Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Looking for the place to live 2

ツインシティでの滞在を一日延ばし、早速朝から物件を見に行った。
ネットで探し当てたこの家を手がけた人のウェブサイトで、彼の考え方を知ることができた。
住み手がいなくなり荒れた家を改修して、そこに人が住むことでコミュニティの醸成を図ろうというのがその趣旨だ。
悪くない。
住環境が悪ければ、そこに暮らす人々の心もすさんでくる。
その環境を変えることで、健全な地域にしたいという気持ちがよく伝わってきた。
ただし、それは一朝一夕でできるものではなく、かなりの時間がかかるのもまた事実だ。
何はともあれ、そんなステキな思いを抱いて改修された家を見に行くことにした。

c0062603_11505754.jpgc0062603_1151365.jpg
ここも築100年はとうに越えた古い家。
でも、かなり丁寧に修復がなされている。
特に玄関からサンルームを経て入ったこのリビングは大きな窓が魅力的な造りになっている。
とても明るくて、日差しが入ればさぞかし気持ちがよいだろうなと思われる。

c0062603_11514870.jpgc0062603_1152198.jpg
そのリビングには2階へ上がる階段があり、確かに明るくて開放感はあるけどカウチ以外は何も置けないなあと、頭の中でレイアウトをしてみる。
リビングの右手にはダイニングルーム。
ここもかなり手狭な印象がある。
ま、夫婦二人だから広いダイニングルームはいらないけど…

c0062603_11521836.jpgc0062603_11523139.jpg
キッチンはかなり広くて明るい。
キッチンの外にはマッドルームと言って、日本の家屋で言えば玄関スペースにあたる部分があり、ここで靴の汚れや埃を落として、家の中に入ることができる。
寒い地域ではこのマッドルームがある家屋が多いという。
キャビネットの色が白だというのがちょっと気になるけど、収納は十分できそうだ。
電子レンジも冷蔵庫もかなり新しいのが備え付けになっているが、ディッシュウオッシャーはなし。

c0062603_11524386.jpg1階のバスルームはトイレと洗面台のハーフバス。
ここもきれいに改修してあり、清潔な印象。
ここまでが1階だが、全体的にはかなりきれいに修復してあるものの、基礎はそのままなので、床がかしいでいるのが気になった。
新築じゃないから完璧を求めることはできない。

c0062603_11531478.jpgc0062603_11532630.jpg
2階にはベッドルームが3部屋。
どの部屋もフローリングになっているが、1部屋はラミネート加工のフローリングで、しかもそれがマスターベッドルームだ。
2階は屋根の形がそのまま天井になっているために、一方の天井は斜めに下がっている。
どの部屋も窓が多くて採光は十分。
ただし、家具の置き場がみつからない。
窓をふさぐしか手はなさそうだ。
何度も頭の中でレイアウトを考えるのだが、うまくいかない。

c0062603_11533724.jpgc0062603_11535336.jpgc0062603_1154582.jpg
マスターバッドルームのクローゼットははめ込み式。
バスルームはなかなかおしゃれだ。
全体にこの家は窓が多く、古い家にも関らず、とても明るい印象がある。

c0062603_11543643.jpgc0062603_11545035.jpg
地下のランドリールームには新品の洗濯機と乾燥機が備え付けになっている。
給湯器の向こう側にはもう一部屋あり、手を加えればベッドルーム化プレイルームになりそうだ。
悪くないなあ…
家賃もかなり手ごろだ。
どうしてこんなに安いのだろうかと驚くほど安い。
床が平らじゃないのと、2階の部屋の天井が斜めになっているのと、家具のレイアウトに苦心しそうだという点をのぞけば、ほぼ合格点。
でも、即決は避けたい。
この後、まだいくつかの物件を見に行くことになっている。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/15957019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by P兄~ at 2011-02-23 00:01 x
素敵ですね~

日本の住宅とは比べられないですね(^^;)
羨ましいです。。。

でっ、家賃はおいくらですか(爆)

Commented by ConnieWest at 2011-02-23 09:31
築100年の家、なんかステキ!だ~け~ど~ラミネート加工のフロアリングだと、ちょっと100年の恋も冷めちゃうかしらね。なるほど、続きがあるのですね。楽しみ。楽しみ!
Commented at 2011-02-23 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lanova at 2011-02-23 22:40
★P兄~さん_ここはインテリアも少し入れてあるので、余計に印象が良かったですよ。かなり丁寧に修復してありました。でも基礎の部分はどうしようもないので、床は斜めになったりしていましたね。
基本的にアメリカの住宅の耐久年数は長いです。100年以上の家はごく当たり前で、クマちゃんママの家も当に100年を過ぎているし、このツインシティでも200年近く経っている家はたくさんありましたよ。
家賃…それが破格なんです。でも、それには理由が…
Commented by lanova at 2011-02-23 22:43
★Connieちゃん_そうでしょ?どうして1部屋だけラミネートのフォローリングになっちゃったんだろうねえ。あとクローゼットもちょっとミスマッチな印象がありました。ほかの2部屋はクローゼットがなくて、収納が不便だなあという印象も…
Commented by lanova at 2011-02-23 22:44
★鍵コメさん_お久しぶりです。お元気そうで何より。のちほどそちらにお邪魔します。
by lanova | 2011-02-21 21:35 | Trip | Trackback | Comments(6)