Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Looking for the place to live 3

引き続き、ツインシティと呼ばれているミネアポリス、セントポールでの家探しである。
この日の1軒目はかなり印象度が高かったため、半ば「決めようかなモードの我々夫婦であった。
しかし、初めて訪れるところ故、コミュニティとしてどうかという判断はまったくつかない状況だった。
それが即決を避けさせた一番の理由でもあったし、ほかにもいくつか物件を見て比較したかった。
そういうわけで次に出かけたところ、いやあ、ここはひどかった!
あまりにもひどかったので、写真さえ撮る気も起こらなかった。
まず、家そのものよりもコミュニティ自体にパス。
ミネアポリスダウン単に程近いその場所は、そこかしこから怪しげな雰囲気が漂っている。
元々このツィンシティは全米でもかなり治安がよく、他の大都市に比べて安全なところといわれている。
それでもやはり「避けたい地域」というのはある。
見るからに住人はほとんど南米系の人たち。
通りに並ぶ多くの家は手入れがなされていない。
それでも物件を見ると約束していたので、オーナーの到着を待って中に入ると…
広さはかなり広いけど、家の中には前の住人の荷物がそのままだし、誰かが出入りしているような雰囲気はあるし、窓ガラスは割れている。
その上、住めるように修繕するために500万円かかるという。
「見せてくれてありがとう」と丁重にお礼を言い、その家を後にして、次の物件を見るために車を走らせた。

c0062603_1350617.jpgc0062603_13501894.jpg
今度はミネアポリスのダウンタウンを抜けて北に向かった。
少し郊外ということもあり、街の雰囲気は落ち着いた住宅街。
ここも築100年を越えてはいるけど完璧に改修してあった。
すべての部屋はフローリングで、しかもここは無垢材で、ラミネート加工ではない。
しかし、典型的なアメリカの家なので、キッチン以外室内灯はない。
すべてスタンドライトで間接照明だ。
寝室はそれでもいいけど、オフィスも間接照明だと困るなあと現実的な問題が頭をかすめる。

c0062603_13502945.jpgc0062603_13504177.jpg
それでも古いスタイルのダイニングルームは悪くないし、バスルームもきれいに改修されている。
家自体の広さもかなり広いので、家具の置き場に困ることもないし、天井もななめになっていない。

c0062603_13505221.jpgc0062603_1351170.jpg
家選びの重要なポイントになるキッチン。
ここもプラスアルファのついた合格点。
収納キャビネットも十分にあるし、冷蔵庫、オーブン、電子レンジも新品だ。
そして何よりもシンクのある場所には窓がある。
今の家もそうだが、窓の外を見ながら炊事ができるのはとても嬉しい。
この時点で、早くも心は築180年の家からここに移ってきている。

c0062603_1351204.jpgc0062603_13513344.jpg
廊下にはパントリーもあり、ストックの置き場には困らない。
ますます得点は高くなる。
そしてこのキッチンから地下に向けての階段を下りると、そこには決定打ともいえる地下室が…

c0062603_13515647.jpg地下はファミリールーム(プレイルーム)とベッドルームの2部屋。
完全に新しくされていて、カーペットがしきつめてある。
プレイルームはホームバーもできるように水道もガスも引けるように整備してある。
地下と言っても真っ暗ではなく明り取りの窓もあるので、かなり明るい。
しかもここには室内灯もあるので、オフィスにもできるし…


c0062603_1352663.jpgc0062603_13521561.jpg
地下のバスルームも明るく清潔だ。
シャワーも使い良さそうだし、ゆったりとした広さはビッグサイズの夫でも窮屈な思いをしなくてすむ。

c0062603_13522453.jpg洗濯機と乾燥機は新しくはなかったけど、まあ、今使っているのを持っていくので問題ではない。
庭もかなり広く、何本か大きな樹木も植わっているし、また野菜畑をつくることもできそうだ。
ここにしたいなあと夫に目で合図を送る。
しかし、これだけ満足度が高いということは、当然、それに見合った価格があるということだ。
経済的制限がある中での家探しなわけで、予算オーバーの家賃を払うことはできない。
交渉はしてみても、この家のよさを考えるとオーナー提示額は妥当だと思える。
2日間かけて気に入ったのは2軒だけ。
本当はここに決めたいけど、家賃の点を考えればもう1軒の方に決めざるを得ないかもしれない。
翌朝にはミシシッピに向けて帰ることにしていたので、とりあえず改めて返事をすると言って、ここを出ようとしたとき、夫の携帯電話が鳴る。
もう1軒、物件を見ることができるという。
ただし、翌朝とのこと。
早朝、もう1つ物件を見ることになり、この日は宿泊先のホテルに引き上げることにした。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/15976625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by P兄~ at 2011-02-26 18:17 x
お家探しも大変ですね(^^;)

なんか、「もう1軒」が気になります!
そこに決まりそうなのかなぁ~
Commented at 2011-02-26 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ConnieWest at 2011-02-27 02:26
家を見ながら、NOVAさんのチェックリストに沢山のチェックが入って行く様子が目に浮かびます。私もオハイオに住んでいた時にfurnished basementがあったので、実際には二階建てだったのですが、部屋として使える地下があると三階建てに住んでいるようなものですものね。でーもー、大雨の時に地価浸水して大変だった事もありますけれど(苦笑)。

"もう一軒"が気になりますよぉ~。家探しは"ご縁"ですからね。
Commented by lanova at 2011-02-27 04:22
★P兄~さん_すみませんねえ、気を持たせるような書き方をして…さっさと書けばいいんですが、なかなか時間が作れないでいます。
今住んでいるミシシッピの家も3軒見ただけで決めました。といってもこの小さな町では、そのとき入居可能な家が3軒しかなかったんですけどね…
Commented by lanova at 2011-02-27 04:23
★鍵コメさん_ご無沙汰しておりました。そうですか、やはり…どうもメールがおかしいと思ってたんですよ。後ほどメールさせていただきますね。
Commented by lanova at 2011-02-27 04:28
★Connieちゃん_でしょ?アメリカに来てから4軒目の住まいになるわけで、それなりにチェック項目も増えてきたんですよね。「どうでもよくないどうでもいいこと」が結構あって…ミネソタは気候も関係しているのでしょうけど、ほとんどbasementがありますね。クマちゃんママの住むインディアナもそうです。トルネードの多いミシシッピでほとんど地下がないのはちょっと驚きましたね。家を建てたときはそれを懸念して地下を作ったんだけどね。
CAも地下はあまりないよね。地震が多いからかな…
Commented by ConnieWest at 2011-02-27 07:36
アメリカに来て4軒目ですか。こだわる事は、こだわりたいですよね。分ります。分ります。そうそう、カリフォルニアって地下室ないですよね。あったら、我が家のジャンクがどれだけ片付くか...って言うか、とっととイロイロ処分すれば良いのですけどね(汗)。ははは。
Commented by juju3291 at 2011-02-27 08:30
★元気ばば★
ここで決まりか?
まだだった。
ゆっくり決めください
でも日本と違って 豪華ですね
日本なら 1億円くらいだね
Commented by lanova at 2011-02-27 10:21
★Connieちゃん_そうなのよ、9年にして4軒目ってのはちと多いよね。Connieちゃんにお越しいただいたのは最初の住まいでした。ちっともニートじゃなかったけど、私としてはかなり気に入ってたんだけどね。今では全室フローリング(たぶんラミネート)になったそうで、1階の住人は2階の足音がうるさくてたまらないそうです。そうよね、日本だと靴脱ぐけど、ここだとヒールでコツコツ歩かれるとちょっとたまらないかも…
Commented by lanova at 2011-02-27 10:25
★元気ばばさん_ここで決まり!と、したい気持ちはあったんですけどね…日本のように美に微にいり細にいり、丁寧なつくりが見られるわけではなく、かなり大雑把なのがアメリカの住宅なので、価格としては日本に比べるとかなり安いんじゃないかと思いますよ。ただ広さはだけはひろいですね。初めて住んだアパートも2寝室のアパートでしたが、日本の2DKを想像してやってきた私はその広さにビックリしました。アパートでもバスルームはちゃんと2つありましたよ。
by lanova | 2011-02-25 23:37 | Trip | Trackback | Comments(10)