Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Christmas in 2017

c0062603_09441124.jpg

c0062603_09443190.jpgc0062603_09444286.jpg昨年のクリスマス、料理は決してクリスマス用のパンだけではない。
昨年の料理はこれ。
もっとも毎年代り映えはしないけど…
スモークハム、マッシュポテトとグレービー、グリーンビーンズキャセロール、チーズ(チェダーとカマンベール)とクラッカー、サキイカ(アメリカの普通のマーケットのアジアンコーナーで買える!)、ピスタチオ、そしてスエディッシュ・カルダモン・エッグノッグ・リース(クリスマス用パン)。
朝からせっせと料理はしたけれど食べる時間は30分にも満たない。
夫は会話をしながら食べる方ではなく、黙々と、さっさと食べるので、作った方としてはいつも物足りないのだけれど…
やっぱりイベント時は賑やかな方がいいな。

c0062603_09451026.jpg
クリスマスの飾りつけは、猫たちの標的にならないものを標的にならない場所にシンプルに飾るだけになって久しい。
以前はツリーもしっかり飾っていたのだが、朝起きるとオーナメントはツリーから落ち、無残に引き裂かれたり、壊れたり、秘密の場所に持ち込まれたり…
時にもツリーに登るユキの姿もあった。
ま、猫だものね。
目の前に木があれば登るだろうな。
ということでデコレーションはシンプルだけど、キャンディーケーンのトナカイは今年も登場。
これは結婚して以来、夫は毎年作り続けている。
近所の子供に配ったり、プレゼントに入れたり、職場の人に渡したり…
この後、日本へ帰国したのだが、孫や友達へのちょっとしたお土産にとなった。
c0062603_09452516.jpgc0062603_09453807.jpg
c0062603_09455145.jpgc0062603_09460011.jpgc0062603_09461460.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-03-25 20:20 | Event | Trackback | Comments(0)

Breads in December

c0062603_09105769.jpg
昨年12月に焼いたパン。
ホリデーシーズンで少し食事のパターンが異なり、いつもほど手作りパンは登場しなかった我が家の食卓。
c0062603_09111402.jpgc0062603_09112698.jpg
Orange Dinner Rolls
オレンジジュースと皮ごとすりおろしたオレンジをパン生地に入れて焼いたパン。
子どもみたいだが、基本的に果物を入れたパンやケーキは大好きな私。
夫も嫌いではないが食事の時にはまったくダメ。
「お茶の時間にならいいけど…」と言って不評だったけど、味は悪くなかったと思う。
c0062603_09114542.jpgc0062603_09115589.jpg
Chocolate Zucchini Bread
我が家ではたびたび登場するズッキーニ。
写真ではちょっと色が薄いけれどココアパウダーをしっかり入れて、チョコレート味に仕上げた。
シナモンも入れて、食事にもティータイムにもいいパンに仕上がった。
c0062603_09120787.jpgc0062603_09121742.jpg
c0062603_09122661.jpgc0062603_09123640.jpg
Swedish Cardamon Eggnog Wreath
これはクリスマス用にと時間をかけて作ったエッグノッグ入りのリースパン。
見た目は何とか格好になっているけど、実は大失敗。
うまく発酵できず、形は整ったものの焼く前には約1.5倍のサイズにならない。
それでも何とか焼けるかなとオーブンに入れたのが甘かった。
とてもパンと呼べるような代物ではなく、固~い固~い鏡餅ならぬお飾りパンが出来上がったのである。
それでも文句ひとつ言わず、夫はクリスマスのディナーの際に食べてくれた。
一切れではあったけど…
この失敗、次回に生かそう!

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-03-24 19:40 | Logbook | Trackback | Comments(0)

Before & After Bathroom

昨年の我が家の一大プロジェクトはバスルームの改造、いわゆるリフォームだった。
トイレットボウルやバスタブ、壁、床をすべて取り換えるという(我が家にとっては)大事業。
これを夫は電気工事以外、全部自分でやるという。
夫が器用なのもわかっているし、技術的な点でも問題はないことはよ~くわかっている。
でもねえ、平日、仕事を終えてからと休日だけでこの大事業を一人で進めるのはどれだけ大変なことか…
業者に頼めば数日で終わるであろう作業も相当な日数がかかるのは覚悟していた。
やっぱり…
作業に取り掛かってから一応の完成を見るまでなんと6か月もかかった。
確かに人件費は大いに節約できたのだけど、昨年の夏はどこへも出かけることもなく、ミネソタの一番いい季節を楽しむことができなかったのはちょっと残念だった。
c0062603_12565969.jpgc0062603_12582976.jpg
左は2011年、この家に引っ越してきた際のトイレ。
右はリフォーム後のウオッシュレット、もちろんTOTO。
全体が緑色に見えるのはバスルームの壁をライトグリーンに塗り替えたから。
c0062603_12595579.jpg

c0062603_12572928.jpgc0062603_13005026.jpg
こちらはバスタブのビフォー&アフター。
撮影の方向が反対で、その違いがわかりにくいけど…
c0062603_13013609.jpgc0062603_13020615.jpgc0062603_13031597.jpg
古いバスタブを取り外すのは本当に大変だった。
何しろこの家が建てられたのは30年以上も前で、バスタブも鉄製でとてもとても重い。
いくら夫が一人で頑張ると言ってもこれだけは一人ではできず、か弱き腕を差し出すことになった。
どうにかこうにかやっと取り外したものの、これを外に運び出すのは難しいなあと思っていたところ電気工事に来ていたお兄さんたちが運び出してくれた。
感謝、感謝。
c0062603_13034622.jpgc0062603_13044678.jpg
バスタブの下は水漏れがあったのか、床下にはかなりのダメージが見られた。
そこでまずは床下を補強することから始めたのだが、それによって床をフラットにするのがなかなかうまくいかず、新しいタブを入れてはまた取り外し、ということを何度かやってやっとタブの設置が終了。
新しいタブはFRP(ファイバーグラス)なので、これは私も気楽にお手伝い。
c0062603_13051580.jpgc0062603_13054280.jpg
その後はバスタブの周りの壁の取り付けだが、これも補強材を入れてからしっかり設置。
取り付けてから周囲はシリコンでシーリングする。
これはしっかり手伝った。
初めての作業だったが、思いのほかうまくでき、ほとんど人のことを褒めない夫も、この時ばかりは「結構うまいじゃないか!」と感心した様子。
やればできるのよ、おばさんも!
c0062603_13060032.jpg

というわけで約半年かかったバスルームのリフォームで、それまでの浅いバスタブから日本のお風呂のような深さのあるバスタブに変わり、しかもジャグ―ジー付き。
これが実に気持ちがいい。
寒い寒いミネソタの冬もこのバスタブに浸かっていると天国。
気が付くとウトウト眠ってしまうこともしばしば。
やっぱりお風呂はこうじゃなくちゃね。
よく頑張りました、夫殿!

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-03-21 23:45 | House | Trackback | Comments(4)