪Sailingくらいなら知っておりますよ。Rod Stewart、長者番付で見たような。まだまだお金稼いでるんですね。
Commented by lanova at 2005-05-06 10:25
Washyさん_うん、Star of Indiaという名前のレストランもSan Diegoにはあるわよ。http://www.starofindia.com/1.htmlこのサイトで見る限り、とってもおいしそうなんですけど…
RodもStonesもClaptonもMcCartneyもみんな還暦過ぎても元気にステージ走り回ってるもんね!イギリス人って案外精力的なのかも…
Commented by flyingshack at 2005-05-06 14:29
Star of Indiaのページ見たら、昔札幌のカレー屋の仕事してたの思い出した! 色づかいと言い、タージマハルの枠と言い、作ってたパンフにそっくり~(笑) 
Commented by 一心万宝 at 2005-05-06 17:01 x
帆船は男のロマンいわれますが、プラモなどで見かけると何となくてにとってしまう、ボトルシップはむずかしいしね

今度はRODですか、sailing
涙を流しながら聴いてた、こころに受けた痛手をさらに深くえぐりながら
相変わらずsexyに活躍中。ええなぁ。
Commented by lanova at 2005-05-07 06:38
Washyさん_昔の仕事を思い出させましたねえ。インド料理って私大好きなんだけど、きっと日本で食べてたのってかなり日本人の味覚にアレンジしてあるんだろうなあ。本場の味ってもっとしょっぱい気がするわ。昔ネパールの留学生がネパール料理を作るからって彼女の家に招待されて、小ボクちゃんと行ったんだけど、そのしょっぱさに「全部食べれなくてゴメンナサイ」をしました。
Commented by lanova at 2005-05-07 06:48
一心さん_うん、帆船は女が見てもロマンいっぱいだよ。こんな船で世界一周したらおもしろいだろうね。無事に航海できるかどうかは別として…やっぱりRodに涙したわけね。これからも一心さんをどんどん泣かせる選曲していくんでお楽しみに(笑)。
Commented by ミッキー at 2006-11-08 00:39 x
こんばんは~
こちらには初めてコメントします。
トップの帆船の写真が気になって
お邪魔しました(^。^;;
こういう歴史の遺産を大事に保存してるのって、いいですね
この船に乗って、いろんな所に行ったんでしょうね
いいですね~
目の前で見たいです
Commented by lanova at 2006-11-09 07:54
★ミッキーさん_いらしゃいませ、ようこそ、こんな奥底までおいでくださいました。San Diegoはカリフォルニアの中で最も好きなところなんです。できればここで永住したかったのですが、宝くじでも当たらない限り、庶民には手の出ない場所なんです。今度は海の見えない場所への引越しですよ。
by lanova | 2005-05-04 23:40 | Trip | Trackback | Comments(8)