Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Apr. 1

朝6時、何やら人の声がする。
夫の姿がベッドルームに見当たらない。
どうも声はリビングルームから聞こえてくる。
昨夜も夜中2時頃に帰ってきたはずなのに、こんなに朝早くどうしたんだろうと、
リビングに見に行くと、夫は険しい顔をして電話をしている。
どうしたんだろうと、彼の電話が終わるのを待って話を聞く。
すると…
なんと夫はID Theftにあったのだ。
日付が4月1日に変わってすぐ、数回のわたって彼の銀行口座から
お金が引き出されていた。
昨夜仕事を終えて帰ってから、コンピュータでオンラインバンキングを
チェックしていた彼は愕然としたそうだ。
かなりの金額が数回にわたって引き落とされ、
それもほとんど行くことのない場所の使ったことのない提携銀行で行われていた。
彼の銀行の本店はメンフィスにあり、そこの電話対応ができる時間を待って
早朝に電話をしていたらしい。
まったくなんてこった!
銀行の話によると、ATMカードを使った際に、
スキミング詐欺に遭ったのではないかということ。
このスキミング詐欺、日本でもかなり被害が大きくなっていると
テレビ報道を見たばかりだった。
おっかないなとは思っていたが、まさか自分の家族がそんな目に遭うとは
思ってもいなかった。
ましてや夫はID Theftには細心の注意を払っていた。
しかし、スキミング詐欺は防ぎようがない。
その銀行員によれば、ガソリンスタンドでATMカードを使用した場合に、
この盗難に遭うことが多いのだと言う。
アメリカはカード社会。
ほとんど現金を持たない。
どこでもかしこでもATM、Debit、Creditなどのカードが横行している。
でも、今回の件で、できるだけカードは使わないで
支払いをした方がいいのではないかと思えてきた。
とりあえず夫のカードは今朝の段階で止めてもらったが、
被害金額の全額が戻ってくるかどうかは、まだわからない。
小粋なジョークを楽しもうと思っていたApril Foolだったのに、
それどころではなくなってしまった。
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/1351468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Marrrsan at 2005-04-02 23:48
ID Theftは銀行のエイプリルフールではなかったのですね。
アメリカはカード社会ですから、カードがあると便利ですが、こういうことがあるとほんとうにカード使うの考えてしまいますね。
Commented by ponzu_77 at 2005-04-03 00:03
がーん、、、( ̄□||||!!。コラムを読んで行くうちに、下に嘘でしたー!ってあるんやとばっかり思ってたのに!気をつけようがないもんな、スキミング。くまちゃん、がっかりやな。。。
Commented by de at 2005-04-03 01:16 x
うわっ、災難ですね。
僕が持ってるカード(B o A)には「Total Security Protection」なんて書いてあるので勝手に不正利用や詐欺に関して守られているって思っていたのですが、被害金額のすべてが戻ってくるかどうかってわからないのですね。うーむ。
Commented by genova1991 at 2005-04-03 09:58
ホントに本当の話なんですか・・?
・・・・・・・・・・わ~ショック。
日本でも大騒ぎでやっと銀行も真面目な対応を考え始めたばかりです。ちょっと遅すぎですが、、
怖くてカードが使えなくなりますね。
気をつけるといっても限界があるし、どうしたらいいのでしょう?
何とか被害額を補償してもらえるといいのですが。
Commented by lanova at 2005-04-03 15:31
ま~さん_そうなんです。クマちゃんももうカードを使うのはよそうと言っています。毎日のように送られてくるクレジットカードの勧誘DMにしても個人情報が流出してるってことだし、油断できない社会っていうのは哀しいですね。
Commented by lanova at 2005-04-03 15:37
わいちゃん_これがApril Foolだったらどんなにか良かったのに…1日経ってさすがのクマちゃんも改めて怒りがこみ上げてきたみたいで、「頭くるよ!」って言ってました。あ~あ…
Commented by lanova at 2005-04-03 15:41
deさん_結局銀行は詐欺にあった金額は戻してくれることになりましたが、手数料がChecking, Savingそれぞれに$50.00ずつかかるそうです。それでも戻ってくるなら…とは思うものの1週間くらいはかかるそうですし、$100.00無駄になるっていうのはねえ…
Commented by lanova at 2005-04-03 15:45
genovaさん_ホント大ショックです。銀行側は引き出された場所と時間が特定できてるので、ビデオチェックをするそうです。それで犯人が捕まればいいけどね…段々手口は巧妙になってるみたいで、イタチごっこなのかもしれませんね。ほとんどの人は真面目にコツコツやってるのに、どうしてこんな目に遭っちゃうんだろうね…
Commented by flyingshack at 2005-04-03 16:11
お金がいる話って、いい話じゃなかったんですね。でも補償してくれるってよかった! ($100はむかつきますけど) 日本のニュースで見ましたけど、日本の銀行は一銭も補償してくれませんからねえ。自分でおろしたんでしょと言われて、警察沙汰にもできないらしいですから。アメリカはいい国です。(この数ヶ月の間にすこしは変わった?) 
Commented by maltsmam at 2005-04-03 17:30
lanovaさん、こんにちわ。大変だったのですね!実際に被害にあった人の話を聞くのは初めて。本当にたくさん怒っていると言うことなんですね。日本では被害を実際に自分が証明しなくては銀行が取り扱ってもくれなかったんです。最近、日本でもやっと法制化され、保護されることが進みそうです。被害にあっているのは銀行に預けていたお金で。被害者は銀行。なので預けていた人には非はないよ、と。それがすすんだからですね、最近、銀行からカード変更のお知らせが来ました。私のカードは古いので磁気部分に暗証番号が書き込まれているかも知れないから、取り替えましょうというもの。こんな手始めに出来ることも対応していなかったんですねえ。
Commented by lanova at 2005-04-04 06:21
Washyさん_そうなのよ!こちらに落ち度はないだけに本当に頭に来ます。でもクマちゃんの銀行は会社の専属銀行なんで、社員に対してのフォローがきちんとしてるのかもしれないなと思うのと、最近のおびただしいこの手の詐欺に銀行側も対処しているのかもしれませんね。
Commented by lanova at 2005-04-04 06:24
maltsさん_日本での被害とその対応策、「報道特集」でやってたのをこちらで観ました。多分1週間遅れくらいの放送だと思うけど…そのときスキミングの巧妙な手口を見て、ボクちゃんと「おっかないねえ」と話していたばかりだったので、まさかわが身に降りかかるとは思ってもいませんでした。あのスキミングマシンは暗証番号も記憶するんだそうです。こうなると生体反応で確認するしか方法はなさそうですね。
Commented by ponzu_77 at 2005-04-04 12:34
お金が早く戻ってくるといいねー。。。
Commented by lanova at 2005-04-04 13:04
わいちゃん_そう願うクマちゃんとNOVAです。
Commented by ConnieWest at 2005-04-04 13:29
我が家は航空会社のクレジットカードで、$3のお会計でもマイルのためにカードを使っています。そして、とうとう先日我が家もスキミングの被害に遭いました。サウスキャロライナで$500。HOTEL.COMで$800....とスキミング野郎は豪勢な振る舞いだったそうです。クレジットカードが怪しいと思って電話をかけてきてくれたので、そのお陰で、それらの支払いは身に覚えのないと書類にサインをしてただいまペンディング中ですが、思い出しただけでも頭に来ます。だからNOVAさんとクマちゃんの気持ち、よく分りますよ。良い方向に物事が進みますように!
Commented by m_seattle at 2005-04-04 14:21 x
ほんと怖いですね。防ぎようがありませんよね。かといって、現金を持ち歩くのも怖いし。ところで最近は日本でもスキミングの被害があるらしいですね。
Commented at 2005-04-04 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lanova at 2005-04-05 03:58
Connieちゃん_えっ~!Connieちゃんちもスキミング詐欺にあったんですか?本当にいつ誰が被害に遭ってもおかしくないほどこの詐欺は横行してますね。ウチはもうカードを使うのがとっても怖くなっています。クレジットカードの方は使用した後に支払いだけど、ATMは即座に現金を引き落とされちゃうものねえ。でも返金のためにチャージされるのは腑に落ちないのよね。
Commented by lanova at 2005-04-05 04:00
マキコさん_そうそう、日本でも被害は相当らしいですよ。なので銀行はよりセキュリティの高いカードに作り替えをしているそうです。多額のキャッシュを持ち歩くのも家に置いておくのも怖いし、どうすればいいんでしょうねえ。
Commented by lanova at 2005-04-05 04:10
miekoさん_日本の実家には私の名前で「インターネット高額使用料」の請求書が来たそうです。両親が青くなって(見てないけど)電話をしてきました。実際私は日本にはいないので、ありえない話だからすぐ警察なり消費者生活センターに届け出るなりしてほしいと頼みました。どうも私の年代の女性ばかりがターゲットにされていたようですが、これって何かの名簿が流出しているとしか考えられませんよね。
Commented by 恵比寿法律新聞 at 2005-08-21 11:24 x
TBありがとうございました。
実は私も米国のお店でアルバイトしていた当時、お客さんからカードのカーボンを渡すように言われてギクっとしたことがあります。なにげなく捨てているこのカーボン一枚でとんでもないことになるのだと。
とはいえ欧米ではクレジットカードはほぼIDといっていいもので、これなしではモーテルもレンタカーも利用できませんよね。
全部にはさみをいれることはできない以上、代行貨幣で利潤をえている企業に今後もなんとかしてもらいたいと思います。
Commented by lanova at 2005-08-21 13:20
★恵比寿法律新聞さん_こちらこそTBありがとうございました。ここアメリカと日本では法律が随分異なっているのと、何と言っても訴訟国家ですから、人々の「法律」に対する関心は日本人より高いのではないかと思います。雑誌や新聞などでも盛んに法律の説明がされているのと、しょっちゅう法律が変わるので、自分できちんと把握していないと、「そんなはずじゃなかったのに」となってしまうことも多いようです。
by lanova | 2005-04-01 23:30 | Logbook | Trackback | Comments(22)