Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

B.B. King Homecomimg



我が家から南に向けて30分ほど車で走ったところにIndianolaという町がある。
この町に毎年7月の独立記念日の頃に里帰りコンサートをする人がいる。
この小さな町で生まれ、85歳になった今も世界中を飛び回るBluesの王様、B.B.Kingだ。
先日も「亡くなった」などというとんでもない噂が流れたが、このスケジュールの通り、
とても85歳とは思えないほど世界各国で演奏をし続けている。
ラスベガスなどでB.B. Kingのショーを見ようものなら、
良い席のチケットは$200.00などというのはざらだ。
しかし、このイベントは特別。
何しろHomecoming(里帰り)コンサートなわけで、1人$12.00というビックリ価格。
暑い暑い真夏、7月2日の夜、夫とともにこのコンサートが行われるIndianolaに出かけたのである。

c0062603_14343638.jpgc0062603_14345790.jpg
コンサートが開かれる野外ステージのある公園に着いたのは午後7時半ごろ。
7月の夜はなかなか訪れない。
広場の横にはディープサウスの象徴ともいえる小さな湖沼があり、
西に傾きかけた日差しが絶妙なバランスで樹木の間をすり抜けていた。
c0062603_14351238.jpgc0062603_14411363.jpg
まずは腹ごしらえをしようということになり、いくつかの出店の中から
「ここが美味しそう」と夫が選んだのがホットタマリの店。
確かに美味しかった。
家内産業だというタマリショップのおじさんとすっかり仲良くなり、
結局夫は最後までおじさんと並んで座り、コンサートを楽しんだ。
c0062603_14354123.jpgc0062603_14355438.jpg
c0062603_14361069.jpg夜8時を過ぎてもこの明るさ。
日没とともにどんどん人出は多くなる。
お目当てのB.B. Kingの前にいくつものバンドの演奏が続く。
そんな中で夫が「日本人がいるよ」と言う。
「まっさか~!こんなところに日本人がいるわけないよ」と、私はカメラを持ってぶらぶらと歩いてくることにした。
戻ってくると、夫はその東洋人に話しかけている。
その上ビールまでおごっているではないか!
そして勝ち誇ったように言ったのである。
「ほ~ら、日本人だったぜ!」と…
まさかこんなところで日本人に会えるとは思っていなかったので、
コンサートの大音響の中、大声を上げて日本語で話をした。
こういうときに決まってお互いに聞くのは「お住まいは?」「アメリカ暮らしは何年?」「日本のどちらから?」
この3大質問は欠かせないのである。
そして何とここでお互いに100個くらいビックリマークが飛び出したのである。
そこで出会ったN氏と私は同郷だったのだ。
しかも年も1歳違い。
にわかふるさと会がそこで急遽開催されたのは言うまでもない。

c0062603_143620100.jpgc0062603_14363288.jpg
夜910時を回った頃に、打ち上げ花火が始まった。
日本では花火と言えば夏の風物詩だが、こちらでは独立記念日と大晦日くらしか花火を見ることはない。
ミシシッピに引っ越してきてから独立記念日の花火を見ることはなかったので、
今回は本当に久しぶりだった。
日本の大花火に比べるとやはり見劣りはするものの、夜空に大輪の花を視るのは嬉しい。

c0062603_1436449.jpgc0062603_14365756.jpg
c0062603_14371178.jpgc0062603_14372354.jpg
やっと大御所のB.B.Kingが登場したのは11時半を回っていた。
それでも年に1度のビッグスターのご帰還とあらば、地元の人たちは家路をたどろうとはしない。
しかし、観客の半分以上はこのコンサートを目当てに町外からやってきた人たちのようだ。
やはりミシシッピ出身のカントリーシンガー、Marty Stuartとのギター競演も披露し、
地元の子どもたちをステージに上げて一緒に楽しみ、時計の針はもう0時をとっくに回っているのに、
B.B. Kingはこの後、地元のクラブでライブを行うんだとか…
心行くまで楽しんだ真夏の夜の祭典だった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/15619562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まこと at 2010-12-16 19:03 x
ずっと地元はロックの町だと思っていましたが、でもなさそうてすね。
あ~行きたいよ。

仕方ないから、来年2月のアンジー・ストーンのライブに行ってきます。

Commented by ken-G at 2010-12-19 01:37 x
おおおっ!
あああっ!
ゐゐゐっ!

鯰の町 Indianola ....
ボクが行ったときにはB.B.King ミュージアム建設予定地の看板だけしかなかったけど。。。
出来たんですよね??
行きたいなぁ。
「Club Ebony」って Juke Joint があるはずなんですが。。。
見つからなかったので行ってないんです。
あるのかなぁ?
Commented by lanova at 2010-12-19 04:52
★まこっちゃん_いやいや、ここデルタはブルーズ発祥の地なんですね。シカゴブルーズの元になったのがデルタブルーズなんです。だからソウルにも大きな影響を与えた地域なんですね。
近くのカジノではテンプスだのフォートップスだのアル・グリーンだののライブをやっています。ぜひぜひ来てね!
Commented by lanova at 2010-12-19 04:57
★kenさん_お待ちしていました!なかなかkenさんの姿が見えないので、次のエントリーを差し控えておりました。な~んちゃって。
ミュージアムもできてますよ。21日の火曜日は入場無料の特別デーなので、当然行ってきます!報告しますね。それからClub Ebonyはこの日、B.B.Kingがこの後でライブを行ったところです。http://www.msbluestrail.org/_webapp_2179154/Club_Ebony。それからもう一つ、Juke Jointのお話しが…そちらにお邪魔しますわ。
Commented by まこと at 2010-12-19 12:40 x
いやいや。そちらがブルースの地だとは充分知っております。

地元とは、同郷の方の事。
こちらはロックとフォークする人達ばかりですから。隠れブルースファンにあえたことがね。
苦笑
Commented by lanova at 2010-12-20 01:13
★まこっちゃん_そうだよね~。まこっちゃんが知らないはずはないなと思いながらも、もしかしたら、私、ここの話をしていなかったかなと思って…失礼いたしました。
私の年齢くらいだと意外にブルーズファン、多いんだよ。9月に帰ったときも、ブルーズ談義で結構盛り上がりました。
Commented by mikanpalu at 2010-12-24 21:43
旦那がB,BKingを知っていました
まだ生きているの?って驚いていました(失礼ですよね)
ライブをまだやっていると言ったら凄い見たいと言っていました。。。
Commented by lanova at 2010-12-25 07:51
★mikanpaluさん_そうなんですよ。今年85歳になったB.B.Kingは今も現役で世界各地をツアーで回っています。そんなブルーズの大御所のライブだから大勢の人が見に行くのでしょう。コンサートはたいてい2万円前後します。この里帰りだけは特別で、彼もノーギャラなんだそうですよ。ご主人とぜひお出かけください!
by lanova | 2010-12-16 00:19 | Music | Trackback | Comments(8)