Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Enrique's Birtday Party's House 2

c0062603_12345125.jpg
c0062603_12354647.jpgc0062603_12351555.jpg
c0062603_1236980.jpgc0062603_12353819.jpg


EnriqueのBirthaday Partyの会場となった彼の有人の家はDowneyにある。
彼の家があるところは、美しいハーモニーで有名なThe Carpenters兄妹が
住んでいた所と同じエリアである。
また1953年に世界で最初にMacDonaldsが登場した場所でもある。
Enriqueの友人はメキシコからの移住者。
移住後、彼は骨を粉にしてという言葉通りに朝早くから夜遅くまで働いたという。
そして小さなアパートを手に入れて、不動産投資を始め、
建設会社のエンジニアをしながら最終的には3つのアパートの所有者になった。
そして2年前にこの豪邸を建てたという。
しかし、昨年、彼は息子を亡くした。
20歳という若さだった。
「僕は働いて、働いて、こうして大きな家を手に入れた。
何もかもを手に入れた。
でも、一番大切な息子を亡くした。
それは何も持っていないことと同じなんだよ」
にぎやかなパーティが行われてる中で、
彼が静かに話したこの言葉が忘れられない。

Harry Nilsson "Without You"

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/1587158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Marrrsan at 2005-04-24 21:20
いいお家ですね。
私もお邪魔して、写真を撮ってそれをもとに絵を描きたい。
やはり私は絵のテーマとして家の内部特に窓際などに惹かれます。
こういう家を持っている知人が多くいたら私のテーマは尽きない。
Commented by 一心万宝 at 2005-04-25 03:03 x
あのう、Harry Nilsson "Without You"にひっかかってしまいましたが。。。わしの青春ソング。メモリアルソング。あのピアノソロを聴くと思わず涙が。。。どしてご存知?
Commented by lanova at 2005-04-25 06:19
ま~さん_本当は家中隈なく案内してもらったんですが、生憎フィルムを切らしてまして、全部撮影できなかったんですよ。残念…
Commented by lanova at 2005-04-25 06:35
一心さん_あらあ、あの薄汚れた喫茶店の片隅でコーヒーカップ片手に聴いてたじゃない、一緒に…なんてことはないですが、このレコードは私も愛聴盤でジャリジョリいうまで聴きこみました。ホント、泣けちゃうよね。この曲…ちなみに音楽の話で食いついてくれる人あまりいないんで、嬉しいです!
Commented by flyingshack at 2005-04-25 12:51
移民一代目でこれだけの家に住むというのは、ただごとではない努力をしたんでしょうね。う~ん。ところでエンリケさんは、わたしの名前をちゃんと言えたので好感度大です。エンリケ誕生日おめでとう~。って何歳くらいの人なんでしょう? 見当付かず。
Commented by bluecorn at 2005-04-25 13:14
お家のオーナーさんのお話、悲しいですね。苦労して、その
苦労が実った素晴らしい豪邸を手に入れ、幸せ一杯だった
でしょうに…。胸が締め付けられる思いがします。
Commented by lanova at 2005-04-26 00:06
Washyさん_スペイン語の母音は日本語の母音とかなり近いので、メキシコ人はアメリカ人より日本人の名前を上手に呼んでくれます。Enriqueは4?歳の誕生日だったはずですが…だれも何回目かということにはまったく無頓着なパーティでした。
Commented by lanova at 2005-04-26 00:13
blueさん_そうなの…ウチのボクちゃんとほぼ同年代だし、突然の息子さんの死は悲しみなんて言葉では到底言い尽くせないものなんだと思う。「一番大切なもの…」失くしてから気がつくこともあるんです。
by lanova | 2005-04-23 22:44 | Trip | Trackback | Comments(8)